大女優・香川京子、若尾文子が美の競演!巨匠・溝口健二を語る

2006年8月25日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

大女優・香川京子、若尾文子が美の競演!巨匠・溝口健二を語る

溝口監督を振り返った大女優2人 (左から)若尾文子、香川京子
溝口監督を振り返った大女優2人 (左から)若尾文子、香川京子

黒澤明小津安二郎と並び、日本が世界に誇る映画監督・溝口健二。没後50年にあたる今年、約15年ぶりとなる大規模な映画祭開催が決定し、そのプレイベントとして、8月24日、有楽町朝日ホールにて「没後50年 溝口健二 国際シポジウム MIZOGUCHI2006」なるイベントが催された。満員御礼の会場には、スペインのビクトル・エリセ、中国のジャ・ジャンクーら溝口映画に影響を受けた国内外の映画監督の他、溝口作品で主役を演じた香川京子若尾文子が艶やかな着物姿で登壇し華を添えた。

マスコミ向けの2ショット会見に臨んだ大女優2人は、溝口監督について「とても厳しい方だったけれど、そのおかげで今の自分がある」と口を揃え、当時の様子を懐かしそうに振り返った。「祇園囃子」「赤線地帯」の2本に出演した若尾は、「『女優は官能的であれ。何もしなくていい、その人物になればいい』と言われたことが今でも心に残っている」と語り、「大仏様のような大きな存在だった」と畏敬の念を表した。また、溝口の代表作「山椒太夫」「近松物語」で卓越した演技力を見せた香川は、演技指導について質問されると「リアクションを大事にする方で、『反射して下さい! 反射してますか?』としょっちゅう言われました。それが芝居の基本だと教わりました」と巨匠の演出方法を明かした。最後に、9月に開催される映画際に関して「若い方々に是非見て欲しい。溝口監督の人間を見る目を感じていただきたい」と溝口作品の素晴らしさをアピールした。

映画祭「溝口健二の映画」は、恵比寿ガーデンシネマにて9月9日から10月20日まで開催。ラインナップは代表作をそろえた全19作品で、そのうち後期8作品を全てニュープリントで上映する。約1年かけて全国を順次巡回開催していく。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース