雨を告げる漂流団地

劇場公開日:

雨を告げる漂流団地

解説

「ペンギン・ハイウェイ」「泣きたい私は猫をかぶる」を手がけたスタジオコロリドによる長編アニメーション第3作。取り壊しの進む団地に入り込み、不思議な現象によって団地ごと海を漂流することになった小学6年生の少年少女たちが繰り広げるひと夏の別れの旅を描く。

姉弟のように育った幼なじみの航祐と夏芽は小学6年生になり、近頃は航祐の祖父・安次が亡くなったことをきっかけに関係がギクシャクしていた。夏休みのある日、航祐はクラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に忍び込む。その団地はかつて航祐と夏芽が育った、思い出の家だった。航祐はそこで思いがけず夏芽と遭遇し、のっぽという名の謎の少年の存在について聞かされる。すると突然、不思議な現象が起こり、気が付くと周囲は一面の大海原になっていた。海を漂流する団地の中で、航祐たちは力を合わせてサバイバル生活を送ることになるが……。

監督はこれが長編2作目となる、「ペンギン・ハイウェイ」の石田祐康。2022年9月16日から劇場公開と同時にNetflixで配信。

2022年製作/120分/G/日本
配給:ツインエンジン、ギグリーボックス
劇場公開日:2022年9月16日

その他の公開日:2022年9月16日

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

監督
脚本
森ハヤシ
石田祐康
企画
山本幸治
プロデュース
山本幸治
プロデューサー
齋藤響
アニメーションプロデューサー
鈴木孝輔
金苗将宏
キャラクターデザイン
永江彰浩
キャラクターデザイン補佐
加藤ふみ
絵コンテ
石田祐康
渡辺葉
間崎渓
竹内雅人
木村拓
増田惇人
福田裕也
助監督
増田惇人
演出
渡辺葉
間崎渓
竹内雅人
木村拓
増田惇人
クリエイティブアドバイザー
佐藤順一
総作画監督
永江彰浩
作画監督
近藤直
西村幸恵
黄捷
加藤万由子
荻野美希
三浦菜奈
薮本和彦
水野良亮
坂口歌菜子
渡辺暁子
平井琴乃
櫻井哲也
宇佐美晧一
篠田貴臣
斎藤暖
レイアウト監修
水野良亮
美術監督
稲葉邦彦
色彩設計
広瀬いづみ
CGディレクター
竹鼻まゆ
撮影監督
町田啓
編集
木南涼太
音楽
阿部海太郎
音響監督
木村絵理子
主題歌
ずっと真夜中でいいのに。
挿入歌
ずっと真夜中でいいのに。
制作
スタジオコロリド
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)コロリド・ツインエンジンパートナーズ

映画レビュー

3.5小学生版エニエスロビー

2024年2月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ままま

2.5ひょっとしたら、最近無かった類いの作品と思ったが…

2024年2月1日
Androidアプリから投稿

違っていた。
感動できる児童映画か?
ジュブナイル冒険作品?
そう思い込んでいた。
前情報は予告編のみ、こちらも少年少女見守るつもりで観始めた。
しかし、感動と言うほど心は動かなかった。
期待はしていた。画的にも音楽的にも悪くはなかった。
しかしストーリーが…空想寄りかつ曖昧で、不意に現れる観覧車とか「お前何?」である。後は食料がよくもったと思うし、怪我して死にかける展開が複数回あり、「こんなにハードで子どもとか着いてこれるのか?」と心配になる。
観客も育ってない層が見に来そうな作品なのに、いったいどんな年齢層を狙っていたのか?
120分ってのも長い…この手の作品で2時間は長い
元が流行りの小説、マンガ、TVアニメ、ドラマでない以上、上手く仕掛けないと厳しい興行収入になってしまう…。

もはや作品の感想ではないが、相応の歳を経た自分は懐かしさは感じても、失っていく消失感に鈍感になった気がしてならない。お気に入りのラーメン屋、映画館、本屋、オモチャ屋、駄菓子屋、色んなモノを見送ってきたが、昨今の不愉快な日本の現状では資金力のあるものが要領よく物事を進めるため、どこのどなたに1番都合が良いのか分からないものを「これが正しい」と押し付けれている気がしている。“無駄なもの”“効率の悪いもの”“儲からないもの”と言う秤にかけて、色んなものをスポイルしている事に自身も加担している。こんな世界に擬人化されて出てくる建造物が現れても、所詮モノでしかないのでは?と思ってしまうと終わりになってしまう。
命失えば、魂の抜け殻である身体はモノなのでは?とすら思ってしまう。
この作品がどうすれば傑作になれたのか?と素人が考えても仕方がないし、作品として世にでてしまっているからどうしようもないが、そろそろ、子どもが観たいだけの映画でない児童映画が作られてほしい。
勿論、儲けられないと作られないから興行収入を生まない作品にはチャンスは無いのだけれど。
マンガやテレビ作品の映画化で集客が見込めるから映画化っていうのもよーく分かるんだけど…
作品作ってる奴等に人の褌で相撲取ってばかりじゃダメだ!って人に出てきてほしい。
原作者が居て、売れてるのを適当に映像化して売って儲けるのは売るだけの奴等からすりゃ正解なんだろうけど、ロマンの欠片もないし胸を張ってする仕事って気がしない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うにたん♪(何観ても文句書きそうな気分)

3.5昭和の団地ノスタルジー

2023年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

難しい

ペンギン・ハイウェイの石田祐康監督の作品。ペンギン・ハイウェイ同様に、小学生が本当に小学生らしいのがよかった。いつの時代も小学生は変わらない。子供の頃、まさに劇中に出てくるような昭和の団地に住んでいたわたしには全てが懐かしかった。エンディング曲と挿入歌の、80年代のニューミュージック(というジャンルがあった)を彷彿とさせるアレンジにもグッときた。そして、小学生はよく怪我をする。あまり後先考えずに行動するから。女の子の怪我が本当に痛そうだった。わたしも小学生の時、遊んでいて団地内の道路の縁石につまづいてこけて、車止めのコンクリートの杭に顔からぶつかって下唇の下をザクッと切ってしまったことがある。あれは痛かった。まだ少し跡が残っている。それを思い出した。

しかし、団地ノスタルジーだけで2時間引っ張るのはちょっとしんどかったかも。話は進展せず、もうちょっと笑いや謎解き要素があってもよかった。なんかモヤモヤが残る。Netflixで視聴したが、何度か途中で一時停止してあと何分あるのか確認してしまった。アニメの技術は特級なだけに、もったいない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
jfs2019

4.0昔からの良きジュブナイルもの

2023年12月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

可もなく不可もなくだけど昔からよくある良きジュブナイルもの。映像的にも物語的にも無難なのだが、言うほど悪くはなくむしろ良品といった感じ。

児童文学系の夏休みアニメといった感じだが、最近は変なにわかオタク、ファッションオタクの自己願望投影向けやアニメに逃げ込みたいオタク向けの、言ってしまえばオタク達に心地のいいアニメばかりが増えて、こういう子供達が見て何かを得れる。自分達を投影できるような作品が減っている中、ペンギンハイウェイなどと同様に子供が子どもらしく頑張ったり考えたり足掻いたり、子供が見るからこそ何か得られる作品。そんな作品はやはり素晴らしいと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
細雪
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る