北野武監督、5度目のカンヌへ!「アウトレイジ」がコンペ部門に出品

2010年4月15日 22:23

初のグランプリ獲得なるか
初のグランプリ獲得なるか

[映画.com ニュース] 北野武監督の15作目となる最新作「アウトレイジ」が、第63回カンヌ映画祭(5月12~23日)のコンペティション部門で正式出品作品として上映されることが分かった。

同作は、「その男、凶暴につき」(1989)、「BROTHER」(2000)などのヤクザ映画で知られる北野監督が原点回帰して製作。自ら暴力団組長を演じるほか、椎名桔平三浦友和加瀬亮國村隼石橋蓮司ら“北野組”初参加の面々が顔をそろえ、金と権力をめぐりヤクザたちが裏切りや駆け引きを繰り返しながら激しい権力闘争を展開するバイオレンス映画。全編にわたる暴力描写で「座頭市」(03)以来7年ぶりのR15+指定となった。

北野監督作がカンヌ映画祭で上映されるのは、第60回記念製作映画「それぞれのシネマ」の短編監督のひとりとして製作した「素晴らしき休日」以来3年ぶり。それだけに、「久しぶりのアクション映画だから期待感もあると思うし、自分としてもお客さんの反応が楽しみだね」と語っている。

第46回のある視点部門に選出された「ソナチネ」で初のカンヌ入り。コンペ部門に出品するのは第52回の「菊次郎の夏」以来11年ぶりとなり、世界の映画人たちがどのような反応を示すかに注目が集まる。北野監督は、上映に合わせて現地入りする予定だという。

アウトレイジ」はワーナー・ブラザースとオフィス北野の共同配給で、6月12日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com