“Wヒュー”グラント&ボネビルの掛け合いにファン大喜び 斎藤工「M-1目指してほしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月16日 > “Wヒュー”グラント&ボネビルの掛け合いにファン大喜び 斎藤工「M-1目指してほしい」
メニュー

“Wヒュー”グラント&ボネビルの掛け合いにファン大喜び 斎藤工「M-1目指してほしい」

2018年1月16日 22:35

Wヒューが来日!「パディントン」

Wヒューが来日!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家マイケル・ボンド氏の名作児童文学を実写映画化した「パディントン2」のジャパンプレミアが1月16日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、8年ぶり7度目の来日を果たしたヒュー・グラント、初来日のヒュー・ボネビル、日本語吹き替えキャストとして参加した斎藤工三戸なつめが出席した。

小さなクマ・パディントンの冒険物語「パディントン」。第1作に続きポール・キング監督がメガホンをとる今作は、骨董屋で売られていた絵本が何者かに盗まれ、パディントンとブラウン一家が犯人探しに奔走する。約150人のファンが集ったレッドカーペットイベントでは、パディントンが大好物のマーマレードをおすそ分け。その後、グラントやボネビルがレッドカーペットに登場すると、人々のテンションは最高潮に達した。2人はサインや写真撮影に快く応じ、満面の笑みを浮かべながら、日本のファンとの交流を楽しんでいた。

舞台挨拶では、落ち目の俳優フェニックス・ブキャナン役でシリーズ初参加となったグラントが「今までの出演作のなかではベストなんじゃないかと思っている。オファーの時はそんなことは思っていなかったんだけど、完成した作品は不思議なほど傑作に仕上がっています」と自信たっぷりに語ると、前作に引き続きヘンリー・ブラウン役で出演しているボネビルは「(2作目のオファーは)ナーバスでもあり、とてもワクワクもしていた」と胸中を吐露。「ワクワクした理由は、第1作が原作者のマイケル・ボンドさんのお墨付きだったこと。ナーバスになったのは、2作目は1作目ほど上手くいかないことが多いからだ。願わくば、本作がファミリー映画のなかでの『ゴッドファーザーPARTII』的な存在になってほしい」と話していた。

「ノッティングヒルの恋人」でも共演していたグラントとボネビル。「『ノッティングヒルの恋人』を撮影している時、僕は毎日レスリングのような形でボネビルを押し倒してキスをしていた。それは彼自身が注目されるために好んでいたことで、今回の現場でも敢行してみました。でも、すっかり歳をとったボネビルは背中を痛めてしまい、2時間も撮影が長引いてしまったんです」(グラント)と暴露されたボネビルは「本当の話です(笑)」とすんなりと認めた。そして「ヒューは精神的にも肉体的にも全く変わっていない。きっとお金をたくさんかけて整形している気がする。中身は不機嫌で嫌な奴なんだ」とジョークを飛ばしつつ「本当はすごく仲がいいんですよ」と絆の深さをアピールしていた。

ブキャナンの声を当てた斎藤は、グラントから「歳を重ねていけば、面白くてやりがいのある役が舞い込んでくるよ」と助言を受けると「たまたまなんですが、ヒューさんの日本でのボディーガードが高校の同級生なんです」と意外な事実を告白。木村拓哉主演のドラマ「BG~身辺警護人~」にも出演していることから「僕も一緒に警護したい」と申し出ると、グラントは「是非お願いします。最低3人は必要なんです。今日は私が泊まる部屋の外で寝てください」と切り返し、場内の笑いを誘った。この日は世界に1つしかない「パディントンだるま」も登場。丁々発止の掛け合いで客席を沸かせていたグラントとボネビルが日本語で「Wヒュー」とサインすると、斎藤は「2人には是非コンビを組んでいただいて、M-1を目指してほしいですね。『どうも~、Wヒューでーす!』といった感じで」と茶目っ気たっぷりに語っていた。

なお、レッドカーペットイベントには、朝比奈彩熊井友理奈矢島舞美中島早貴志茂田景樹も登場した。「パディントン2」は、1月19日から公開。

(映画.com速報)
パディントン【期間限定価格版】[Blu-ray/ブルーレイ] パディントン【期間限定価格版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi