桜庭ななみ「最後の忠臣蔵」で難儀したのは足のしびれ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月22日 > 桜庭ななみ「最後の忠臣蔵」で難儀したのは足のしびれ
メニュー

桜庭ななみ「最後の忠臣蔵」で難儀したのは足のしびれ

2010年11月22日 21:55

足のしびれが……「最後の忠臣蔵」

足のしびれが……
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 役所広司の主演最新作「最後の忠臣蔵」の特別な試写会が11月22日、兵庫・赤穂市文化会館ハーモニーホールで行われ、桜庭ななみ伊武雅刀杉田成道監督らが舞台挨拶に立った。

池宮彰一郎の人気小説が原作で、赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件後の世を舞台に、主君・大石内蔵助の密命を受けて生き残った2人の男の16年後の生きざまを軸に描く。役所と佐藤浩市は、「THE 有頂天ホテル」(2006)で共演しているが直接の絡みはなかったため、実質的には初共演となる。

内蔵助の隠し子・可音を演じた桜庭は、「時代劇ということで、お着物での演技や所作も初めてで大変だったのですが、一番大変だったのは(長時間正座をしての)足のしびれでした」と告白。さらに、「毎日1~2時間、座ったまま撮影していたので、『こんなに足ってしびれるんだ』と思うくらい大変でした」と振り返っていた。

一方の伊武は、時代劇の良さについて「正座がなければ……。というのはウソですが」と桜庭に便乗して笑いを誘った。それでも、「侍の心というのはいいですね。居住まいがキリッとしていて、男として武士を演じるときは身が引き締まる思いです」と語り、喝さいを浴びていた。

最後の忠臣蔵」は、12月18日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi