1941 モスクワ攻防戦80年目の真実

劇場公開日

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実
15%
58%
17%
6%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ナチスドイツの侵攻からモスクワを防衛し、第2次世界大戦の流れを変えたとも言われる「モスクワ攻防戦」を描いたロシア製戦争大作。第2次世界大戦下の1941年10月、ソ連に侵攻したドイツの大軍は、モスクワを目指して進軍する。首都が陥落すれば、ソ連の敗北とナチスの勝利が決定的になる。モスクワを死守するため、兵力不足のソ連軍は訓練中の学生兵を戦場に送り出すことを決め、ポドリスク兵学校士官候補生のラヴロフやディミトリ、看護師のマーシャら3500人に及ぶ若者たちが過酷な最前線に送られる。撮影にあたり、激戦の地となったイリンスコエ防衛ラインのあった土地に、村や道路、川や橋なども正確に再現。ソ連・ドイツ両軍の戦車なども博物館に保管されていた本物を使用するなど、壮大なスケールと臨場感で、ロシアの歴史に残る戦いを描いた。

2020年製作/142分/ロシア
原題:The Last Frontier
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5砲兵と野戦砲が“主役”になる、希少な戦争アクション映画

2021年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

史実に基づく戦争活劇でメインの兵器と主人公(または主要人物たち)の組み合わせといえば、戦闘機とパイロット、戦車と搭乗兵、潜水艦や戦艦と艦長、狙撃銃とスナイパーあたりが定番だ。もちろん、群像劇のスタイルで司令官をはじめ士官や前線の兵を多数登場させて戦局を描く戦争大作も作られてきた。

本作も、侵攻するドイツ軍と首都モスクワを死守せんとするソ連軍との攻防という第2次世界大戦の重要な戦局を扱ってはいるが、ドラマの主人公は兵学校で訓練を受けていた士官候補生であり、仲間ともに急遽前線に駆り出された彼は移動式の野戦砲を担当する砲兵になる。戦車などに比べると兵器の地味さは否めないが、敵の爆撃を受けてトーチカに配置していた野戦砲を大急ぎで移動させたり、門扉のようなカモフラージュ用のカバーをロープで開閉してトーチカ内の大砲を敵に見つからないようにするなど、砲兵と野戦砲の戦いぶりがこれまでにない丁寧さで描かれていて興味深い。

たまたま今の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でも学徒出陣の話が出てきたが、階級の高い年長の士官が後方に陣取り、若者たちが消耗品のように前線に送られるのはどの国の軍隊でも一緒。今なお軍事パレードを誇らしげに続けているロシアの映画だけに、製作陣には国威発揚の意図もあっただろうが、この国での鑑賞は戦争の悲惨さと愚かさを再認識する機会になればと願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
高森 郁哉

3.5命懸けの抵抗を、ナチスに見せつけてやります

2022年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

3.0勿体ないおもちゃ箱

lynx09bさん
2021年12月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

惜しいなぁ…。アレコレ詰め込み過ぎてとっちらかっちゃってるし、時間も必要以上に長くなってしまってる。もう少し硬派な方に削りとれれば、ゾクゾクする様なものになった気がする。主人公サイドの砲兵隊と歩兵&偵察部隊の絡みは良かったが、「パールハーバー」的なロマンスがなぁ…。アッチもアレが一番宜しくなかったのにね。でも、クドくはないしラストを考えると「まぁ、しゃーない」とは思えるのだけれども、いらなかったかな(苦笑)。
砲撃戦の緻密と大胆さや裏をかくためのスパイ戦をもっと観たかった気がしました。婦長さんとか良かったのだけれどもね。
惜しいなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lynx09b

4.5戦争の真実に近いのではないか!

nahiさん
2021年12月4日
iPhoneアプリから投稿

初めから圧倒的な爆撃、安心する時などない戦場に怖いと感じた。字幕がロシア語なので、限りなく戦闘が続くのかと恐怖が湧いた。しかし、戦場の中にも愛があり、友があり、人間の暖かさがあった。でも、戦争はそれらを容赦なく奪い去る。ハリウッド映画の様な美化はなく、ヒーローなどいない。とても悲しい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
nahi
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る