舘ひろし、ダメ夫役に手応えも自負「格好悪くするのが大変だった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月9日 > 舘ひろし、ダメ夫役に手応えも自負「格好悪くするのが大変だった」
メニュー

舘ひろし、ダメ夫役に手応えも自負「格好悪くするのが大変だった」

2018年4月9日 22:10

女性銀行員にもアドバイス「終わった人」

女性銀行員にもアドバイス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の舘ひろしが主演、女優の黒木瞳が共演した映画「終わった人」のサラリーマン・OL限定試写会が4月9日、都内のホールで行われた。

定年後の生き方が見いだせずに悩む元エリート銀行員に扮した舘は、「ネガティブなタイトルなので、この仕事を受けて良いのか迷った」と苦笑い。ただ、内館牧子さんの原作の映画化は「義務と演技」(1997)に出演したことがあり、「脚本を読んだら、本当に面白く仕上がっていたから、勇気を持って飛び込んだ」と語った。

中田秀夫監督からは「だらしなく、ださくと言われて、衣装合わせでも格好悪いスーツを選ぼうとしたけれど、割とどんなスーツでも似合っちゃうから大変だった」と自尊心もチラリ。それでも、「みっともない自分になっていくのが楽しかった。小芝居というかアドリブの芝居をさせてくれたので、笑っていただけると思う」と満足げに撮影を振り返った。

一方の黒木は、中田監督とは「仄暗い水の底から」、「怪談」に続く3度目のタッグで「タイトルを聞いただけで、これはギャグだと思って楽しい映画になりそうな気がした」とノリノリ。夫を優しく見守りながらも、時に厳しい言葉を投げる妻役で「役の気持ちがすごくよく理解できたし、いろいろとしでかす夫なので、あなたはもっと輝いていてという気持ちで臨んでいました」と明かした。

観賞前の客席からの質問も受け付け、黒木ファンという入行6年目の女性銀行員の「モチベーションの上げ方を教えて」という質問には、黒木が「ストレスはその日のうちに置いていく。あとは飲んで寝る、くらいかな」とアドバイス。舘は「ありません。流されていくしかない」と素っ気なかったが、しばし考えた後に「素敵な恋をしなさい」と持ち前のダンディさでエールを送っていた。

終わった人」は、定年を迎え趣味なし、夢なし、我が家に居場所なしとなったサラリーマンの悲哀を、家族との関わりを絡めて描くコメディ。6月9日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi