近松物語

劇場公開日

解説

近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄の外、進藤英太郎、田中春男など。

1954年製作/102分/日本
配給:大映

ストーリー

京烏丸四条の大経師内匠は、宮中の経巻表装を職とし、町人ながら名字帯刀も許され、御所の役人と同じ格式を持っていた。傍ら毎年の暦の刊行権を持ちその収入も大きかった。当代の以春はその地位格式財力を鼻にかけて傲岸不遜の振舞が多かった。その二度目の若い妻おさんは、外見幸福そうだったが何とか物足らぬ気持で日を送っていた。おさんの兄道喜は借金の利子の支払いに困って、遂にその始末をおさんに泣きついた。金銭に関してはきびしい以春には冷く断わられ、止むなくおさんは手代茂兵衛に相談した。彼の目当ては内証で主人の印判を用い、取引先から暫く借りておこうというのであった。だがそれが主手代の助右衛門に見つかった。彼はいさぎよく以春にわびたが、おさんのことは口に出さず、飽く迄以春に追及された。ところがかねがね茂兵衛に思いを寄せていた女中のお玉が心中立に罪を買って出た。だが以前からお玉を口説いていた以春の怒りは倍加して、茂兵衛を空屋に檻禁した。お玉はおさんに以春が夜になると屋根伝いに寝所へ通ってくることを打明けた。憤慨したおさんは、一策を案じて、その夜お玉と寝所をとりかえてねた。ところが意外にもその夜その部屋にやって来たのは茂兵衛であった。彼はお玉へ一言礼を云いにきたのだが、思いも寄らずそこにおさんを見出し、而も運悪く助右衛門に見つけられて不義よ密通よと騒がれた。遂に二人はそこを逃げ出した。琵琶湖畔で茂兵衛はおさんに激しい思慕を打明けここに二人は強く結ばれ、以後役人の手を逃れつつも愛情を深めて行った。以春は大経師の家を傷つけることを恐れて懸命におさんを求めた。だがおさんにはもう決して彼の家へ戻る気持はなかった。大経師の家は、こうして不義者を出したかどで取りつぶしになった。だが一方、罪に問われて刑場へと連れられるおさんと茂兵衛、しかしその表情の何と幸福そうなこと--。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0西鶴+近松<溝口 最高傑作

talismanさん
2022年5月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

萌える

こんなに素晴らしい芝居を映画館で、4Kデジタル復元版で見ることができるとは!

いきなり思い出した「目病み女に風邪ひき男」という言葉!色っぽいということ。映画冒頭、朝から長谷川一夫扮する茂兵衛は咳をしていて風邪気味で手代なのに床についてる。彼を慕う女中のお玉の思いを引き立たせるためかと思った。それもあるのだろうけれど、茂兵衛がいい男であることを示すための風邪ひきなんだ!と思い至りました。

道行は歌舞伎でも文楽でも普通は芝居の幕切れか舞踊。ところがこの映画では道行そのものが核になっている。親の情けに手を合わせながらも互いを慕う絆は強まるばかり。死に一直線の逃避行だが、初めておさん(香川京子)は人として生まれたことを心から喜び幸福感に満たされる。不義密通の見せしめに、おさん茂兵衛は背中合わせに縄で縛られ裸馬に乗せられ二人の手は握りあっている。その姿を見たかつての女中たちは、おさん様のあれほど明るい顔は見たことない、茂兵衛さんも晴れ晴れとしてと言う。

琵琶湖(この風景が夢のように美しい)の舟の上で死支度をして茂兵衛「以前からおさん様をお慕いしておりました」「それを聞いて死ねのうなった」とおさん。映画史上に残る台詞だと思う。

情景に合わせてある時は太棹、ある時は細棹三味線。降る雪は大太鼓。場面を盛り上げ観客を注目させハラハラとさせるツケ。茂兵衛の父の優しさと覚悟の様子に新口村の父親が重なる。茶屋からそっと逃げる茂兵衛は、自分を追って転んだおさんの傷ついた足を抱き口づけする。これは曽根崎心中のお初の足を縁の下でいだく徳兵衛だ。この映画で長谷川一夫は職人・手代なので押さえ気味の芝居だが、所作の美しさは絶品だ。

溝口監督らしく、男のみっともなさがよく表現されていた。男は妾も囲えるし女中に手を出しても咎められない。おさんの夫は妾に家をあてがう金は出せても兄弟も妻の実家も援助せず、手代の暖簾分けすら金がかかるからなるべくしたくないというドケチな独占商人。権力者にはペコペコして世間体が何より大事。三十も年上のそんな男におさんが嫁入りしたのも実家の商家安泰のため。おさんの兄はチャラチャラとだらしない。女たちの犠牲の上に成り立つ男性社会の愚劣さを突きつける溝口監督は古典を題材にしてもぶれない。

全くの偶然の積み重なりで始まる逃避行だが、おさんは途中から自分の意志で茂兵衛を抱きしめ幸せと自由を勝ち取った。

おまけ
香川京子さんは、こうすると女らしく見えますよと長谷川一夫に色々と所作を教わったらしい。120本以上の映画に出たと言われている香川さんが一番強く印象に残っている映画はこの「近松」との言葉は何だかとても嬉しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
talisman

4.0一周回って現代的な話

2021年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============

午前10時の映画祭の作品は
都合が合う限り無条件で観てますが
この作品も「観て良かった!」思う一作。

なんと言ってもモノクロ画面の美しさが秀逸!

YouTubeに午前10時の映画祭を応援する
「事務局オフタイム」と言うコンテンツがあるのですが
その中で解説されている通り
モノクロなのに、大豪商の奥様であるおさんの着物の豪華さ!
金糸銀糸が惜しみなく使われているであろう
大奥上臈並みの豪華な着物の質感まで伝わってきます。

そして物語全般としては、
原作は、言わずもがなの近松門左衛門の戯曲ですが
女性の立場の弱さ、男性社会、社会弱者への理不尽さは、
今も昔も変わらないことを現代人に突きつけてきます。

その中でも力強く生きて行く一般庶民も印象的で
見応えがあります。

で、月に8回ほど映画館に通う中途半端な映画好きとしては

長谷川一夫は当時は随一の色男。
若くて全盛期だった様ですが
私は今作の長谷川一夫よりは、
昨年観た「雪之丞変化」のちょいワルな
長谷川一夫の方が正直好きです。

だから私的には長谷川一夫よりも
相手のおさんを演じた若きの日の香川京子さんが素敵!
この夏の話題のドラマ「この世界の片隅に」で
現代編の鈴さんの娘を演じていた素敵なおばあ様です。

おさんは最初、
実家の都合で自分の父親ほどの相手の後妻に行かされ
その後も婚家と実家の板挟みでなかなか苦しい立場。
それでも、奉公人に気を配り後妻と侮られない様に
頑張って大豪商の奥様を勤めているのですが
それにもかかわらず、
自分を踏みつけにする狡い旦那に腹を立てて
人生に絶望してしまう。

まさにその時!!
生まれて初めて自分自身を純粋に見てくれる人に出会って
劇的に変わって行く。

ああ、女の強さ!発動!!

悲しいけど、そこが良い〜!

そしてラストシーンは〜〜
本当に象徴的ですね〜〜

それと、劇中、小川を渡るところで
着物の奥様をヒョイと抱え上げるシーンがある。
その抱え方が今まで見たことがない!
あれが出来ると、結構モテるかも!
そこだけでもぜひ観てみてください。

@もう一度観るなら?
「数年後にまた企画上映で観たいですね。」

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
星のナターシャnova

4.0人形には負ける

きりんさん
2021年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

当代きっての俳優たちに濡れ場を演じさせないその抑制が、失敗の原因だと感じた。

主、大経師が、女中お玉にも後妻おさんにも手を出し放題であったことを、女中の寝間で今少しあからさまにしなければ、物語の何が発端であるかの導入が欠如しているというものだ。

井原も近松も、庶民の心情を爆発させた作家。
お上の「掟」を、大経師には“仕置き”としてその結末に快哉を叫び、同じ決まりごとで裁かれるおさんたちについては、掟の無情さへの抵抗という矛盾を合わせ持つ庶民。
そこが面白いのだ。
しかし大経師の悪役ぶりが描ききれていないゆえに、コントラストがボケた。

原作と原原作を知っているなら、実写化の表現の不足を頭中で補完して、映画の二人に感情移入も出来ようが、
いまの時代にはそれは無理というもの。
この102分で観客の涙をしぼるのはたいへん難しい。

人形ならば、もっと激しい情念と愛欲の迫りを観客にイメージさせて、客席を動悸の渦に巻き込んだはずだ。

長谷川と香川の道行きや、痛めた足への抱擁、そして舟の幕、
いずれも人形の動きを俳優の動作に写して演出しているが、いかんせんそこで音声が邪魔をした。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
きりん

3.5観てて真綿で首を絞められていく感じ

2021年6月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジョニーデブ
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る