近松物語

劇場公開日

近松物語
39%
48%
13%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄の外、進藤英太郎、田中春男など。

1954年製作/102分/日本
配給:大映

ストーリー

京烏丸四条の大経師内匠は、宮中の経巻表装を職とし、町人ながら名字帯刀も許され、御所の役人と同じ格式を持っていた。傍ら毎年の暦の刊行権を持ちその収入も大きかった。当代の以春はその地位格式財力を鼻にかけて傲岸不遜の振舞が多かった。その二度目の若い妻おさんは、外見幸福そうだったが何とか物足らぬ気持で日を送っていた。おさんの兄道喜は借金の利子の支払いに困って、遂にその始末をおさんに泣きついた。金銭に関してはきびしい以春には冷く断わられ、止むなくおさんは手代茂兵衛に相談した。彼の目当ては内証で主人の印判を用い、取引先から暫く借りておこうというのであった。だがそれが主手代の助右衛門に見つかった。彼はいさぎよく以春にわびたが、おさんのことは口に出さず、飽く迄以春に追及された。ところがかねがね茂兵衛に思いを寄せていた女中のお玉が心中立に罪を買って出た。だが以前からお玉を口説いていた以春の怒りは倍加して、茂兵衛を空屋に檻禁した。お玉はおさんに以春が夜になると屋根伝いに寝所へ通ってくることを打明けた。憤慨したおさんは、一策を案じて、その夜お玉と寝所をとりかえてねた。ところが意外にもその夜その部屋にやって来たのは茂兵衛であった。彼はお玉へ一言礼を云いにきたのだが、思いも寄らずそこにおさんを見出し、而も運悪く助右衛門に見つけられて不義よ密通よと騒がれた。遂に二人はそこを逃げ出した。琵琶湖畔で茂兵衛はおさんに激しい思慕を打明けここに二人は強く結ばれ、以後役人の手を逃れつつも愛情を深めて行った。以春は大経師の家を傷つけることを恐れて懸命におさんを求めた。だがおさんにはもう決して彼の家へ戻る気持はなかった。大経師の家は、こうして不義者を出したかどで取りつぶしになった。だが一方、罪に問われて刑場へと連れられるおさんと茂兵衛、しかしその表情の何と幸福そうなこと--。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5ぶれる事のない溝口イズム

2020年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

溝口健二監督らしい古典的な日本の物語。「山椒大夫」同様に先の展開が全く読めずとても面白かった。脚本の完成度の高さを強く感じた。そして溝口監督らしい和の映像美、完全無欠な和の世界観も印象的だった。その世界観を盛り立てる日本的な音楽が圧巻で素晴らしかった。

役者陣も印象的で、花のある長谷川一夫、美しい香川京子、主演のこのふたりは勿論だが、脇を固める役者陣が素晴らしかった。特に「山椒大夫」同様に悪役を演じた進藤英太郎の演技力が圧巻。改めて素晴らしい役者さんだと思った。そして菅井一郎のいぶし銀な演技。浪花千栄子の自然体な演技。両主役の親を演じたこのふたりの好演が印象深かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アントキのバンデラス

5.0原作を知っていて、文楽を観ていたとしても、さらにその上をいく映像を作り出しています

あき240さん
2019年9月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

腰抜けました
中盤からは強烈に心をわしづかみにされてしまいました
茶屋から逃げ出したにもかかわらず、倒れたおさんににじり寄り抱き合ってしまうシーン
おさんの実家の庭で再会して抱き合うシーン
心が熱くなり震えるとはこのことです

物語は300年近い昔の実話です
当時の一大スキャンダルですから、それを事件の三年後に人気作家の井原西鶴が実録小説化します
これが大ベストセラーになったので、さらにその小説の30年後に近松門左衛門が今度は文楽として上演します
今ならベストセラー小説の映画化みたいな流れです
当然、文楽用にこのとき西鶴の原作をかなり脚色しています
本作は題名にある通り、近松の文楽の脚本の方を原作にしています
なので本作は西鶴からすると250年後の2度目の映画化みたいなものです
というか、近松門左衛門の文楽のリメイク版というべきでしょうか
それともアニメの実写版に相当すると言うべきでしょうか

不倫はしてはいけない
こんなことは誰でも思っています
まして不倫が死刑の江戸時代ならましてそうです
しかし誰もがそう思っていても、そこは男女ですから、好意は芽生えてしまいます
それは心の底のことで表面にはでて来ません
そのまま忙しい日常の中で、いつしか忘れ去られてしまうものです
それがふとした弾みからあれよあれよという間に
花火のように火花を発して燃え上がってしまう
断ち切ろうとする想いが、蜘蛛の糸に絡み取られたか蟻地獄にはまったかのように、もがけばもがくほど忘れられなくなるのです
甘美な熱情が理性を失わせ、体をしびれさせる毒をあおったようなものです
だから誰にでも突然起こるかも知れないのです
だからこの物語は古今も洋の東西も問わず、普遍性のあるものなのです
それ故に誰もが胸が震える共感を呼ぶのだと思います

この男女の心の機微、原作の物語の巧みさを溝口監督は文楽の世界、つまり人形浄瑠璃という人形劇を、肉体を持つ俳優を使い、実物大のセットとロケ撮影で、想像で補完している文楽の世界を、観客の想像イメージ以上の高いレベルで具象化してみせています

原作を知っていて、文楽を観ていたとしても、さらにその上をいく映像を作り出しているのです

琵琶湖の湖水を夜霧の中を二人の小舟が進むシーンは雨月物語のそれを上回る映像美です

そして肝心の不倫のタブーを乗り越えてしまう、しかしそれもむべないことだと私達観客を納得させてしまう配役が長谷川一夫と香川京子なのです

進藤栄太郎、浪花千栄子もまた名演でした

溝口監督の感情表現演出の素晴らしさ、驚嘆すべき美意識が炸裂していると言えます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5香川京子が非常に魅力的に撮られています。 悲劇ではあるが、ハッピー...

2018年11月14日
iPhoneアプリから投稿

香川京子が非常に魅力的に撮られています。
悲劇ではあるが、ハッピーエンドとも捉えられる結末が見事でした。
長谷川一夫はどうも自分には合いませんが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やまぼうし

4.0シェイクスピアのような息詰まる悲劇

2018年11月10日
iPhoneアプリから投稿

何の罪もない男女が、些細なことからあれよあれよと猛烈なスピードで転落していく様が、すごくリアルで、とても60年以上前の作品とは思えません。ところが、誤解と成り行きから始まった道行きが、本物の駆け落ちになってしまうあたりが人間の情念の怖さで、ここがこの作品の普遍的なところなんでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
シネマディクト
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る