ウォン・カーウァイ新作でトニー・レオン&チャン・ツィイーが夫婦役に!

2009年11月30日 11:58

ブルース・リーの師匠役で、 腕を骨折するほどの猛特訓!
ブルース・リーの師匠役で、 腕を骨折するほどの猛特訓!

[映画.com ニュース] 香港の映画作家、ウォン・カーウァイ監督が、伝説の武術家イップ・マンを描くカンフー映画「ザ・グランド・マスター(一代宗師)」の撮影にまもなく入ることが分かった。

イップ・マン(葉問)は知る人ぞ知るカンフーの師匠。1893年中国広東省仏山生まれ。1940年代に中国共産党政府を逃れて香港に渡り、レストラン従業員をしながら、72年に亡くなるまで数百人という弟子をとって、少林拳を祖とする中国武術の一派、“詠春拳”を教えた。かのブルース・リーも、アメリカでTVスターになる前にイップの元に弟子入り。のちに“截拳道(ジークンドー)”を創始している。

このイップ役には、企画当初よりトニー・レオン(「恋する惑星」「花様年華」)が決まっていたが、クランクイン前に2カ月間も特訓を受け、その際に腕を骨折。9月クランクイン予定だったが、順延されていた。トニー・レオンは、ウォン監督の「花様年華」で2000年カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞している。

なお、イップの妻役として、94年の結婚以来、事実上引退していた台湾の伝説的女優ブリジット・リン(「恋する惑星」「楽園の瑕」)の復帰も噂されたが、撮影延期により、中国人女優チャン・ツィイー(「グリーン・デスティニー」「2046」)がその代役に決まった。さらに、コン・リー(「2046」)も女性キャストの大役を演じると噂されたが、すでに降板しているようだ。

北京の新聞各紙によると、撮影スケジュールは12月12日より来年4月18日までとゆったり組まれている。また、映画サイトTwitchによると、台湾のチャン・チェン(「2046」)がブルース・リー役を演じるのではないかと予測している。

イップの生涯は昨年、ドニー・イェン(「HERO」)主演により別の伝記映画「イップ・マン」としてウィルソン・イップ監督が映画化している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース