高島礼子、一般市民の“涙の熱演”に「役者として焦り感じた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月24日 > 高島礼子、一般市民の“涙の熱演”に「役者として焦り感じた」
メニュー

高島礼子、一般市民の“涙の熱演”に「役者として焦り感じた」

2018年3月24日 14:30

納棺師役で主演した高島礼子「おみおくり」

納棺師役で主演した高島礼子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]高島礼子が納棺師役で主演した映画「おみおくり」が3月24日、東京・有楽町スバル座で公開され、高島をはじめ共演の文音、メガホンをとった伊藤秀裕監督が舞台挨拶に出席した。

納棺師で作家の永井結子氏による著書「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)が原案。女性納棺師の主人公・満島弥生(高島)が、死に触れる仕事や弟子・亜衣(文音)との交流を通して自らの人生を見つめ、生きる希望を見出していくさまを描いた。

今作は富山県氷見市でロケを敢行。出演者の多くは同市民だそうで、高島は「亡くなられた方の脇にいる家族として演じられていたんですが、監督が軽くご説明しただけで、本当にポロポロと泣かれるんです」と驚がくの面持ちだ。続けて「みなさん一度は大切な方を亡くされていて、そのことを思い出して、気持ちが入ると泣けるんだ、と。役者として焦りも感じましたし、立派でした」と称賛し、文音も「びっくりしたのは、自殺された死体役の方。多分エキストラの方なんですが、詳細な演出は聞いていなかったらしく、現場で『自分(役)はどうやって死んだですか? それによって演技が変わってくるから』とすごく聞いていた。プロ意識がすごく高かった」と脱帽しきりだった。

さらに文音は、今作出演決定時を「人の死と向き合うお仕事で、親をなくしている役。中途半端な気持ちでは出来ないと思った」と振り返る。迷いを断ち切れた理由を「礼子さんとは実は共演が2度目で、前回はドラマで刑事の部下役。その時から礼子さんが大好きで、主演が礼子さんだと聞いて『おっしゃやるぞ!』」と明かし、「礼子さんは動じないんですよ。現場がどんな場所で、どんな人がいて、何があろうともぶれない軸がすごく見えた。私はすぐテンパっちゃうんですが、『大丈夫だから』と。その佇まいが素晴らしく、女優さんとしても人間としても女性としても惚れています」と最敬礼の姿勢を示した。当の高島は「リアクションに困る(笑)。私も素晴らしい先輩がたくさんいたので、そういう方々の背中を見ながら成長した部分がある。言っていただいて嬉しいです。また一生懸命頑張んなきゃ。でも褒めすぎ!」とコロコロと笑い、伊藤監督は「(撮影前は)こんなに仲が良い姉妹のような関係だとは知らなかった」とポツリと語っていた。

おみおくり」は、今後全国で順次拡大公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報