佐藤健「伝説として残せたら」 完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」が全国封切り

2014年9月13日 17:22

「るろうに剣心 伝説の最期編」 初日挨拶に出席した佐藤健
「るろうに剣心 伝説の最期編」 初日挨拶に出席した佐藤健

[映画.com ニュース] 俳優の佐藤健が9月13日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演作「るろうに剣心 伝説の最期編」の初日舞台挨拶に登壇した。全国445スクリーンでの封切り。8月1日から公開された「るろうに剣心 京都大火編」が興行収入45億円を突破し、本年度の実写邦画No.1に躍り出るなか、「僕にとっては2本で1本の映画であり、4時間半の超大作。本当の意味で“本日公開”だし、努力の結晶である作品を伝説として残せたら」とさらなる躍進に気合いを入れた。

和月伸宏氏の人気コミックを実写映画化した「るろうに剣心」(2012)の続編で、佐藤演じる剣心が、政府転覆を狙う宿敵・志々雄真実と繰り広げる死闘を「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」の2部作で描いた。

師匠・比古清十郎を演じる福山雅治との再共演も実現した本作を、「テーマは限界を超えることでした」と語り、「皆さんのおかげで、最高の舞台を用意してもらえた。こんな幸せな現場はなかった」と感無量の面持ち。現時点で、本作のプロモーションはこの日が最後だといい、「さみしい気持ちもあるが、今日からは皆さんが作品を広げる番」とファンにバトンを渡した。

初日舞台挨拶には佐藤に加えて、共演する武井咲伊勢谷友介青木崇高神木隆之介江口洋介藤原竜也大友啓史監督が出席。ヒロインを演じた武井は、「なぜ、そこまでして戦うのかと思っていたが、最後まで見ると(戦う)意味が伝わった。『なんで戦っているんだろう』なんて言ってごめんなさい」。志々雄役の藤原は、「これだけのメンツに囲まれ、緊張したし、ケガをさせたらいけないので、正直『メンドくさっ』と思った(笑)」とクライマックスで佐藤、伊勢谷、青木、江口と繰り広げた“1対4”の対決を振り返った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース