ハワーズ・エンド

劇場公開日

ハワーズ・エンド
15%
51%
28%
2%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

名匠ジェームズ・アイボリーが「眺めのいい部屋」「モーリス」に続いてE・M・フォースターの名作小説を実写映画化した長編作品。知的で情緒豊かな中流階級のシュレーゲル家と、現実的な実業家のウィルコックス家。両家は旅行中に親しくなり、シュレーゲル家の次女ヘレンはウィルコックス家の田舎の別荘「ハワーズ・エンド」に招かれる。そこで次男ポールに一目ぼれするヘレンだったが、ある行き違いからウィルコックス家と気まずい関係になってしまう。その後、ロンドンのシュレーゲル家の向かいにウィルコックス家が引越してくるが、ヘレンは彼らに会おうともしない。一方、姉マーガレットはウィルコックス家の老婦人ルースと深く理解しあう。やがてルース夫人は「ハワーズ・エンドはマーガレットに」という遺言を残して他界する。しかし遺言はもみ消され、マーガレットはウィルコックス家の当主ヘンリーのもとへ嫁ぐことになり……。シュレーゲル姉妹をエマ・トンプソンとヘレナ・ボナム・カーター、ウィルコックス氏をアンソニー・ホプキンス、ルース夫人をバネッサ・レッドグレーブがそれぞれ演じ、トンプソンがアカデミー主演女優賞を受賞した。2019年9月、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて4Kデジタル・リマスター版が公開。

1992年製作/143分/G/イギリス・日本合作
原題:Howards End
配給:ハーク
日本初公開:1992年7月11日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第50回 ゴールデングローブ賞(1993年)

受賞

最優秀主演女優賞(ドラマ) エマ・トンプソン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ジェームズ・アイボリー
最優秀脚本賞 ルース・プラバー・ジャブバーラ

第45回 カンヌ国際映画祭(1992年)

受賞

コンペティション部門
45回記念賞 ジェームズ・アイボリー

出品

コンペティション部門
出品作品 ジェームズ・アイボリー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1991 MERCHANT IVORY PRODUCTIONS All Rights Reserved

映画レビュー

5.0イギリスの階級制

2021年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

中産階級の三姉妹弟の長女(エマ・トンプソン)が主人公、次女(ヘレナ・ボナム=カーター)が恋愛沙汰を起こした上流階級の母親(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)と長女が仲良くなる。
母親は病死、別荘ハワーズ・エンドを長女に譲る、と遺言を残すが、遺族はこれを無視してしまう。
しばらくして素直な長女はこの父親と結婚することに。
イギリスのことが理解できるドラマ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0【”現実主義と自由博愛主義との狭間で起こった様々な出来事と人間模様をハワーズ・エンド荘静かに見守っていた・・。美しき、英国の田園風景が、この作品が醸し出す気品を支えて居る作品でもある。】

NOBUさん
2021年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

知的

難しい

幸せ

ー 自由博愛主義のシュレーゲル家の聡明な姉マーガレット(エマ・トンプソン)と、美しくも愛に奔放な妹ヘレン(ヘレナ・ボーナム=カーター:ティム・バートン監督とお付き合いを始まる前だったので、ヘンテコな役ではない。)と現実主義のウィルコックス家の長、ヘンリー(アンソニー・ホプキンス)を始めとした思想、生き方の違う人々の姿を、ウイルコックス家所有のハワーズ・エンド荘は、静かに見守っているようだ。
 ハワーズ・エンド荘の周囲の美しい自然と共に・・。ー

・ヘンリーの妻ルースのみが、聡明なマーガレットと病床で交流を深めるシーン。そして、末期の彼女が鉛筆でメモに遺した言葉。だが、ウィルコックス家の人々は、”その言葉”を受け入れられずに、破り捨て暖炉で燃やしてしまう・・。

・ヘンリーと、マーガレットが惹かれ合って、婚約したのはお互いにないモノを持っている事に対する敬意から産まれた愛情であろうと勝手に解釈する。
 ー ここは、劇場で観た際にも唐突感があった。今回も完全に払拭出来たわけではない・・。ー

・だが、終盤、情無き、チャールズ・ウィルコックスが、ヘンリーのアドバイスの転職を勧めた”ミス”で困窮したレナード・バストに行った仕打ち。その結果、ルースが遺した言葉通りになりシーン。
 ー ”家が人を選ぶ”とは、正にこのことである。ー

<初回、鑑賞時には一部難解に思えた作品であるが、再見すると人の心の機微の変遷や、運命の残酷な悪戯が、上手く描かれていると思った作品。
 英国の田園風景を映し出した映像も、大変美しく、この作品の醸し出す気品を支えて居る作品でもある。>

<2019年10月20日 京都シネマにて鑑賞>

<2021年 4月27日 別媒体にて再鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.0美しい郊外の風景、街中の様子など、様々な階級の英国の香りが漂い、ホ...

2021年4月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

美しい郊外の風景、街中の様子など、様々な階級の英国の香りが漂い、ホプキンスの紳士ぶりがその英国風の味わいをより一層引き立てている。登場する人物像はそれぞれ個性豊かで、その人生を名優達が見事に演じていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki

5.0流石イギリス

花丸さん
2021年1月21日
iPhoneアプリから投稿

グリム童話ばりのブラックユーモアな話。
当時の貴族の暮らしぶりや考え方がよくわかり
建物、家に対する思いが、日本とはまるっきり違うんだなぁと。。。

イギリス、改めてUnion Jack
恐るべし!と思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
花丸
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る