ソングバード

劇場公開日:

  • 予告編を見る
ソングバード

解説

マイケル・ベイがプロデュースし、2020年7月のロックダウン下のロサンゼルスで撮影されたパンデミックスリラー。

2024年、新たな感染症の世界的拡大により外出禁止令が徹底され、ゴーストタウンと化した街。人々は日々検温を義務づけられ、発熱すると自動で通報、感染者は「Qゾーン」と呼ばれる隔離施設に収容される。ウイルスに免疫を持つ配達員ニコはパンデミック下で恋に落ち、ドアやスマートフォン越しに愛を育んできた恋人サラといつか触れ合うことを夢見ていた。ところがある日、サラが感染を疑われ「Qゾーン」に収容されそうになってしまう。恐ろしい陰謀が渦巻く中、サラを救うべく奔走するニコだったが……。

ドラマ「リバーデイル」のK・J・アパが主人公ニコ、「ディセンダント」シリーズのソフィア・カーソンが恋人サラを演じた。

2020年製作/84分/G/アメリカ
原題:Songbird
配給:ポニーキャニオン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5コロナ禍で大切な人と会えない若い世代にはリアルに映るかも

2022年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

単純

興奮

米国でロックダウンが始まった2020年3月、監督・共同脚本アダム・メイソンと共同脚本サイモン・ボーイズの英国出身のコンビがプロットを思いついてピッチ(売り込み)を始め、5月にはマイケル・ベイがプロデュースすると報じられ、6月には主要キャストが決まり、7月から一カ月半(実質17日)で撮影を終え、12月に米国で配信がスタートするという、驚きのスピード感で世に送り出された映画。パンデミック中で制約が多かったことを思うとさらに驚かされるが、何年もかけて準備し進行中だった他作品の撮影などのスケジュールが突然のコロナ禍によりほぼ白紙状態になったことで、ソフィア・カーソンやアレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ウォルター・ハウザー(「リチャード・ジュエル」主演)といった若手スターからデミ・ムーアのような大御所まで、急遽キャスティングされてすぐに撮影という、平時にはあり得ないことが可能になったのは不幸中の幸いと言えるだろうか。

実際にロックダウン期間中のロサンゼルスで撮影されたそうで、閑散とした市街地の実景にVFXを加えて終末世界のような荒廃感をうまく表現している。もっとも物語の中心としては、自由に外を動き回れる数少ない免疫者として宅配の仕事をしているニコ(K・J・アパ)と、アパートでクラスターが発生して一緒に住む祖母が発症してしまい追い詰められるサラ(ソフィア・カーソン)という、携帯電話やドア越しでしか会えない恋人二人が降りかかる災難に翻弄されながらも立ち向かう姿が描かれる。パンデミックとロックダウンはサスペンスの道具として都合よく使われるのみで、感染症の大流行とそれに対峙する人間についての洞察や解決に向けたメッセージがあるわけでもなく、深みにかける点は否めない。

それでも、友達同士で会って話したり、恋人同士でデートしたりといった、以前なら何の気兼ねもなしにできていたことが、コロナを境に突然ハードルの高い行為になってしまったことを思うと、そうしたコミュニケーションを切実に求める若い世代にはリアルに映るのではないだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
高森 郁哉

3.5こんな時代の恋愛

2022年11月6日
Androidアプリから投稿

まさに今…

コメントする (0件)
共感した! 1件)
かし

4.0以外に…

2022年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

幸せ

個人的には満足。ドキドキ感はほぼ無く皆自分の大切な人の為に、頑張っている正統派の内容で、最後も読めてしまったのは…だが、皆さんのコメントほどではなかった。
僕自身が単純だからだろうけど。
仮に日本では法律上あんな強引なことはできない(上海のロックダウンを彷彿とさせる)と思いますが、バカな政治家だったらやりかねないかもしれない…
危機感を持たせる啓蒙的なことも狙っていたのかな…

コメントする (0件)
共感した! 4件)
ろくさん

5.0ロックダウン下で錯綜するドラマを短い尺でタイトに活写した野心作

2022年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2024年のLA。致死率が56%を超えたCOVID-23が蔓延、ウィルスに免疫を持ちIDパスを持つ者以外は外出を禁じられ街は荒廃していた。毎日の検温が義務付けられ、発熱が発覚すると問答無用でQゾーンと呼ばれる隔離地域に強制収容されてしまう。免疫者で配送ライダーのニコには祖母リタと二人暮らしのサラという恋人がいるがドアホン越しにしか会うことが出来ずいつか二人で旅をすることを夢見ていた。そんなある日リタが発熱、サラともどもQゾーンに収容される危険が迫っていることを知ったニコはサラを救うべく奔走する。

コロナ禍だからこそ出来た映画というと、『ズーム/見えない参加者』、『ザ・バブル』、『アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ』、『哭悲 THE SADNESS』辺りがすぐに連想されますが、本作もその系列でロックダウンで人影が消えた街をディストピアに見立てた低予算作品。マイケル・ベイ製作総指揮という売りですが派手さは微塵もなく、リタのために奔走するドラマを軸に免疫不全の娘がいる富豪夫婦が手を染めた闇商売、モーテルの一室で弾き語りを配信している歌手志望の女の子と彼女を応援する元軍人といったサイドストーリーが並走する凝った構成を84分というタイトな尺に纏め切った結構な力作。主演陣は無名ですが、脇を固めているのがデミ・ムーア、ピーター・ストーメアといったベテランなのでどっしりとした安定感があります。個人的には歌手志望の女の子メイを演じているアレクサンドラ・ダダーリオに胸を掻きむしられました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よね
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る