哀川翔、仮面ライダーと並んでレッドカーペット練り歩き

2010年4月15日 20:56

仮面ライダーと戦いたい!?
仮面ライダーと戦いたい!?

[映画.com ニュース] 哀川翔が主演する「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の舞台挨拶が4月15日、神奈川・横浜のTOHOシネマズ上大岡(4月16日開業)で行われ、哀川のほか共演の仲里依紗阿部力井上正大田中直樹ガダルカナル・タカ三池崇史監督が登壇した。

TOHOシネマズ上大岡のオープンを記念したイベントで、「ゼブラーマン」一行とともに、人気特撮シリーズ最新作「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー」の仮面ライダー電王らも登場。劇場内の50メートルのレッドカーペットを練り歩いた。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」は、哀川の100本目の主演作「ゼブラーマン」の続編で、前作から15年後を舞台に、ゼブラーマン(哀川)と悪のゼブラクイーン(仲)との壮絶な戦いを描く。

哀川は、東映のヒーロー「仮面ライダー」と肩を並べて「鳥肌が立ちました。仮面ライダーは僕が小学校3、4年くらいのときに始まったのに、まだ続いている。恐ろしいね。一緒に歩くことに喜びを感じた」とご満悦。さらに、「現代のヒーローというのは、何ごとにも押しつぶされず、一生懸命頑張っている人。そういう意味で、世の中のお父さんたちがヒーローじゃないかな。僕も今年でデビュー25周年だけど、もうちょっと頑張りたい」とヒーロー論を力強く語った。一方、悪役ゼブラクイーンを演じた仲は、仮面ライダーに囲まれ「戦ってみたくなりました」と悪役モード全開だった。

画像2

この日は同劇場の全9スクリーンで「ゼブラーマン」2作のほか、仲の「時をかける少女」(アニメ版)、阿部の「花より男子」、三池監督の「クローズZERO」など登壇者の関連作品を上映。哀川はその全ての舞台挨拶に参加した。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」は東映配給で5月1日から全国で公開。「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー」は東映配給で5月22日、6月5日、6月19日に3作品を連続公開する。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ゼブラーマン
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース