アンジェリーナ・ジョリー主演のイーストウッド監督作が撮影開始!

2007年10月18日 12:00

2度目のオスカー、 狙うわよ!
2度目のオスカー、 狙うわよ!

[映画.com ニュース] 2度のオスカーに輝くクリント・イーストウッド監督とアンジェリーナ・ジョリーが組んだ新作スリラー「チェンジリング(The Changeling)」(08年11月7日全米公開)の撮影が、ついにロサンゼルスで開始された。10月16日、米セレブ情報サイトJustJaredでは早速、同作のセットから毛皮のコートをまとったアンジェリーナが映った15枚のメイキング写真を伝えている。

同作は、1920年代のロサンゼルスを舞台に、誘拐された息子の生還を祈る母親(アンジェリーナ)を描く実話ストーリー。息子は無事に警察に保護されるが、実の子でないと疑念を抱いた母親が、腐敗した警察に頼らずに自ら息子の行方を捜して行動を起こし、同時に市長や警察機構を告発するという内容。

脚本は「新トワイライト・ゾーン」「バビロン5」などTV界で長いキャリアを誇る脚本家J・マイケル・ストラジンスキー。製作は“イマジン”のブライアン・グレイザーロン・ハワード、“マルパソ”のロバート・ロレンツ。配給はユニバーサル・ピクチャーズ。

また、米ハリウッド・レポーター紙によると、このほどアンジェリーナの共演者が続々と決定。息子ジェフリー役に子役デボン・ギアハート、聖職者役にジョン・マルコビッチ(「ザ・シークレット・サービス」「ベオウルフ」)、ロス市警警部役にジェフリー・ドノバン(「最後の恋のはじめ方」)、警察署長役にコルム・フィオール(「シカゴ」「エミリー・ローズ」)。このほか、リキ・リンドホーム(「ミリオンダラー・ベイビー」)、エイミー・ライアン(「カポーティ」)の出演が決定済み。

イーストウッド監督作品では「パーフェクト・ワールド」「ミスティック・リバー」など誘拐をテーマにした作品は多いが、今回も重いテーマ。警察の腐敗に立ち向かう母親という難役を好演すれば、アンジェリーナはオスカー主演女優賞を手にするかもしれない(「17歳のカルテ」では助演女優賞を受賞)。

なお、イーストウッド監督は、モーガン・フリーマンネルソン・マンデラ元南ア大統領を演じる「ヒューマン・ファクター(The Human Factor)」(09年全米公開)をこの次の監督作に決定した模様だ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 吐きだめの悪魔
  • アタック・オブ・ザ・キラートマト
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト
  • ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人
  • ファンタズム
  • マッドボンバー
  • 血みどろの入江
  • バスケットケース
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖
OSOREZONE

Powered by 映画.com