エミリー・ローズ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
エミリー・ローズ
5%
46%
38%
9%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

悪魔にとり憑かれた女子大生エミリー・ローズにムーア神父が悪魔祓いを施すが、エミリーは死亡。ムーアは過失致死罪の容疑で裁判にかけられ、野心的な女性弁護士エリンが彼の弁護を担当するが……。実話を基に描いたオカルト・ホラーで、全米初登場ナンバーワンを記録。監督は「ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ」のスコット・デリクソン。撮影は「ブラッド・ワーク」以降のクリント・イーストウッド作品を手がけるトム・スターン。

2005年製作/120分/アメリカ
原題:The Exorcism of Emily Rose
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

3.5惹き込まれました

VF25さん
2019年10月20日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
VF25

3.5おうち-165

かいりさん
2019年7月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

たまに疲れたとき、子供みたいな時間に寝たりして夜中に目覚めることあるけど、
どうか3時だけは寝過ごしてたいと思った。

『オーメン』ぐらいのインパクトを期待すると、裁判がメインなので物足りないかもしれません。
主人公が憑依されているシーンはところどころ出てきますが、この主人公役の女優さんの演技が凄すぎて圧倒されます。
本当にとりつかれている。演技とは思えないくらいすごい。
一昔前まで普通だった、宇宙人みたいなカラコン(黒コン)が生理的に苦手な人にとっては、結構怖いと思います。

そしてこれ、実話なんですね。
フィクションであってほしい。怖すぎる。
裁判員は厳しい判断を強いられたことでしょう。
そしてその後に下った審判。
それも含め、実話なんだと。
はぁあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
かいり

3.0『エクソシスト』では首が回るシーンが有名だが、この映画ではまるで中国雑技団によるイナバウアーのような決めポーズが印象に残る。

kossyさん
2018年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 悪魔が取り憑くのは深夜3時。草木も眠る丑三つ時である。被害者はエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)。最初は原因不明の痙攣と幻覚。医師もさじを投げてしまうほど症状だったが、薬によりなんとか改善が見られそうだったのですが、結局はエクソシストのムーア神父(トム・ウィルキンソン)に依頼し死なせてしまうことになり、過失致死罪に問われてしまう。

 ホラー映画というよりは法廷劇。悪魔の憑依による恐怖映像も流れますが、悪魔の存在をいかに証明するかが映画のテーマとなっています。初期症状である痙攣のシーンでは野村芳太郎監督の『震える舌』を思い出してしまいましたが、音響効果も素晴らしくて、ビク~ンっと体が硬直してしまいそうになりました。そして漫画チックでもあった『エクソシスト』よりもリアルさが溢れていて、やはり実話なのか?と信じてしまいそうになります(はっきりと結論づけたくないのです)。また、映画の中ではかなり脇役でしたが、エミリーのボーイフレンド、ジェイソンが彼女の家族とともに最後まで面倒を看ていたところが良かったです。

 裁判の結果は有罪。しかし、刑の執行は今日で終わりという執行猶予よりも甘い判決でした。陪審員も悪魔の存在を信じた結果として捉えてもよいのでしょうけど、エクソシストとしてカトリックの任務を全うしたムーア神父を評価しただけかもしれません。

 何しろ法廷において悪魔が存在すると認められたら、魔女裁判なども正当化されそうで危険です。司法と宗教というものが相容れないものであるから、悪魔が存在するなどという判例は作れないでしょう。しかし、宗教家としての職務であることも否定はできないので、映画としても結論はぼかしてあるように思えました。まだまだ議論の余地がありそうな問題ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0迫力の演技

ジジさん
2018年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

エミリー役のジェニファー・カーペンターの演技がとにかくすごい。
怖いし不気味です。
なにより実話なのがすごい。

弁護士役のローラ・リニーもよかった。
この方は役によって、イメージすごく変わりますね。
やっぱり女優さんてすごいなー。

少し怖いけど定期的に見たくなる映画のひとつです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジジ
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「エミリー・ローズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。