「(500)日のサマー」監督が贈るNYへのラブレターは「さよなら、僕のマンハッタン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月18日 > 「(500)日のサマー」監督が贈るNYへのラブレターは「さよなら、僕のマンハッタン」
メニュー

「(500)日のサマー」監督が贈るNYへのラブレターは「さよなら、僕のマンハッタン」

2018年1月18日 12:00

主演は新進俳優カラム・ターナー「さよなら、僕のマンハッタン」

主演は新進俳優カラム・ターナー
(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ監督がニューヨークを舞台に描いた青春ドラマ「The Only Living Boy in New York」の邦題が、「さよなら、僕のマンハッタン」に決定。4月14日から全国順次公開される。

1960~70年代にかけて人気を博したフォークデュオ「サイモン&ガーファンクル」の名曲のせて贈るニューヨークへのラブレター。映画の原題は、楽曲「ニューヨークの少年」にちなんでいる。ウェブ監督は、「(500)日のサマー」(09)で長編デビューする以前に脚本にほれ込み、約10年の年月を経て映画化を実現させた。

 「(500)日のサマー」でジョセフ・ゴードン=レビット、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでアンドリュー・ガーフィールドをスターダムに押し上げたウェブ監督が、念願の企画で主演に起用したのは新進俳優のカラム・ターナー。大ヒットシリーズ第2弾「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」で主人公の兄役に抜てきされた注目株だ。ウェブ監督は、「大人と少年の狭間にいる俳優を探す必要がありました。カラムはこの役柄をとてもよく理解していましたし、大人と少年の両面の存在感を持っていて完璧だと思いました」と起用の理由を語っている。


画像2

[拡大画像]

主人公トーマス(ターナー)は、大学卒業を機にアッパー・ウエストサイドの親元からロウアー・イーストサイドに引越し、同じアパートに住む小説家から人生のアドバイスを受けるようになる。ある日、思いを寄せる女の子と行った店で、父と愛人の密会を偶然目撃したことから、思わぬ事態へ発展する。

共演は、出版社を経営する父親役に「007」シリーズのピアース・ブロスナン、母親役に「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズのシンシア・ニクソン、隣人の小説家役に「キングスマン ゴールデン・サークル」「ビッグ・リボウスキ」の名優ジェフ・ブリッジス、父親の愛人役に「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセールら。トーマスの恋の相手ミミをカーシー・クレモンズが演じる。

さよなら、僕のマンハッタン」は4月14日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
(500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] (500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 恋を信じる男の子と信じない女の子の、ビタースウィートな500日ストーリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi