役所広司&佐藤浩市は「日本版デ・ニーロ&パチーノ」と杉田監督が絶賛

2010年6月17日 15:12

日本人の“心”の物語を丹念に作り上げた
日本人の“心”の物語を丹念に作り上げた

[映画.com ニュース] 洋画メジャーのワーナー・ブラザースが初めてローカル・プロダクションとして製作する「最後の忠臣蔵」の完成会見が6月17日、都内のホテルで行なわれ、主演の役所広司佐藤浩市桜庭ななみ片岡仁左衛門杉田成道監督、同社のウイリアム・アイアトン社長が出席した。

池宮彰一郎の人気小説が原作で、赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件後の世を舞台に、主君・大石内蔵助の密命を受けて生き残った2人の男の16年後の生きざまを軸に描く。役所と佐藤は、「THE 有頂天ホテル」(2006)で共演しているが直接の絡みはなかったため、実質的には初共演となる。

役所は、佐藤との共演について「演技について話したことはないです。浩市さんとは競馬の話ばかりしていた」と述懐。それでも、「大好きな俳優。今回は2人で向かい合ってやり取りすることが多かったので、刺激的で楽しかった」と“血盟”を称えた。一方の佐藤も、4歳年上の役所について「この4歳って結構でかいんですよ。大先輩ですし、がっぷりと対じできることが楽しみで現場に行っていました」と真摯(しんし)な態度で語った。

「北の国から」シリーズで知られる杉田監督は、「日本のベストメンバーをそろえられた。かつての日本映画がもっていたアナログなテンポで、美意識の強い作品に仕上がった。私は桜庭さんのお守りをしていただけ」と謙そん。時代劇は初めてとなったが、「抵抗感はなかった。台本を一読したときから役所さんと佐藤さんの2人以外に考えられなかった。日本のロバート・デ・ニーロアル・パチーノですから、スケジュール的には困難を極めたが、脚本の力で快諾してくれた」と絶賛した。

2人の“主”となる内蔵助に扮した片岡は、「私のような者が内蔵助を演じて若すぎないかな……と思ったが、出来上がった作品を見て自分の年を認識した」と苦笑い。そして、「素晴らしい人物でありながら、出番は少ない。私の一番好きな役です」とユーモアを交えて話し、場内の笑いを独占していた。

最後の忠臣蔵」は12月18日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
最後の忠臣蔵
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」全キャスト扮装ビジュアルがお披露目

    1

    「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」全キャスト扮装ビジュアルがお披露目

    2023年2月3日 12:00
  2. 紀里谷和明監督“最後の作品”予告完成! 毎熊克哉、冨永愛、岩井俊二、又吉直樹らが出演

    2

    紀里谷和明監督“最後の作品”予告完成! 毎熊克哉、冨永愛、岩井俊二、又吉直樹らが出演

    2023年2月3日 12:00
  3. 釜山映画祭で「パラサイト」に次ぐ大傑作と評された家族のスリラー「高速道路家族」4月21日公開

    3

    釜山映画祭で「パラサイト」に次ぐ大傑作と評された家族のスリラー「高速道路家族」4月21日公開

    2023年2月3日 15:00
  4. 金曜ロードショーで90年代の大ヒット作! 「プリティ・ウーマン」「アルマゲドン」放送決定

    4

    金曜ロードショーで90年代の大ヒット作! 「プリティ・ウーマン」「アルマゲドン」放送決定

    2023年2月3日 06:00
  5. 映画「東京リベンジャーズ2」本ビジュアル&本予告完成 東京卍會VS芭流覇羅の一大決戦シーンを初公開

    5

    映画「東京リベンジャーズ2」本ビジュアル&本予告完成 東京卍會VS芭流覇羅の一大決戦シーンを初公開

    2023年2月3日 07:00

今週