「ファイト・クラブ」原作者のセックスコメディ小説が映画化!

2007年7月17日 12:00

[映画.com ニュース] 「ファイト・クラブ」(99)の原作者チャック・パラニュークが01年に発表し、かねてから映画化の噂があったベストセラー小説「チョーク!」(早川書房刊)が、ついに映画化されることになった。

医大を中退したセックス中毒の青年が、中毒から抜け出そうと悪戦苦闘するものの誘惑を断ち切れない。そんな中、母親が精神病院に入院。入院費が払えない彼は母親の主治医と関係を持とうとある行動に出る、という原作のテイストそのままのブラックコメディになるようだ。

主人公の青年役に「銀河ヒッチハイクガイド」「コンフェッション」のサム・ロックウェル、母親役に「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のベテラン女優アンジェリカ・ヒューストン。他に「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」のケリー・マクドナルド、「ハリウッドランド」のブラッド・ウィリアム・ヘンケらが共演する。

監督と脚本を、「イン・グッド・カンパニー」「ストレンジャー・コール」にも出演した俳優クラーク・グレッグが務める。監督経験は本作が初めてだが、「ホワット・ライズ・ビニース」で原案・脚本は経験済み。撮影は今週から米ニュージャージー州で開始される。

ロックウェルは、8月下旬に撮影開始されるロン・ハワード監督作「Frost/Nixon」の前に参加する。ヒューストンは、現在ポストプロダクション中のウェス・アンダーソン監督作「The Darjeeling Limited」に次ぐ母親役になる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com