神々の山嶺(いただき)

劇場公開日:

  • 予告編を見る
神々の山嶺(いただき)

解説

夢枕獏の小説を谷口ジローが漫画化した山岳コミックの傑作「神々の山嶺」を、フランスでアニメーション映画化。エベレスト初登頂をめぐる未解決の謎に迫るクライマーたちの姿を描き、第47回セザール賞でアニメーション映画賞を受賞するなど高い評価を獲得した。記録上に残るエベレストの初登頂は1953年だが、伝説的なイギリス人登山家のジョージ・マロリーが1924年6月にエベレストの山頂付近で消息を絶っていたことから、「マロリーが初登頂を成し遂げていたのかもしれない」という説もささやかれていた。ある時、取材でネパールのカトマンズを訪れた雑誌カメラマンの深町誠は、長らく消息不明になっていた孤高の登山家・羽生丈二が、マロリーの遺品と思われるカメラを手に去っていく姿を目撃する。羽生を見つけ出し、マロリーの謎を突き止めようと考えた深町は、羽生の人生の軌跡を追い始めるが、尋常ならざる執念で危険な山に挑み続ける羽生という男の人間性に次第に魅了されていく。やがて2人の運命は交わり、冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑む羽生に、深町も同行することになるが……。日本版は堀内賢雄、大塚明夫、逢坂良太、今井麻美ら実力派声優が吹き替えを担当。

2021年製作/94分/G/フランス・ルクセンブルク合作
原題:Le sommet des dieux
配給:ロングライド、東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27

(C)Le Sommet des Dieux - 2021 / Julianne Films / Folivari / Mélusine Productions / France 3 Cinema / Aura Cinema

映画レビュー

5.0憧れは止められない

2022年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作は、実在の登山家ジョージ・マロリーはエベレストに登頂したのかという謎をモチーフに独自の物語を展開する。しかし、その謎を解き明かすということよりも、マロリーの有名なセリフ「なぜ、山にのぼるのか。そこに、山があるからだ」の精神性に深く切り込むことに重きをおいた作品であると思う。
なぜ危険な登山に挑むのかという問いに対して、合理的で明快な答えはない。そこに山があるかぎり挑まざるを得ない、そういう心持ちがあるのだということだが、その正体はなにかを劇的なドラマで描いている作品だ。
映画は理屈ではない情動を描くことに向いていると思うのだけど、本作ほどそれを証明している作品はなかなかお目にかかれない。危険な山になぜ魅せられるのか、見たことのないいただきの風景にどうして人は突き動かされてしまうのか。この映画を観ればそれが明快にわかる。人は道への憧れを止めることはできないのだ。
本作のように、日本にアニメ市場では拾われにくい原作を海外で映像化してくれる事例がもっと増えるといいなと思っている。普段日本でアニメ化されやすいもの以外にも本当に多彩な作品があるので。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
杉本穂高

4.0フランス製作チームの7年越しの情熱を称えたい

2022年7月11日
PCから投稿

胸に迫る、骨太な作品だった。当初、私の頭には本作に関して「アニメーション手法によって登山シーンを芸術性豊かに表現した映画なのだろう」くらいの想定しかなかったのだが、いやはや、登山シーンの壮大かつ息詰まる表現も素晴らしければ、東京で展開するヒューマンドラマ部分も見応えがある。これは山を介して交錯する”二人の男”の物語。それも一人の写真家の視点に立って、消息不明の登山家の身に起こった出来事を丹念に辿っていくミステリーだ。序盤ではマロリーが遺したカメラがマクガフィン的に用いられるものの、次第に語り手の焦点が「孤高のクライマー、羽生」そのものへ移行していく流れも研ぎ澄まされている。彼らはなぜ登るのか? 山に身と心を捧げた者にしか理解しえない境地とは何なのか? こういった心境を表現する上で、アニメーションという手法がこれほど有効だったとは。7年の歳月をかけて完成させたフランスの製作チームを称えたい。

コメントする (0件)
共感した! 10件)
牛津厚信

4.5執念

2023年3月23日
iPhoneアプリから投稿

人生の節目に出会う作品。

神々の山嶺は最初の会社に入社した時のこと。2ヶ月の本社研修で、寮に住まなければない期間がありました。なので文庫版コミックスで適度な長さの漫画を探していた時に出会ったのが神々の山嶺。

当時はどんな作品かもよく分からず、面白いらしいぐらいの軽い知識しか持っていなかったのですが読み始めたら結局すぐに読みに読み切ってしまうぐらい魅了されたんです。
一瞬でした。
(そのあとすぐプラネテス買いました)

短いながらも濃密な描写と取材内容、シンプルで精緻なデザインされた画。そして、命を賭けた男の飽くなき挑戦と時代を変えるロマン。冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑む羽生の狂気と執念を追いかける深町の姿に魅入ってしまった。

そんな名作をフランスでアニメーション化。
第47回セザール賞アニメーション映画賞を受賞した本作。
まさしく山登りの様に、必要なストーリーを選び、無駄を省き、鋭く選び抜いたストーリーと圧倒的な大自然の迫力。日本語吹き替えには堀内賢雄さんと大塚明夫さんという抜群の安定感。渋かった〜。
渋さの頂きに辿り着いていたのは言うまでも無い。
実写版もありますが、アニメ版の方が個人的には好きです。

大人の渋いアニメーション映画です。
94分でこれだけ描けるのはすごい。

また人生の節目に見たいと思います。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Shouhei O

0.5滅びの美学?このアニメはいささかアナクロだね。

2023年3月2日
スマートフォンから投稿

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る