17歳のカルテ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
17歳のカルテ
15%
55%
27%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

17歳のスザンナはアスピリンを大量に飲んで自殺を図り、親の勧めで精神科に入院する。医師の診断は“境界性人格障害”。情緒不安定で著しい衝動性を持つ精神病だった。同じ病棟の患者は、顔に火傷の痕があるポリー、虚言症のジョージーナ、大食症のデイジー、そしてリサ。常に監視され管理される入院生活の中で絶望感を感じていたスザンナは、病棟のリーダー格であるエキセントリックなリサに惹かれ次第に仲良くなっていく。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第72回アカデミー助演女優賞を受賞。

1999年製作/127分/アメリカ
原題:Girl, Interrupted
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0アンジーの存在感

blank3sさん
2019年12月16日
iPhoneアプリから投稿

暫く観ていないので、感想の詳細を述べる事は出来ないが、
唯ただ、アンジェリーナ・ジョリーの存在感が鮮烈で今も残るほど凄まじい。
ウィノナの繊細な不安定さも◯
何を以って「正常」と「異常」の線引きをするのか考えさせられる、テーマのある作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
blank3s

4.010代で観てもらいたい作品

さん
2019年9月12日
PCから投稿

90年代は境界性人格障害という言葉でしか定義されなかったが、今やこの映画の登場人物たちの様な状態って色んな呼び名に当てはまりますよね。
いずれにせよ、精神病という括りだけでなく、ティーンエイジャーが抱える問題の集大成のような観方の方がしっくりくる。精神的にすごく健康でポジティブな人にはあまり受けが良くない印象がある映画でもあります。

この映画の最高点は2人の主役、ウィノナ・ライダーとアンジェリーナ・ジョリーの際立った演技。特にアンジーが演じるリサはすごい。

ぜひ10代~20代前半の時に観て欲しい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恵

3.5助演女優賞

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

自殺未遂の主人公(ウィノナ・ライダー)は精神病院に送り込まれる。
心を病んだいろんな女の子がいたが、反抗的なリサ(アンジェリーナ・ジョリー)に興味がわく。
アンジェリーナ・ジョリーははまり役だと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5もう20年前の作品なんですね

サラさん
2019年5月16日
iPhoneアプリから投稿

再視聴。今はストレンジャーシングスのウィルの母役がしっくりきていますが、当時はボーイッシュなショートが似合うとても魅力的なウィノナ・ライダー。そして素晴らしい演技力のアンジー。精神病棟での出来事ですが、主人公スザンナが辛いことを乗り越えた辺りからが良かったですね。一番症状が重いリサのその後が気になるラストでした。ジャレッドレトーやミシャコリンズも出演してたんですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サラ
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る