【国内映画ランキング】「ジオストーム」首位スタート!「嘘を愛する女」は2位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月23日 > 【国内映画ランキング】「ジオストーム」首位スタート!「嘘を愛する女」は2位
メニュー

【国内映画ランキング】「ジオストーム」首位スタート!「嘘を愛する女」は2位

2018年1月23日 15:05

初登場1位は「ジオストーム」「ジオストーム」

初登場1位は「ジオストーム」
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月20日~21日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。5週連続で首位に君臨していた「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を抑え、「ジオストーム」が初登場で首位を獲得した。同作は同時多発自然災害の脅威を描いたディザスターパニックアクション大作。1月19日から全国584スクリーンで公開され、土日2日間で動員17万0593人、興収2億4217万0600円を稼ぎ出した。3日間では動員21万7353人、興収3億0406万0300円をあげている。客層は映画ファンや30代カップルに加え、10代から20代の若者まで幅広い層が詰めかけた。最終興収10億円以上が見込めるスタートとなっている。

2位には新作「嘘を愛する女」が続いた。長澤まさみ高橋一生が共演したラブサスペンス。全国285スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員11万7000人、興収1億6000万円を記録した。まずは興収10億円が当面の目標となりそうな出足となっている。

パディントン2」は4位スタート。同作は世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学シリーズの実写映画化第2弾だ。1月19日から全国382スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万3000人、興収1億1700万円を記録。これは16年に公開された前作「パディントン」のスタート興収比90.4%の成績となった。

なお、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は3位に後退したが、週末2日間で動員9万5000人、興収1億4100万円をあげ、累計興収は68億円を突破した。5位「キングスマン ゴールデン・サークル」は累計興収12億円、6位「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は24億円、7位「DESTINY 鎌倉ものがたり」は28億円、8位「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」は19億円をそれぞれ超えている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi