ヒュー・グラント、落ちぶれた元俳優役を当て書きされる!「パディントン2」製作秘話 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月4日 > ヒュー・グラント、落ちぶれた元俳優役を当て書きされる!「パディントン2」製作秘話
メニュー

ヒュー・グラント、落ちぶれた元俳優役を当て書きされる!「パディントン2」製作秘話

2018年1月4日 12:30

落ちぶれた元俳優役を演じたヒュー・グラント「パディントン2」

落ちぶれた元俳優役を演じたヒュー・グラント
(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故マイケル・ボンドさんによるイギリスのロングセラー児童文学を実写化した「パディントン2」の監督・脚本を兼ねたポール・キングが、主人公の敵となるナルシストな悪役を、英俳優ヒュー・グラントに当て書きしていたことがわかった。

映画は、南米ペルーのジャングルから英ロンドンにやってきた紳士なクマ、パディントンの冒険を描いた「パディントン」の続編。一緒に暮らすルーシーおばさんに「飛び出す絵本」をプレゼントしようとアルバイトをはじめたパディントンだったが、絵本が盗まれる事件に遭遇し、警察の手違いによって逮捕されてしまう。

グラントが当て書きされたのは、今作で新たに登場するパディントンの敵で、落ちぶれた元俳優のフェニックス・ブキャナン。キング監督は、「俳優は世界でもっとも邪悪な人種として有名だから」という理由で悪役の職業を俳優にし、グラントに「君をイメージしながら、キャリアの終わったナルシストの役を書いたんだけど」と手紙で出演をオファーしたという。さらに、不躾とも取れるこの手紙にグラントが「バカウケして、ユーモアたっぷりに返してきてくれた」と明かし、「彼はコメディ俳優としても素晴らしく、俳優という職業がばかばかしいという鋭い感覚も持っている。彼が色んなことを茶化すのを見るのは楽しいよ」と語っている。


「パディントン2」場面カット「パディントン2」

「パディントン2」場面カット
[拡大画像]

一方、オファーを受けて前作を見たというグラントは、「即、気に入ったよ。感傷的になったり悪趣味になったりせずに子どもも楽しめる映画を作るのは難しいけれど、それをポール・キングは賢くやってのけていた」と大絶賛。オファーを快諾し、劇中では変装の名人であるブキャナンになりきり、騎士、尼僧、自ら提案したハゲ頭のかつらで七変化した。

また、役作りには自身が俳優になったばかりの頃に共演した「耐えられないほど傲慢でうぬぼれた人間」で「大げさでわざとらしいタイプの役者」を参考にしたと告白。ブキャナンという役を「自分の美しさや才能以外のものは何も見えていなくて、自分でも恥じるような行為をしてしまうんだ」と解説している。

パディントン2」は、2018年1月19日から全国公開。

(映画.com速報)
パディントン【期間限定価格版】[Blu-ray/ブルーレイ] パディントン【期間限定価格版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,154 1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi