ショーイング・アップ

劇場公開日:

解説

「ウェンディ&ルーシー」などで知られ、アメリカ・インディーズ映画界で高く評価されるケリー・ライカート監督が、ミシェル・ウィリアムズと4度目のタッグを組んだ作品。芸術家の女性の思うようにならない日常や周囲の人々との関係を、時に繊細に、時にユーモラスに描く。

美術学校で教鞭を取る彫刻家のリジーは、間近に控えた個展に向け、地下のアトリエで日々作品の制作に取り組んでいる。創作に集中したいのにままならないリジーの姿を、チャーミングな隣人や学校の自由な生徒たちとの関係とともに描いていく。

主人公のリジーをウィリアムズが演じた。共演に「ダウンサイズ」「ザ・ホエール」のホン・チャウ、ライカート監督の「ファースト・カウ」に主演したジョン・マガロ、ラッパーのアンドレ・ベンジャミン、「フェイブルマンズ」のジャド・ハーシュ。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

2022年製作/108分/G/アメリカ
原題:Showing Up
配給:U-NEXT
劇場公開日:2023年12月22日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 カンヌ国際映画祭(2022年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ケリー・ライカート
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2022 CRAZED GLAZE, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0柔らかくもじっくり丹念に描かれゆく芸術家の心理と日常

2023年12月29日
PCから投稿

ライカート監督が”芸術家”の心理と日常に迫った物語。気心知れたミシェル・ウィリアムズを主演に据え、オレゴンの美術大学に勤務しつつ、自らも個展開催に向けて作品作りを進める彫刻家の姿を柔らかな筆致で描いていく。現代を舞台にしてはいるものの、ストーリー展開のスピードやじっくりと内面に寄り添う感覚は前作「ファースト・カウ」とさほど変わらない。むしろそのリズムとテンポをあらかじめ知った上で臨んだほうが、ライカートの構築する世界に抗うことなく身を浸せるのかも。かく言う私は今回もこの監督の眼差しに心酔させられた。とりわけ主人公がホン・カウ演じる天才肌の芸術家に対して苛立ちと憧れという二律背反の感情を抱く様や、美大の日常、さらには芸術一家の宿命的な情景にも魅了されることこの上なかった。傷ついた鳩はまるで自らの内面を取り出し客観視したかのようなメタファー。その仕掛けも相まって終着地はとても清々しく心地よい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
牛津厚信

4.0芸術の街、ポートランドで芸術家として生きること

2023年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

アメリカ、ポートランドで彫刻家をしているリジーは作品作りに集中できてない。隣人に給湯器を直すようしきりに催促しているのだが、まるで取り合ってくれないし、飼い猫が傷つけた鳩を獣医に連れていく羽目になるし、同じくアーティストの兄は家に引き篭もり状態だし。そんな芸術家の煩わしい日常が、一見、何の目的もないかのように綴られていく。

ところが、リジーがありきたりの集中力を投入して完成させた、指先で女性の苦悩と表情を表現した粘土彫刻は、個展のテーブルに何点か並べてみると、見事なアートとして仕上がっている。才人の物作りの工程というのは、えてしてこういうものかもしれない。

舞台になるポートランドは芸術の街として世界に知れ渡っていて、街にあちこちにペイントアートやギャラリーが点在している。だからアートが好きな人にとっては天国だろうが、そこで物を作る芸術家たちにとっては、意外に息苦しい場所かもしれないと感じた。まして、リジーの母親は彼女の母校であるオレゴン芸術工芸大学の美術管理者だし、兄が引き籠りになったのはどうやらクリエイティビティに限界を感じたから?みたいだし。

そんな芸術家たちの苦闘と自由に空が飛べる鳩とを対比させることで、作品のテーマがさりげなく明かされるケリー・ライカートの『ファースト・カウ』に続く最新作。日々の葛藤とそこから抜け出す瞬間の喜びは、誰もが共有できるに違いない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
清藤秀人

4.0ケリー・ライカート作品としては外せない一本だと思います

2024年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

去年観た『ファースト・カウ』が良かったので、ケリー・ライカート監督の作品を追っています。

ハリウッドのオーラを消したミシェル・ウィリアムズが凄く魅力的です。

クリエイターの悩みってどこか羨ましい気がするのが不思議。

決して派手な作品ではありませんが、ラストが印象的で後味が良いです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ほりもぐ

3.0【“インディーズ映画の至宝”ケリー・ライカート監督とミシェル・ウィリアムズが彫刻家の日々を淡々と描いた作品。】

2024年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

ー 個人的な話で恐縮ですが、ケリー・ライカート監督作品とは、多分多くの人がそうである「オールド・ジョイ」と「ウェンディ&ルーシー」を見て嵌った口である。
  特に大きなストーリー展開がある訳でもなく(「ウェンディ&ルーシー」は違うかな。)淡々と市井の人達の生き方を描いている点が特徴であると思う。-

■美術学校で講師を務めるリジー(ミシェル・ウィリアムズ)は、来週の個展に向けて大忙し。
 思うように創作活動ができない彼女は、仕事を休み、地下のアトリエにこもって作業を始めてみる。
 だが、大家のジョー(ホン・チャウ)から預かったハトの様子がおかしく、病院へ連れていくことになる。

◆感想

・まさにこの映画は粗筋通りに進む。そこには、リジーの苛立ちが感じられるがそれを大仰に表現する訳でもない。

・リジーの元恋人?である男の精神的に不安定な所も、深く掘り下げる事は無い。

<「A24の知られざる映画」で期間限定で上映された他作品でも同じコメントを書いたが、今作が期間限定で上映され、「ファースト・カウ」(観てねえや。)が劇場でキチンと上映された事が判る作品である。>

コメントする 1件)
共感した! 1件)
NOBU
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ショーイング・アップ」以外にこんな作品をCheck-inしています。