リドリー・スコット監督作の追加撮影における、男女キャストのギャラ格差が明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月17日 > リドリー・スコット監督作の追加撮影における、男女キャストのギャラ格差が明らかに
メニュー

リドリー・スコット監督作の追加撮影における、男女キャストのギャラ格差が明らかに

2018年1月17日 04:00

追加撮影のコストは1000万ドル「ゲティ家の身代金」

追加撮影のコストは1000万ドル
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督の最新作「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」の追加撮影をめぐる男女キャストのギャラ格差が論争を呼びつつあると、The Playlistが報じた。

同作は、1973年に実際に起きた、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を描くサスペンスドラマ。孫の母をミシェル・ウィリアムズ、交渉役として雇われたアドバイザーをマーク・ウォルバーグが演じている。

既に撮影を終えていたものの、ゲティ役を演じていたケビン・スペイシーのセクハラ騒動による降板を受け、出演場面がクリストファー・プラマーによって差し替えられることになった。多くの共演者たちがただ同然で追加撮影への参加を了承するなかで、ウォルバーグは難色を示した。その結果、10日間の追加撮影で200万ドルのギャラを手にすることになったという。

ウォルバーグと担当のエージェントはタフな交渉術で知られ、背に腹を変えられないスタジオの弱みにつけ込んだといえる。しかし、セクハラだけでなく、男女の賃金格差や女性への差別などが大きな問題となっているいま、ウォルバーグとスタジオへの風向きは悪くなっている。

追加撮影で共演のウィリアムズが受け取った出演料は1日80ドルといわれており、ウォルバーグとはかけ離れているからだ。この報道を受けて、女優のジェシカ・チャステインは「いま、さまざまな問題が明らかになるなかで、フェアに支払われるべき。彼女は偉大な女優で、映画で素晴らしい演技を披露していた」とTwitterで発言している。

なお、追加撮影のコストは1000万ドルといわれている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi