明け方の若者たち

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

WEBライターのカツセマサヒコによる長編小説デビュー作を、「君の膵臓をたべたい」「東京リベンジャーズ」の北村匠海主演で映画化。大都会・東京に生きる若者に訪れた人生最大の恋と、何者にもなれないまま大人になっていくことへの葛藤を描く。明大前で開かれた退屈な飲み会に参加した“僕”は、そこで出会った“彼女”に一瞬で恋をする。世界が“彼女”で満たされる一方で、社会人になった“僕”は、夢見ていた未来とは異なる人生に打ちのめされていく。“僕”が恋に落ちる“彼女”を「カツベン!」の黒島結菜、“僕”の会社の同期で後に親友となる尚人をテレビシリーズ「ウルトラマンタイガ」の井上祐貴が演じる。監督は、自身も俳優として活動するほか「ホリミヤ」「21世紀の女の子」などでもメガホンをとる若手の松本花奈。

2021年製作/116分/R15+/日本
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

映画レビュー

3.5「街の上で」と「劇場」の中間に位置する“シモキタ・ムービー”

2021年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

下北沢映画祭からの依頼で企画された今泉力哉監督による“ご当地映画”「街の上で」(2021)を筆頭に、又吉直樹原作・行定勲監督「劇場」(2020)、少し前には魚喃キリコ原作・冨永昌敬監督「南瓜とマヨネーズ」(2017)など、下北沢を舞台に若者たちを描く映画が近年増えている。もっとも本作「明け方の若者たち」の冒頭は明大前だし、途中で高円寺も登場するので、下北沢限定というわけではないのだが、特に印象的なロケーションとして使われているという意味で大雑把に“シモキタ・ムービー”とくくれるのではなかろうか。“サブカルの街”下北沢で、音楽や演劇などの夢を追う(そして往々にして挫折する)若者たちの生きざまに恋愛模様をからめて描くことが、定番化しつつあるのかもしれない。また同時多発的に同じロケーションの映画が作られることは、ある作品の登場人物が別の作品の人物と道ですれ違っていたりして……という妄想を促したりもする。

本作で北村匠海が演じる“僕”と、黒島結菜が扮する“彼女”の関係性は、「街の上で」の回遊するような軽やかさと、「劇場」の突き詰めた重さの中間あたりだろうか。“僕”と“彼女”の恋愛にはある秘密があり、その事実は後半になってから回想シーンで明かされるのだが、この構成は巧みでもあり、ずるいとも感じた。その事実ゆえに二人が逡巡し葛藤したであろう内面を、あまりにもあっさりと、ある種“おしゃれな雰囲気”で流している気がするのだ。この二人の恋愛を肯定的に受け止められるか、そうでないかによって評価も大きく変わるだろう。

松本花奈監督は若干23歳ながらそつなく、手堅くまとめすぎている気もする。オリジナル脚本で撮った作品もいつか観てみたい。

個人的な経験で恐縮だが、二十代から三十前後に下北沢と高円寺に住んでいたことがあり、朝まで仲間と飲み明かす感覚も痛いほどわかる。「街の上で」の評で書いたことだが、かつて当たり前にできていたささやかな楽しみが、昨今はコロナ禍のせいでハードルが上がってしまっていて、今の若い世代は少し気の毒だなとも思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

4.0マジックアワーと若者たちへのエール

マサさん
2022年1月29日
iPhoneアプリから投稿

下北沢や明大前って最近あまり行かなくなってしまったが、やはりあの雰囲気はいいなあと実感。

明け方まで飲み明かし、壮大な夢を語るのはこの歳になると逆に新鮮で、どの世代の人たちにも今の窮屈でどこかくらいこの世の中を少しでも幸せな時間を取り戻せるのかもと思いました。

若い時は年上の異性に惹かれることは誰にでもあるはず。既婚者との恋愛経験は自分にもあるが、時間が経った後思うといい経験だったと言いきれます。

黒島結菜さんと井上佑貴さんの映画出演は今回初めて見ましたがとても良かったです。黒島さんの凛とした美しさは本映画の伏線とも言えます。
そして山中崇さん、佐津川愛美さんの脇役の演技も良かったです。

来週は部下にエールを送ろうと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサ

4.5なんか思ってたんと違うええ映画でした。

まぁさん
2022年1月28日
Androidアプリから投稿

思ってなかったストーリーと
それぞれの若者から青年になっていく気持ちが、よく分かると共に。
それだけの話しでは、終わらないストーリーに少し驚きと戸惑いと切なさが、
ギュッときました。

観てよかったと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まぁ

4.0夜明け前

2022年1月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっちゃんイカ
すべての映画レビューを見る(全94件)