TAKAHIRO&岩田剛典が主演!オムニバス映画「CINEMA FIGHTERS」第2弾出演者発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月28日 > TAKAHIRO&岩田剛典が主演!オムニバス映画「CINEMA FIGHTERS」第2弾出演者発表
メニュー

TAKAHIRO&岩田剛典が主演!オムニバス映画「CINEMA FIGHTERS」第2弾出演者発表

2018年3月28日 06:00

LDHの白濱亜嵐、青柳翔、山下健二郎らも出演!「ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project」

LDHの白濱亜嵐、青柳翔、山下健二郎らも出演!
(C)2018 CINEMA FIGHTERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]EXILE HIRO率いるLDH JAPANと、別所哲也が代表の「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」(SSFF&ASIA)がコラボレーションしたプロジェクトの第2弾「ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project」の出演者と主題歌が、このほど発表された。6つの詩から誕生した、6編のショートフィルムで紡がれる今作。TAKAHIRO岩田剛典がそれぞれ1編に主演し、麻生久美子池松壮亮夏帆らが参加するほか、メガホンをとる監督陣も明らかになった。

「CINEMA FIGHTERS project」は、EXILE HIROと、SSFF&ASIA代表の別所、そして「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」などに楽曲提供してきた作詞家・小竹正人氏によって発足された、詩と音楽と映像を融合するコラボ企画。第1弾「CINEMA FIGHTERS」は山田孝之らの出演、河瀬直美監督らのメガホンで6編のオムニバスを製作し、1月26日に全国公開された。

第2弾となる今回も、6つの新曲にのせ全6編の短編を創出。主演にあたり、TAKAHIROは「役者業を始めてから歩んできた道や、いち人間として僕がどういうふうに歩み生きてきたのかということを、すべてさらけ出されたような経験でした」「ようやく役者としてスタート地点に立てたような気がしています」と述べ、岩田は「作品を見たら感じてもらえると思いますが、テーマとなった楽曲と映像の世界観がここまで対になっている作品はなかなかない。稀に見る作品になっていると思いますので、そこを醍醐味にして楽しんでもらいたいです」と呼びかけた。


画像2

(C)2018 CINEMA FIGHTERS
[拡大画像]

キャスト陣ではTAKAHIRO&岩田&麻生&池松&夏帆に加え、塚本晋也白濱亜嵐木下あかり奥田瑛二石井杏奈山口乃々華坂東希青柳翔佐津川愛美芦名星山下健二郎加藤雅也中村映里子が共演する。監督陣にも豪華な面々がそろい、「舟を編む」の石井裕也、「トイレのピエタ」の松永大司、「0.5ミリ」の安藤桃子、「663114」の平林勇、SSFF&ASIAで4度の観客賞に輝いたYuki Saito、2015年の同映画祭「ジャパン部門」で優秀賞を受賞した岸本司が結集。またそれぞれの主題歌を、TAKAHIRO、「三代目 J Soul Brothers」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「JAY'ED&鷲尾伶菜」「DANCE EARTH PARTY」「DEEP」というLDHを代表するアーティストが歌い上げている。

各作品のチームも発表。松永監督作「カナリア」ではTAKAHIRO(主演)&塚本&夏帆、石井監督作「ファンキー」では岩田(主演)&麻生&池松、安藤監督作「アエイオウ」では白濱&木下&奥田、平林監督作「Kuu」では石井&山口&坂東、Saito監督作「Our Birthday」では青柳&佐津川&芦名、岸本監督作「幻光の果て」では山下&加藤&中村が共演する。「ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project」は、6月4~24日に開催のSSFF&ASIA内でプレミア上映され、6月22日から全国公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi