シチリアを征服したクマ王国の物語

劇場公開日:

シチリアを征服したクマ王国の物語

解説

イタリアの作家ディーノ・ブッツァーティが1945年に発表した名作児童文学「シチリアを征服したクマ王国の物語」を映像化したフランス・イタリア合作によるアニメーション映画。遥か昔。クマたちは頂が氷で閉ざされた高い山で静かに暮らしていた。ところがある日、クマの王レオンスの息子トニオがハンターに捕えられてしまう。レオンス王は我が子を救うためクマたちを引き連れて山を降り、人間が住む平地を目指す。彼らの行く手には残忍な大公や化け猫、人喰い鬼、幽霊、魔法使いなど、数々の難敵が待ち受けていた。監督は、「ザ・ニューヨーカー」などの雑誌イラストやカンヌ国際映画祭のポスターイラストで知られるイラストレーターのロレンツォ・マトッティ。「レッドタートル ある島の物語」のプリマ・リネア・プロダクションズがアニメーション制作を担当。

2019年製作/82分/フランス・イタリア合作
原題:La fameuse invasion des ours en Sicile
配給:ミラクルヴォイス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - INDIGO FILM

映画レビュー

4.5世界の歴史はこうなっている

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

世界とはこうなっているという、大変に的確な寓話。人間とクマが争っているシチリア。人間の国王は、独裁で人々を従えており、息子を助けたいだけのクマを暴力的に対応する。そんな人間たちにクマたちは知略を用いて戦を挑み、息子を奪還、さらに人々を圧政から解放する。シチリアは、クマが支配する国となる。
しかし、クマもまた権力を得ると、腐敗し、欲望にまみれていく。どんな正義の勢力も権力に吞まれるとおかしくなってしまう、善良だったクマでさえも。
世界の歴史は往々にしてそういうものだった。映画は、それに加えて若い世代の希望を描いている。クマと少女の絆を通して、それでも分かり合う努力は大切だと伝える。
この作品は、児童文学を原作した子供向けアニメーションと言っていいが、子ども騙しではない。世界がこうなっているんだということを、分かりやすく深く伝えている。本当の考え抜かれた子供向け作品は、大人の心すら撃ち抜けるという最良の見本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

3.5北欧?欧州っぽいアニメーション

CBさん
2022年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

腹が減って山を下りてきたクマと人が団結して大団円、というのが前半で、彼らを指導する立場にたったクマ(レオンス王)は「蜜の時代」と呼ばれる人とクマが永遠に栄えると思われた時代を過ごした。ところが後半は、とある盗難事件の犯人捜しで「クマは盗まない」と人だけを調べたことをきっかけにして、人とクマの調和はみるみる崩れていく・・。

北欧?欧州っぽいアニメーション
色の対比で示される四季の描写はみごとなものでした。

以下は印象的だったセリフたちですが、ややストーリーがねたばれしてるかもしれないので、気になる人は観てから読んでください。
「山の生活の方が単純だった」と語る苦しみの中のレオンス王
「王子ならmになの手本となれ」と強要し。とうとう息子を牢獄に入れてしまうレオンス王。
「王は息子が嫌いなの?」「・・・愛しすぎていたのかもな」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CB

3.0鑑賞動機:ディーノ・ブッツァーティ10割

なおさん
2022年5月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原作未読。『待っていたのは : 短編集』を読んで、かなりダメージを受けたので、このテイスト(あれとかほぼ日野日出志ホラー)だったらどうしようと、おっかなびっくり鑑賞。
てっきりイタリア語かと思っていたら、フランス語のようで。アルメリーナの声(レイラ・ベクティ)を聞くと、吹替伊藤沙莉は容易に想像できた。いい声。
前半は児童文学で想定される範囲、後半はもっと大人向けにシフトした感じ。

で、熊爺は何と言ったのか。

jig theaterにて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.0実にクマクマしいクマファン必見のクマアニメーション

2022年3月2日
Androidアプリから投稿

新宿武蔵野館、字幕版で鑑賞。原作イタリアだがアニメはフランス制作で仏語。クマの王様がイケボである。

監督はイラストレーター、バンド・デシネ作家で、色彩やレイアウトは美しく、ビビッドカラーも子供が見ても楽しいだろう。
旅芸人と女の子が語り手となることで、飽きさせない工夫もある。

メインのキャラは手描きしつつ、モブクマや兵隊などCGキャラを併用。グラデーション影の効果もあって柔らかい印象を受ける。
クマたちは腹ペコだが勇敢に戦い、楽しいときはダンスもする。しかし、王国の支配者となると、彼らも堕落の手を逃れることはできなかった。

シチリア島は何度も征服され支配者が変わっている土地で、歴史面も合わせて見るとより楽しく見られるだろう。
大人から子供まで広くオススメしたい。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A・ガワゴラーク
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シチリアを征服したクマ王国の物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。