佐藤健「るろ剣」完結に感激!ファン600人と一緒に鑑賞し「僕が一番感動しています」

2014年9月4日 15:35

「るろうに剣心」で主演した佐藤健
「るろうに剣心」で主演した佐藤健

[映画.com ニュース] 俳優の佐藤健が9月3日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演作「るろうに剣心 伝説の最期編」の世界最速上映会に出席し、し烈なチケット争奪戦を勝ち抜いたファン600人とともに同作を鑑賞。上映終了と同時に、万雷の拍手が沸き起こると「僕が一番感動しています。今夜はみんなで飲みに行って、ひとりひとりとじっくり話がしたい。お別れはさみしいが、皆さんのおかげでここまで来られた」とシリーズ完結に感無量の面持ちだった。

和月伸宏氏の人気コミックを実写映画化した「るろうに剣心」(2012)の続編で、佐藤演じる剣心が、政府転覆を狙う宿敵・志々雄真実と繰り広げる死闘を2部作で描く。8月1日から封切られた「るろうに剣心 京都大火編」は、公開32日間で興行収入42億8630万円を記録。完結編となる「るろうに剣心 伝説の最期編」は、逆刃刀を折られてしまった剣心が、師匠・比古清十郎(福山雅治)の下、過酷な試練に立ち向かう。

佐藤は、「(『京都大火編』が)あんな終わらせ方で、皆さんには酷な思いをさせてしまって申し訳ないなと。でも、前編が準備運動だとすれば、後編は本気。原作の魂をくみながら、実写ならではの作品に仕上げたつもり」と手応えは十分。先輩にあたる福山との共演を、「すべてを受け止めてくれる大きさをもっている方なので、今回も全力でぶつかることができた」と振り返った。

上映会には佐藤をはじめ、共演する武井咲青木崇高大友啓史監督が駆けつけ、「こんなにすごいことになっていたんですね。もう平常心ではいられない」(武井)、「役者をやってきて、ここまで感慨深い思いになったのは初めて」(青木)と佐藤同様に、興奮しきりだ。

また、大友監督は「つい5日前に完成したばかり。(前作で)広げちゃった大風呂敷をどう回収するか、手練手管を尽くした」と明かし、「言い訳や弱音を言いたくなる、大変な現場だったが、皆さんに楽しんでもらいたいという一心で、ここまできた。今日、皆さんと一緒に映画を見て、きっちり誇れる作品だと確信した」と安どの表情を浮かべた。

るろうに剣心 伝説の最期編」は、9月13日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース