マイケル・ケイン、エマ・トンプソンが若手役者に苦言

2016年5月26日 17:00

マイケル・ケインとエマ・トンプソン
マイケル・ケインとエマ・トンプソン

[映画.com ニュース] 英チャールズ皇太子とカミラ夫人が、英国アカデミー賞受賞者を招いたレセプションを開催し、マイケル・ケインエマ・トンプソンジュディ・デンチマギー・スミスコリン・ファースマーク・ライランスジェレミー・アイアンズベン・キングズレージム・ブロードベントといった英映画界のベテランスターや、フィルムメイカーが出席した。

そこで、英テレグラフ紙のインタビューに応じたケインは、昨今の若手俳優・女優について「彼らはただリッチになりたい、有名になりたいからといって役者を目指すんだ。それでテレビに端役で出演し、顔を売る。でも彼らは演技なんて出来ないんだよ」と辛口のコメント。「私は自分がリッチになるとも、有名になるとも思わなかった。ただ優れた役者になりたかっただけだ」と語った。

また、トンプソンもスタジオが「映画をヒットさせるために、フォロワー数が多い若手役者をキャスティングしている」と非難。「役者がソーシャルメディアのプロフィールといったビジネス的な側面で起用されるようになっている。私はこんな事態は最悪だと思う」と指摘した。

ケインは、1984年に「リタと大学教授」で英国アカデミー賞主演男優賞を、2000年に同賞フェローシップ賞を受賞。トンプソンは93年に「ハワーズ・エンド」で、96年「いつか晴れた日に」で同賞主演女優賞を受賞した。さらに、ケインもトンプソンも米アカデミー賞を2度受賞している。

ケインは、パオロ・ソレンティーノ監督と組んだ主演作「グランドフィナーレ」が現在日本公開されている。トンプソンは、ジョン・ウェルズ監督「二ツ星の料理人」(ブラッドリー・クーパー主演)が6月11日から日本公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース