17歳のカルテのレビュー・感想・評価

メニュー

17歳のカルテ

劇場公開日 2000年9月2日
18件を表示 映画レビューを書く

☆5wwwwww

アンジー大好き
私も一時期おかしくなって病院送りでした。
共感できる。たまに凄く見たくなる。
“普通”の人には分からないよ

ニア・ロベッカ
ニア・ロベッカさん / 2019年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アンジェリーナ・ジョリーがすごく若い! 精神病院でいろんな子に出会...

アンジェリーナ・ジョリーがすごく若い!
精神病院でいろんな子に出会って成長していくストーリー
精神病院にいる子達一人一人が個性あっていいキャラクター
してるし観ていて面白い!
若い時ならではの葛藤とか不安そういうのが今の自分にも
当てはまって所々共感したりで色々考えさせられる!
誰かにおススメしたいなぁ!

너구리
너구리さん / 2018年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良作。オススメ。

良作。オススメ。

映画.jp
映画.jpさん / 2018年7月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

I'm not dead. けっこうガチ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ある朝目が覚めた時にフと頭の中でペトゥラ・クラークの「ダウンタウン」が流れていて、何かの映画に使われていて好きだったという記憶を必死こいて思い出して、あ!「17歳のカルテ」だ!!っという事に行き着いて久しぶりに鑑賞しました。(ちなみに「ダウンタウン」の方はAmazonプライム musicに上がっておりました。)

この作品って自ら境界性人格傷害のウィノナ・ライダーが原作を気に入って映画権を買い取って映画化したんですね。アカデミー賞取ったアンジェリーナ・ジョリーばかり注目されてますが、ウィノナもいい演技しています。特にウーピー・ゴールドバーグにバスタブに投げ込まれて言い争うシーンとか、それまで表に出さなかった感情が一気に噴き出して怒ってる所が印象的でした。

作中でスザンナがカウンセリング受けてる時に「女は何人からが淫乱?それじゃ男は」と問答しているのが面白い考えだなっと思いました。確かに男は経験が多くても淫乱なんて言われないですよね。

しっかし、00年代に思いっきり低迷したウィノナ・ライダーが今じゃnetflixで復活して、逆にアンジーがあまり観られなくなるなんて人生とはわからんもんですなぁ。

ちなみに邦題の「17歳のカルテ」は当時キレる17歳が流行っていたから付けられた模様です。もちろん原題は全く別物ですし、劇中でスザンナは18歳以上って言ってましたし、17歳何も関係ないという・・・。でも17歳前後の人は邦題に17歳ってあると気になるでしょうし、これは映画配給会社が上手い事やったと取るべきでしょうか??

アキ爺
アキ爺さん / 2017年11月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3.2

これは10代の女子向けだと思う。
共感はあまりできなかった。

ただ、アンジェリーナ・ジョリーの演技は本当に圧倒された。

「カッコウの巣の上で」を思い出してもう一度見たくなった。

onaka
onakaさん / 2017年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

登場人物達がみんな個性的で魅力的。 みんな世間では受け入れられなか...

登場人物達がみんな個性的で魅力的。
みんな世間では受け入れられなかった人達かもしれないけど、主人公スザンナも段々と受け入れ友情を気付いていく。
特にウィノナ・ライダーとアンジェリーナ・ジョリーの2人が素晴らしく、キャラクターも2人の関係性も良く表現されている。
ウィノナ・ライダーの煮えきらない何がしたいんだお前は!感とか女から嫌われる女感。
アンジェリーナ・ジョリーのエキセントリックさや奔放さ、ぶっ飛んでる感がめちゃくちゃ魅力的。
スザンナとリサが病院を抜け出してから一気に引き込まれる。

精神病院の中という独特のカオスな空気感がありとても良かった。
この映画でアンジェリーナ・ジョリーのファンになりました。

ますん
ますんさん / 2016年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜか何度も観たくなる

深く傷を負った少女たち。
でも、未来は明るい。でも、未来は残酷で
作品自体は澄んでいて、アンジーが美し過ぎます。

Ayaka
Ayakaさん / 2016年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画の内容にあまり入り込めなかった。

映画の内容にあまり入り込めなかった。

tsumu miki
tsumu mikiさん / 2015年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心震える名作。思春期の少女たちの危うさや脆さ、優しさや強さ…アンビ...

心震える名作。思春期の少女たちの危うさや脆さ、優しさや強さ…アンビバレンスな感情のバランスを見事に描かれています。

特にアンジェリーナジョリーは魅力的。

リサとスザンナのラストクライマックスのシーン…人生につまずいたり、社会に絶望した時に思い出したい、スザンナの切なくも力強いセリフが忘れられません。

SaU
SaUさん / 2015年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見た当初ちょうど17歳!

これベスト5に入るってくらい10代の頃何度も観た!まだ有名じゃなかったアンジーを知るキッカケになった。アメリカの17歳は大人っぽいと思った反面過激だなと感じた。
こういう他人に対して攻撃的で危うい所が17歳と痛いくらいわかる。ダウンタウンの歌好きだー。
また、見なくては。

EMI
EMIさん / 2015年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ずっと観てみたくてやっと観た。

もう15年?くらい前の作品なのですね〜
この頃はきっとアンジーより、ノニーの方が人気があったのでしょうが…
アンジー、存在感ありありでカッコよかった❤︎
もっと重いのかと思ってたけどそこまで重くなく思ったより面白かった◎

asimo40
asimo40さん / 2015年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと早くに見たかった

17歳で無くなって
ちょうど1ヶ月後に見たこの作品。
もっと早く見ていたらもっともっと救われたような気がするし共感できたと思う。

タテスジコ
タテスジコさん / 2014年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Girl, Interrupted ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主人公のスザンナは初め、どこにでもいるような普通の女の子に映った。
私自身にもこんなことがあるような。
ストーリーの途中まで、スザンナやリサを隔離している大人たち、世間が彼女たちを普通じゃないと決めつけているんじゃないの?と思えてくる。
じつは彼女たちは普通の考え方、感覚、精神を持っているのに、精神的にその他大勢のみんなと違うからと世間から隔離されてしまった彼女たちのストーリーなのではないかとさえ感じた。
しかし、ストーリー中盤からはスザンナが前向きに自分と向き合う姿が描かれていて、病院を退院していく。
観ている私からも、彼女の“境界性人格障害”という診断が正か否かはわからない。
ながらもスザンナが退院する際、一緒に施設にいた友人たちが"普通ではない"ように見えるよう描かれていたのがすごいと思った。
瞳に輝きがあった頃のリサ、まるで別人のように暗い瞳に映るリサ。
アンジーの演技もまた見応えが有り!
スザンナの視点からく描かれているように感じた。
この映画の内容とは関係ないが、この映画の舞台の年代、アメリカの徴兵制は志願の他に、抽選(誕生日)であったことを劇中で学んだ。
静かにことことと描かれていながらも、エキセントリック。
良かった!

penginbon
penginbonさん / 2014年6月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

突然のどんでん返し ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:70点
ストーリー: 70
キャスト: 75
演出: 75
ビジュアル: 65
音楽: 65

 映画は中盤過ぎまでは殆どを病院の中だけでたいして特筆する出来事もなく平凡に描かれていて、正直それほど面白くもなくちょっと退屈気味といってもいいほどであった。ウィノナ・ライダー演じるスザンナはたまたま親との関係からくるストレスなどでアスピリンを一気飲みしてしまって精神病院入りしたが、それほど精神を病んでいるとも思えず普通に生活をしている。周囲にはスザンナよりもっと精神を病んでいる人がいるが、スザンナ程度の人ならば社会にいくらでもいるだろうといった感じ。この病院内での日常がいったいどれほど重要なんでしょう。

 だがスザンナがアンジェリーナ・ジョリー演じるリサと共に外に逃亡してから急展開が起きる。本音で喋り自分の思いを相手に伝え追い込まなければ気がすまない攻撃性の強いリサの姿を、元患者の自殺という形で嫌と言うほどに見せ付けられる。最初はとまどいながらも比較的簡単に病院にあまり違和感もなくそれまで溶け込んでいたスザンナ。だが逃亡後にリサと別れスザンナ一人が病院に戻ってきてから、だんだん彼女にも視聴者にもこの病院内が実は異常だったという風に見えてくるのだ。
 それはリサが数週間後に連れ戻されてきたときからはっきりする。突然帰ってきた彼女は疲労しやつれ、目は麻薬患者のようにうつろで危険な雰囲気でまるで別人のよう。病院内で強さを持って自由に正直に生きるリサに少し憧れや尊敬を持っていたスザンナだったはずなのに、今では彼女に対して失望を感じ異常さを感じている。リサはその攻撃性ゆえに所詮社会的に不適格な破綻者なのだと気がつき、だからこそリサはここに8年もいるのだと理解する。それは他の患者たちについても同様で、友情を感じつつも一歩引いた位置から冷静に彼女たちの異常さを分析していけるようになる。そう、それまで普通に溶け込んでいたここの世界は、実は異常なのだとわかってしまった。

 大半を占めた途中までのやや退屈な日常が、そのいきなりのどんでん返しへの伏線だった。その描き方が面白い。
 アンジェリーナ・ジョリーの演技だけが注目を浴びているようだが、ウイノナ・ライダーも負けていないと思った。しかし実年齢が役柄とかなり離れていてタイトル通りの年齢には見えないのは残念。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

メンヘラかわいそう

 精神を病んでいる人の話かよ~きついなと思いながら見始めたのだが、登場人物の思いや感情が丁寧に描かれていて同情した。また、60年代の精神病院がどんな様子だったのかとても興味深かった。

 顔がフレディのような火傷でただれた女の子がパニックになった際にドアの向こうから歌を歌ってなぐさめる場面、たどたどしいギターと歌がとてもよかった。

 アンジェリーナ・ジョリーのような悪ぶっていたり強ぶっている人は中身が弱々しいと非常に痛烈に語っているのもよかった。結局精神病院にいる時点で悪ぶったり強ぶったりしてもあまり意味がないように思ったし、とても気の毒だった。

 自殺したいとか言う人は「そんなんだったらさっさと死んじゃえばいい」と短絡的に思うことがあるのだが、想像と現実は遥かに違うということをありありと思い知らされる場面があった。まったくうかつな事を考えるべきではないと痛感した。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2012年7月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

病院は一種の収容所

病院は一種の収容所。

病人を元気に。
病院から始める教育というのもありかも。

でも、教育って一種の価値観の押し付け。怖いな。

精神病………

J.Z
J.Zさん / 2010年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

精神を病むということ

精神科病棟を舞台にした骨太な作品。
文句なしの名作です。

作品紹介にもある通り同じく精神科病棟が舞台の
「カッコーの巣の上で」と比較されがちというのは良く分かりますが、
登場人物の患者達が若い女性たちということで
やっぱり全く別のアプローチになっていると思います。

主演2人の噂に違わぬ熱演ぶりは本当に凄い。
観ているこちらも久し振りに真剣に対峙して観賞した作品になりました。
特にアンジェリーナ・ジョリーの迫力にはアカデミー賞受賞も納得です。

精神を病むということ…。

専門家でなければ定義が非常に難しいことだと思いますが、
誰しもが少なからず悩みを抱えている現代社会。
病棟にいる患者たちと僕たちの明確な境はないんだと思います。

「カッコーの巣の上で」にしても本作にしても
入院は患者の自由意志による決定とのこと。

社会に出て大きな障害に突き当たり
本気で思い悩んだ経験のある多くの方にとって
作品中の主人公の心の動きには共感する部分が少なくないはず。

少なくても僕個人にはシンクロする部分が多くありました。
深い題材を見事な作品に仕上げた作り手側の熱意に拍手。

ぜひ多くの方に観てもらいたい社会派作品です。

※他サイトより転載(投稿日:2008/10/01)

live_at_luxor
live_at_luxorさん / 2009年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

ドロシー、何を学んだの? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「17歳のカルテ」(ジェームズ・マンゴールド監督)から。
舞台は女性のみの精神病院。
当然いろいろな出来事が起こるが、
そんな中、なぜかテレビで「オズの魔法使い」が流れている。
「ドロシー、何を学んだの?」という問いに
主人公ドロシーは「夢は見るだけではダメということ」と答える。
ストーリーには関係ない台詞なのかも知れないが、
どうも私の心に引っかかりメモをした。
「夢はしっかり掴みなさい」ということか。
「夢を目標に変える努力をしなさい」ということなのだろう。
頑張ってみたい・・・。
なんだか、映画「クワイエットルームへようこそ」(内田有紀さん主演)と、
似た感じの作品だったな。
「オーストラリア」にも「オズの魔法使い」が挿入されているし、
影響力が強い物語だということを実感した。

shimo
shimoさん / 2009年3月25日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

18件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報