【国内映画ランキング】「ボス・ベイビー」が首位スタート! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月26日 > 【国内映画ランキング】「ボス・ベイビー」が首位スタート!
メニュー

【国内映画ランキング】「ボス・ベイビー」が首位スタート!

2018年3月26日 20:00

初登場1位の「ボス・ベイビー」「ボス・ベイビー」

初登場1位の「ボス・ベイビー」
(C)2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3月24~25日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休みに突入したこの週末興行を制したのは「ボス・ベイビー」だった。同作は、「怪盗グルー」シリーズのユニバーサル・スタジオと「シュレック」のドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ大ヒット作。3月21日から全国335スクリーンで公開され、土日2日間で観客動員28万6556人、興行収入3億5431万4200円を記録し、初登場首位を獲得した。この成績は、昨年7月に公開され、最終興収73.1億円をあげた「怪盗グルーのミニオン大脱走」の興収比59.2%。家族連れから10代・20代の女性まで幅広い層を集客し、公開5日間では動員67万0786人、興収7億9647万3700円を記録していることから、興収20億円以上は確実。展開次第では興収30億円以上も狙える好スタートを切った。

2位は「リメンバー・ミー」がキープ。週末2日間で動員28万2505人、興収3億7749万8500円をあげ、2週連続で興収は首位を上回った。親子連れだけでなく、20代から30代のカップルや女性、映画好きの男性客やシニア層まで幅広く集客。公開10日間で累計動員は130万人、興収は16億8069万円を突破した。

3週連続首位だった「映画ドラえもん のび太の宝島」は3位に後退したが、累計動員は280万人、興収は32億円に到達し、新シリーズの興収記録更新に向け突き進んでいる。「ちはやふる 結び」は4位にワンランクダウンし、「グレイテスト・ショーマン」は5位をキープ、累計興収は37億円を突破した。3月23日からは一部劇場で、特別バージョンが拍手・手拍子・発声OKのアンコール応援上映と銘打って上映されている。

新作では他に、「トゥームレイダー ファースト・ミッション」が7位に初登場。同作は、世界的人気を誇るアクションアドベンチャーゲームで、アンジェリーナ・ジョリー主演で映画化された「トゥームレイダー」を、オスカー女優アリシア・ビカンダー主演で新たに映画化したもの。なお、「曇天に笑う」は圏外の11位スタートとなった。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi