劇場公開日 2010年12月18日

  • 予告編を見る

最後の忠臣蔵 : 関連ニュース

田中邦衛さん死去、88歳 「若大将」「北の国から」シリーズなどで国民的人気俳優に

田中邦衛さん死去、88歳 「若大将」「北の国から」シリーズなどで国民的人気俳優に

俳優の田中邦衛さんが3月24日午前11時24分、老衰のため死去していたことが明らかになった。88歳だった。関係者によると、最後は家族に見守られながら息を引き取ったという。1932年11月23日、岐阜県生まれ。短大を卒業し、中学校での教員を務... 続きを読む

2021年4月2日
北方四島の実話を描く長編アニメ「ジョバンニの島」予告編解禁

北方四島の実話を描く長編アニメ「ジョバンニの島」予告編解禁

ProductionI.Gが製作を担当し、市村正親、仲間由紀恵ら豪華俳優陣が声優を務めるアニメーション映画「ジョバンニの島」の予告編が、このほど解禁された。1945年、敗戦直後の北方四島における実話をもとに、ソ連軍の進駐によって過酷な運命を... 続きを読む

2013年12月18日
日本アカデミー賞「八日目の蝉」が10冠 最優秀主演男優賞は原田芳雄さんに

日本アカデミー賞「八日目の蝉」が10冠 最優秀主演男優賞は原田芳雄さんに

第35回日本アカデミー賞の授賞式が3月2日、東京・新高輪グランドプリンスホテルであり、成島出監督の「八日目の蝉」が最優秀作品賞を受賞した。成島監督は、「夢を見ているみたい。こんな九日目を見られるとは」と喜びを語った。成島監督の監督賞、主演の... 続きを読む

2012年3月2日
日本アカデミー賞 でんでん、永作博美が最優秀助演男優・女優賞 「もしドラ」AKB前田が話題賞

日本アカデミー賞 でんでん、永作博美が最優秀助演男優・女優賞 「もしドラ」AKB前田が話題賞

第35回日本アカデミー賞の授賞式が3月2日、東京・新高輪グランドプリンスホテルであり、「冷たい熱帯魚」のでんでんが最優秀助演男優賞を、「八日目の蝉」の永作博美が最優秀助演女優賞を受賞した。名バイプレイヤーとして知られるでんでんだが、「冷たい... 続きを読む

2012年3月2日
日本アカデミー賞「八日目の蝉」「最後の忠臣蔵」が最多11部門で優秀賞

日本アカデミー賞「八日目の蝉」「最後の忠臣蔵」が最多11部門で優秀賞

日本アカデミー賞協会は1月16日、第35回日本アカデミー賞の正賞15部門の各優秀賞、新人俳優賞などを都内のホテルで発表した。選考対象は2010年11月28日から11年12月10日までに東京地区の商業映画劇場で有料公開された作品。「大鹿村騒動... 続きを読む

2012年1月16日
桜庭ななみ、“父”杉田監督に「宝石のような女優に近づきたい」と宣言

桜庭ななみ、“父”杉田監督に「宝石のような女優に近づきたい」と宣言

女優の桜庭ななみが6月15日、東京・銀座の山野楽器本店で行われた「最後の忠臣蔵」のブルーレイ&DVD発売記念イベントに、杉田成道監督とともに出席した。桜庭は19日の「父の日」にちなみ、「女優・桜庭ななみの父親である監督に」と杉田監督に手紙を... 続きを読む

2011年6月15日
桜庭ななみ、麻生元首相と中国訪問 振袖姿で日中交流をアピール

桜庭ななみ、麻生元首相と中国訪問 振袖姿で日中交流をアピール

映画「最後の忠臣蔵」のヒロインを務めた桜庭ななみが、6月8日に中国・北京で開催された日中映像交流事業「映画、テレビ週間」「アニメ・フェスティバル」の開幕式典に、麻生太郎元首相、温家宝首相らと共に出席した。あでやかな振袖姿で登場した桜庭は、「... 続きを読む

2011年6月9日
「悪人」「告白」の川村元気「みんな作品を愛してくれた」と感激

「悪人」「告白」の川村元気「みんな作品を愛してくれた」と感激

優れた活躍をした映画製作に贈呈される藤本賞の第30回授賞式が6月2日、都内で行われ、受賞者の川村元気プロデューサー、臼井裕詞プロデューサーらが出席した。同賞は、277本もの映画作品を製作した東宝の故藤本真澄さんの功績を讃えて設けられた。現在... 続きを読む

2011年6月2日
新人賞総なめ桜庭ななみ、今後は「暗い役を演じたい」

新人賞総なめ桜庭ななみ、今後は「暗い役を演じたい」

女優の桜庭ななみが1月30日、最後の水着写真集「階段N↑UP」の発売を記念し、東京・神保町の書泉ブックマートで握手会を行った。ミスマガジン2008グランプリを受賞して人気が急上昇した桜庭は、昨年公開の映画「最後の忠臣蔵」「書道ガールズ」での... 続きを読む

2011年1月30日
岡田武史氏、“侍スピリッツ”で「サムライ・シネマ」をPR

岡田武史氏、“侍スピリッツ”で「サムライ・シネマ」をPR

2010年の秋から冬にかけて、時代劇映画を配給する5つの配給会社が共同で展開する「サムライ・シネマ」キャンペーンのイベントが12月22日、都内の劇場で行われ、サッカー日本代表前監督の岡田武史氏が応援団長として登場した。同キャンペーンは、「十... 続きを読む

2010年12月22日
桜庭ななみ、杉田成道監督の手紙に感動の号泣

桜庭ななみ、杉田成道監督の手紙に感動の号泣

役所広司の主演最新作「最後の忠臣蔵」が12月18日、全国310スクリーンで封切られ、役所をはじめ共演の佐藤浩市、桜庭ななみ、杉田成道監督は、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで舞台挨拶に立った。同作は、「北の国から」を手がけた杉田監督が池宮彰一... 続きを読む

2010年12月18日
桜庭ななみ、同世代の涙に感激 役所広司の魅力も熱くアピール

桜庭ななみ、同世代の涙に感激 役所広司の魅力も熱くアピール

日米同時公開が決定した映画「最後の忠臣蔵」の女子高生限定試写会が12月10日、都内の試写室で行われ、時代劇に初挑戦した女優の桜庭ななみが出席。赤穂浪士47士にかけて女子高生47人が招待され、上映後には涙を抑えきれない姿も。桜庭は、同世代の涙... 続きを読む

2010年12月11日
田中邦衛「おいら幸せだい!」と「北の国から」監督に感謝

田中邦衛「おいら幸せだい!」と「北の国から」監督に感謝

「北の国から」を手がけた杉田成道監督が、池宮彰一郎の人気小説を映画化した「最後の忠臣蔵」の完成披露試写会が12月7日、都内の劇場で行われ、主演の役所広司と佐藤浩市、桜庭ななみ、田中邦衛、杉田監督が舞台挨拶に登壇した。同作は、赤穂浪士の吉良邸... 続きを読む

2010年12月7日
桜庭ななみ「最後の忠臣蔵」で難儀したのは足のしびれ

桜庭ななみ「最後の忠臣蔵」で難儀したのは足のしびれ

役所広司の主演最新作「最後の忠臣蔵」の特別な試写会が11月22日、兵庫・赤穂市文化会館ハーモニーホールで行われ、桜庭ななみ、伊武雅刀、杉田成道監督らが舞台挨拶に立った。池宮彰一郎の人気小説が原作で、赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件後の世を舞台に... 続きを読む

2010年11月22日
時代劇の聖地・太秦に“レキシゲキ”が結集する「HISTORICA2010」開催決定

時代劇の聖地・太秦に“レキシゲキ”が結集する「HISTORICA2010」開催決定

世界各国から集められた多種多様な歴史映画を、時代劇の聖地である京都・太秦の東映撮影所などで上映する映画祭「HISTORICA2010」の開催が決定した。今年2回目を迎える同映画祭は、「レキシゲキを楽しめ!」をテーマに、VFXやインターネット... 続きを読む

2010年11月22日
本広克行「べらぼうに泣いた」と「最後の忠臣蔵」を絶賛

本広克行「べらぼうに泣いた」と「最後の忠臣蔵」を絶賛

池宮彰一郎の人気小説を杉田成道監督が映画化する「最後の忠臣蔵」の公開を記念し、杉田監督の大ファンを公言する「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督と杉田監督が11月11日、東京・ソフトバンク渋谷のUSTREAMスタジオで対談した。役所広司と佐... 続きを読む

2010年11月12日
伊武雅刀、現代日本の個人主義に警鐘

伊武雅刀、現代日本の個人主義に警鐘

歴史的大事件「桜田門外の変」の全ぼうに迫る本格時代劇「桜田門外ノ変」(佐藤純彌監督)が公開中だ。安政7年3月3日、改革を目指した攘夷派の水戸脱藩士・関鉄之介(大沢たかお)ら18人が、開国を断行した江戸幕府の大老・井伊直弼を暗殺した事件。同作... 続きを読む

2010年10月19日
岡田武史前日本代表監督、業界5社タッグの「サムライ・シネマ」応援団長に

岡田武史前日本代表監督、業界5社タッグの「サムライ・シネマ」応援団長に

東宝、東映、松竹、アスミック・エース、ワーナー・ブラザースの映画会社5社が、今秋から順次公開する時代劇を共同でPRする「サムライ・シネマキャンペーン」の発表会見が9月17日、都内で行われた。各社代表や各作品の主演俳優に加え、キャンペーンの応... 続きを読む

2010年9月17日
役所広司&佐藤浩市は「日本版デ・ニーロ&パチーノ」と杉田監督が絶賛

役所広司&佐藤浩市は「日本版デ・ニーロ&パチーノ」と杉田監督が絶賛

洋画メジャーのワーナー・ブラザースが初めてローカル・プロダクションとして製作する「最後の忠臣蔵」の完成会見が6月17日、都内のホテルで行なわれ、主演の役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、片岡仁左衛門、杉田成道監督、同社のウイリアム・アイアトン社... 続きを読む

2010年6月17日
役所広司、佐藤浩市が決意にじませる「最後の忠臣蔵」特報解禁

役所広司、佐藤浩市が決意にじませる「最後の忠臣蔵」特報解禁

池宮彰一郎の人気小説を杉田成道監督が映画化する「最後の忠臣蔵」の特報が公開された。大石内蔵助率いる四十七士が主君の無念を晴らし切腹で殉じるなか、密かに生き残った2人の男を演じた役所広司と佐藤浩市の鬼気迫る演技の一端を垣間見ることができる。同... 続きを読む

2010年4月22日
「最後の忠臣蔵」の作品トップへ