THE GUILTY ギルティ

劇場公開日:

解説

電話から聞こえる声と音だけで誘拐事件を解決するという、シンプルな設定と予測不可能なストーリー展開で高い評価を獲得した同名デンマーク映画を、ジェイク・ギレンホール主演・製作でアメリカを舞台にリメイク。911緊急通報センターに勤務するコールオペレーターのジョー・ベイラーは、1本の謎の電話から、通報者の女性が何者かに拉致されたことを予測する。電話から聞こえてくる声と音だけを頼りに彼女を助けようとするジョー。しかし、次第に何もかもが自分の思っていることとは違っていることに気づき……。イーサン・ホーク、ライリー・キーオ、ポール・ダノ、ピーター・サースガードら実力派キャストが、ジョーと電話を通じて交わる人物として声の出演。監督は「トレーニング デイ」「イコライザー」のアントワン・フークア。脚本に人気テレビシリーズ「TRUE DETECTIVE」のニック・ピゾラット。Netflixで2021年10月1日から配信。それに先立つ9月24日から一部劇場で公開。

2021年製作/91分/アメリカ
原題:The Guilty
劇場公開日:2021年9月24日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0オリジナル版に比べ密室性や主人公の孤独癖が希薄

2023年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

オリジナルのデンマーク版が面白かったので、ギレンホール主演のこのリメイクも見てみた。こちらも面白いことは面白かったが、同じ設定とストーリーなのに米国とデンマークではスタイルが大きく違うという印象だ。

オリジナルは緊急通報室の中という密室性や、主人公の孤独癖という特徴が濃厚で、だからこそ主役のヤコブ・セーダーグレンの不器用なキャラクターがその男性的な声とともに魅力を発揮していた。

米国版の同じく一つの部屋が舞台なのだが、室内の警官たちとのやり取りが賑やかだし、やたら多い私用電話が彼の境遇を説明過剰なほどに浮き上がらせてしまうので、何だか密室性があまり感じられず、この作品の最大の特徴が削がれている感じがする。だから主人公のキャラクターも浮かび上がってこない。

ストーリー、会話がよく練られている点は共通なので、ともに緊迫感は伝わってくるが、オリジナルが地味な主人公の地味な告白でさわやかさを感じさせるのに対し、米国版はやはり派手なギレンホールのにぎやかな告白で終わる。

好みの問題だが、小生はオリジナルに軍配を挙げたい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
徒然草枕

2.040点

2023年6月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

映画評価:40点

元々の方は観てないですが、
ほとんど室内からお送りしてるので
制作費をかけずに面白い作品を作るという点で
ナイスアイディアだなと思いました。

ただリメイクにすると、
B級感が仇となって
薄暗い印象を受けました。

内容自体は面白いし、
どうなるんだ?という
ドキドキ感もあります。





でもですよ、

主人公を筆頭に
全く共感出来ないんですよね。

仕事仲間は仕事仲間だし、
被害者や加害者、通話者が
ほとんど異常な精神状態で
全体的に会話になってない。

最後、主人公がギルティしますが
そこは良かったです。
タイトル通りの作品でした。

【2023.6.9観賞】

コメントする (0件)
共感した! 0件)
まぁと@名作探検家

3.5スカッとしません!

2023年5月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人的には面白かったです。
ただ、映像美や派手さはないので映画館で見る必要はないかなと思います。
よく出来たストーリー、コスパのいい構成で、登場人物達はどうなるんだろうと想像して惹き込まれます。
ただ、同じ映画を2回見る事はないと思います。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
8rumak1

3.0デンマーク映画のリメイク

2022年11月13日
PCから投稿

元のデンマーク映画をアントワーン・フークア監督、ジェイク・ジレンホール主演でリメイクした本作。

ストーリーやセリフは、ほぼデンマーク版のままで目新しさはない。
ただ元が良く出来ているサスペンスなので初見の人は楽しめると思う。
細かいセリフが終盤に活きてくる展開が秀逸。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
エス
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る