裸足で鳴らしてみせろ

劇場公開日:

裸足で鳴らしてみせろ

解説

寡黙な青年ふたりの愛と欲望の行方を、偽りの旅と肉体のぶつかり合いを通して描いた青春映画。「オーファンズ・ブルース」がPFF(ぴあフィルムフェスティバル)アワード2018でグランプリを受賞した新鋭・工藤梨穂監督が、PFFスカラシップ作品として制作した商業映画デビュー作。

父の不用品回収会社で働く直己と、市民プールでアルバイトしながら目の不自由な養母の美鳥と暮らす槙。ふたりは美鳥の願いをかなえるため、直己が回収して手に入れたレコーダーで“世界の音”を記録することに。サハラ砂漠、イグアスの滝、カナダの草原など各地の名所の音を記録していく中で、互いにひかれながらも触れ合うことができない直己と槙。言葉にできない彼らの思いは、じゃれ合いから暴力的な格闘へとエスカレートしていく。

「オーファンズ・ブルース」の佐々木詩音が直己、「蝸牛」の諏訪珠理が槙を演じる。

2021年製作/128分/G/日本
配給:PFF、マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2020 PFFパートナーズ(ぴあ、ホリプロ、日活)/一般社団法人PFF

映画レビュー

5.0音の映画

2022年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いい映画には必ずいい音があるのだけど、音が褒められることはほとんどない。とてももったいないことだと思う。この映画を観れば、映画にとって音がいかに大切かわかる。音が想像力を刺激し、僕たちを映画の世界に連れて行ってくれる。この物語は、音の持つ「想像力を刺激する」力に着目している。
目の見えなくなった母のため、男は古い録音テープを持って世界中を旅して入院している母に送る。台湾やイグアスの滝、サハラ砂漠、アンテロープキャニオンなど。しかし、本当は彼は街を出ていない。砂漠の音は陸上グラウンドの砂場で、イグアスの滝の音は近くの滝でといった風に、工夫して世界の音を作り上げていくのだ。観客はそのことをわかっているが、テープから聞こえてくる音に耳を澄ますと、たしかにそこには砂漠が広がり、巨大な滝があるかのように思える。テープの音のシーンになったら目をつぶってみるといい。世界中を冒険している気分になれる。
映画なのに、目をつぶった方がいいシーンがある。これはすごいことだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

1.5申し訳ありませんが、何の映画かわかりませんでした…。

caduceusさん
2022年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

工藤梨穂監督、商業映画デビュー作ということで、おめでとうございます。
ところで、観る人に何を伝えたかったんでしょうか?申し訳ありませんが、意味がわかりませんでした。
レビュー不能作品ということで、あしからず。

#140

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
caduceus

4.5世界は広がっている。

masaさん
2022年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ということを感じさせてくれる作品。俳優たちの顔や、繊細な芝居がとても魅力的でした。低予算で撮られていると想像しますが、この監督が大作を撮ったらどうなるのだろうかと、次回作にも期待します。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
masa

2.5アンテロープの光を音で感じる

bionさん
2022年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 目が不自由な養母のために、世界旅行を音で届ける。これに関連するシーンは、とてもよかった。養母の美鳥は、カセットテープから聞こえる音を耳だけではなく、失われた視覚も含めて五感全てで感じる。風吹ジュンの演技はそれを観客に伝えている。

 風吹ジュンが登場しない大半のパートは、ノイズだらけで不快でしかない。じゃれあいなのか、プロレスごっこなのか、変形BLなのか、「理由なき肉体のぶつかり合い」に何度も付き合わされて、辟易を通り越して怒りすら感じる。

 こんな作家性ならば、封印しておいて欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bion
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る