楽園の瑕

劇場公開日

0%
50%
33%
0%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

90年代を代表する映画作家、「恋する惑星」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、伝説の剣士たちの青春群像を鮮烈な感覚で綴った一編。中国の人気武侠小説家、金庸の代表作『射[周鳥]英雄傳』(邦訳・徳間書店刊)を基に、原作では老人である主人公らの若き日の姿を描くという設定で、カーウァイが脚本を執筆。アソシエイト・プロデューサーは「ソウル」などの監督でもあるシュウ・ケイ。エグゼクティヴ・プロデューサーはカーウァイの盟友で「チャイニーズ・オデッセイ」などの監督でもあるジェフ・ラウ、撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集・衣装のウィリアム・チョン、音楽のフランキー・チャン、ローウェル・A・ガルシアとカーウァイ作品の常連スタッフが集結。他に編集で「風にバラは散った」などの監督でもあるパトリック・タム、カイ・キッウァイ、コン・ジ・ラウ、武術指導に「カンフー・カルト・マスター/魔教教主」のサモ・ハン・キンポーらが参加。出演は「欲望の翼」のレスリー・チャン、マギー・チャン、トニー・レオン、カリーナ・ラウ、ジャッキー・チュンに加え、「恋する惑星」のブリジット・リン、「黒薔薇VS黒薔薇」のレオン・カーフェイ、当時ほとんど演技経験のないまま、降板したジョイ・ウォンに代わって起用された「天使の涙」のチャーリー・ヤンと香港映画界のスターが競演。94年ヴェネチア映画祭金のオゼッラ賞、第14回香港電影金像奨撮影賞・美術賞、第31回台湾金馬賞撮影賞・編集賞受賞。

1996年製作/100分/香港
原題:東邪西毒/Ashes of Time
配給:ビターズ・エンド

ストーリー

砂漠の宿屋。“西毒”こと欧陽峰(レスリー・チャン)は殺し屋の元締め稼業を営んでいた。彼は白駝山に生まれ、早くに両親を亡くし、兄に育てられた。彼は高名な剣士となる野望のため、恋人(マギー・チャン)を捨て、残された彼女は兄と結婚した。毎年春、親友の“東邪”こと黄薬師(レオン・カーフェイ)が訪ねて酒を飲んでいく。恋多き彼は男装の剣士・慕容燕(ブリジット・リン)に愛されながらも彼女を捨てた。妹の媛(ブリジット・リン=二役)なる存在になりすまし、二重人格者になるまで思いつめた彼女は、数年後、独狐求敗という謎の女剣士として生まれ変わった。妻・桃花(カリーナ・ラウ)を薬師に奪われた親友の剣士(トニー・レオン)は、失明の病に冒されながら馬賊と戦い死んだ。その代役で馬賊退治をした洪七(ジャッキー・チャン)という裸足の剣士は、敵討ちの請負人を探して宿の前に佇み続ける狐女(チャーリー・ヤン)に思いを寄せ、彼女の仇討ちで傷つき、癒えると妻(バイ・リー)と北へ向かった。3年後。彼は蛮族の首領“北夷”となり、後年、大雪山で欧陽と対決し、両者絶命した_立春後。今年はなぜか薬師が来ない。そこへ白駝山から一通の手紙が届く。兄嫁は2年前に病していたのだ。薬師が欧陽を毎年訪れたのは、彼女に会うための口実だった。6年後。薬師は桃花鳥に隠居。自ら鳥主と称し、“東邪”とも呼ばれた。間もなく欧陽は砂漠を後にした。翌年、彼は白駝山に戻るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5魔法の酒を飲むべき飲まざるべきか

momoさん
2020年11月17日
Androidアプリから投稿

過去の記憶子育て苦しみの元。

何かを忘れようとすればするほど、その記憶は強く心にに残る。

何かを失わなければならないなら、心にしっかりとそれを刻みつけることだ。

女がくれた不思議な酒、魔法の酒でで全て忘れてしまおう。過去の瑕も執着も。

武侠映画がベースとしてあるのだけど、アクションだけではないんだなあ。
ウォン・カーワイが描くとただ、かっこいいだけの闘いの話にはならない。人の感情が絡み合ってものすごくウエットになる。

人が人を思い続けること、
裏を返せば執着。

女たちはみな、恋人や弟や夫などなど相手は違えど誰かを愛するが故に執着している。執着が実ったのはジャッキー・チョン演じる裸足の剣士を追いかけてきた妻だけだ。
鼻歌を歌いながらお粥を食べさせるシーンが微笑ましい。
素直な剣士はとってもいい人だ。

トニー・レオンが演じる盲目の剣士の戦に行く前の卵娘への衝動的なキスとその後の死闘は見所だった。もう一度、桃を見せてあげたかった。
結果的に郷里には桃はなく桃は妻の名前だったのだけど。

愛してるの言葉に憧れても、永遠の愛などなく全ては移ろいゆく。
昔に戻りたいと過去に執着していても、報われずに死んで行った兄嫁のマギー・チャン。赤い服でアップで撮影されたシーンがとても美しい。

何もかも忘れたっていいのかもしれない。桃の花が好きな事以外は。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
momo
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「楽園の瑕」シリーズ関連作品

他のユーザーは「楽園の瑕」以外にこんな作品をCheck-inしています。