香川京子「溝口監督の『近松物語』が一番」FIAF賞受賞会見できっぱり

2011年9月6日 20:33

FIAF賞受賞会見に出席した 香川京子
FIAF賞受賞会見に出席した 香川京子

[映画.com ニュース] 女優の香川京子が9月6日、映画遺産の保存活動に貢献した人物に贈られるFIAF賞の受賞を記念し、有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

同賞は世界77カ国、150以上の映画保存期間で構成される国際フィルム・アーカイブ連盟(FIAF)が2001年に制定。過去の受賞者にはマーティン・スコセッシ、マノエル・ド・オリベイラ、イングマール・ベルイマンマイク・リーら世界のそうそうたる巨匠たちが並び、香川は日本人初、アジアの女優としても初の受賞となる。

香川は溝口健二小津安二郎黒澤明成瀬巳喜男ら日本が誇る巨匠たちの作品に出演。FIAFの会員である東京国立近代美術館フィルムセンターによれば、香川が当時の撮影中のスナップ写真や資料などを10年ほど前から同センターに寄贈し始め、現在までに300点ほどになったという。この功績がFIAFに認められたそうで、香川は「世界的に素晴らしい人たちのお仲間に入れていただけるのは、光栄でありがたいこと。私はその方たちの足元にも及びませんので申し訳ない気持ちもありますが、これをきっかけにできる限りお手伝いをさせていただきたい」と喜びを語った。

数多くの出演作の中で「何が一番かといえば溝口監督の『近松物語』」と断言。演技指導は一切なく、「できるまで何回もやらされ、手も足も出なかった。死ぬほどつらい思いをしましたが、芝居の基本を教えてもらったと思います。溝口監督が私の中に一番大きなものを残してくれました」と思いをはせた。溝口監督は長回しで知られるが、「私は長い方が気持ちがつながり、カメラを気にせず芝居に集中できるので好きです」と映画女優のプライドものぞかせた。

現在の日本映画界については、「昔との大きな違いは撮影所がなくなったこと。それだけに、誰でも映画を撮れる自由さがあると思います」と分析。香川の背中を目指す後進に対しては、「日本映画に限らず、多くの優れた作品が残っているので、たくさん見てほしい。それが一番じゃないかな。それと、いろいろな現場での経験が大事。ムダだと思うこともあるかもしれないけれど、時間がたてば何かの役に立っていると思うはずです」とエールを送った。

10月22~30日に開催される第24回東京国際映画祭では、フィルムセンターとの共催で「近松物語」の新訳ニュープリント版をはじめ「東京物語」のデジタルリマスター(小津監督)、「驟雨」(成瀬監督)、「どん底」(黒澤監督)など香川さんが出演した9作品を「香川京子と巨匠たち」と題し特集上映。会期中の10月24日に、FIAF賞の授賞式が行われる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
近松物語
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「トップガン マーヴェリック」11月19日日米同時公開決定! デザイン2種のムビチケ前売券が発売

    1

    「トップガン マーヴェリック」11月19日日米同時公開決定! デザイン2種のムビチケ前売券が発売

    2021年8月1日 09:00
  2. 【「キネマの神様」評論】沢田研二と志村けんさん、揺るがぬ友情が手繰り寄せた魂の邂逅

    2

    【「キネマの神様」評論】沢田研二と志村けんさん、揺るがぬ友情が手繰り寄せた魂の邂逅

    2021年8月1日 08:00
  3. 「鳩の撃退法」と西武ライオンズがコラボ 藤原竜也がセレモニアルピッチに登板へ

    3

    「鳩の撃退法」と西武ライオンズがコラボ 藤原竜也がセレモニアルピッチに登板へ

    2021年8月1日 10:00
  4. 野田洋次郎「自分を役者だとは思っていなかった」 俳優業の転機、音楽活動との関係性を語る

    4

    野田洋次郎「自分を役者だとは思っていなかった」 俳優業の転機、音楽活動との関係性を語る

    2021年8月1日 13:00
  5. 【「アウシュヴィッツ・レポート」評論】「悲劇はまだ終わっていない」エンドロールで流れる思慮深くも大胆な実験的試み

    5

    【「アウシュヴィッツ・レポート」評論】「悲劇はまだ終わっていない」エンドロールで流れる思慮深くも大胆な実験的試み

    2021年8月1日 17:00

今週