有村架純主演で「コーヒーが冷めないうちに」映画化!共演に波瑠、松重豊、石田ゆり子ら : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月9日 > 有村架純主演で「コーヒーが冷めないうちに」映画化!共演に波瑠、松重豊、石田ゆり子ら
メニュー

有村架純主演で「コーヒーが冷めないうちに」映画化!共演に波瑠、松重豊、石田ゆり子ら

2018年3月9日 05:00

タイムスリップできる不思議な喫茶店が舞台「コーヒーが冷めないうちに」

タイムスリップできる不思議な喫茶店が舞台
(C)2018 映画「コーヒーが
冷めないうちに」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 本屋大賞2017にノミネートされた川口俊和氏の小説「コーヒーが冷めないうちに」が実写映画化されることになり、有村架純が主演することがわかった。共演に健太郎波瑠林遣都深水元基松本若菜薬師丸ひろ子吉田羊松重豊石田ゆり子ら豪華な面々を迎え、“過去に戻れる喫茶店”で起こる4つの心温まる奇跡を描く。

脚本家や演出家として活躍する川口氏が執筆し、SNS上で「4回泣ける」と評された同名小説が原作。川口氏が主催する劇団で舞台化もされており、第10回杉並演劇祭の大賞に輝くなど演劇界の話題をさらった。17年に刊行された続編「この嘘がばれないうちに」を含むシリーズは、累計発行部数84万部突破のベストセラーを記録している。

主人公・時田数が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には、奇妙な都市伝説がある。店内の特定の席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというものだ。ただし、そこには「過去に戻ってどんなことをしても、現実(未来)は変わらない」「過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ」「過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ。コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない」「過去に戻っても、喫茶店を出ることはできない」「過去に戻っても、この喫茶店を訪れたことのない人には会えない」という面倒くさいルールも存在する。


画像2

[拡大画像]

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」での好演が記憶に新しい有村が、従兄が経営するフニクリフニクラで働く数に扮する。彼女が淹れるコーヒーがタイムスリップの引き金になるという設定で、「普通にしてどこか孤独なつかみどころのない女性を演じます。自分が淹れるコーヒーで、人を過去に戻すことができる。自分にしかできない自分の仕事を、彼女はどう感じているのか、人々の人生に触れるたび自問自答しながら、彼女の瞳の奥にあるものが見えるように、繊細に紡いでいければいいなと思います」と意気込む。

そして健太郎は数に思いを寄せる美大生・新谷亮介、波瑠は三十路前のキャリアウーマン・清川二美子、林は留学か二美子かで悩むエンジニア・賀田多五郎、深水はフニクリフニクラ店主・時田流を演じる。さらに薬師丸と松重は訳ありの常連客、吉田と松本は旅館を経営する姉妹、石田は喫茶店に現れる謎の女性に扮している。

メガホンをとるのは、「重版出来!」「アンナチュラル」などヒットドラマの演出で知られる塚原あゆ子。満を持して映画監督デビューを果たす。撮影は3月10日にクランクインし、4月中旬まで関東近辺、都内スタジオを中心に行われる。完成は6月中旬予定。9月21日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi