アンテベラム

劇場公開日:

アンテベラム

解説

「ムーンライト」「ドリーム」のジャネール・モネイが境遇の異なる2人の人物を1人で演じた異色スリラー。人気作家でもあるヴェロニカは、博士号を持つ社会学者としての顔も持ち、やさしい夫と幼い娘と幸せな毎日を送っていた。しかし、ある日、ニューオーリンズでの講演会を成功させ、友人たちとのディナーを楽しんだ直後、彼女の輝かしい日常は、矛盾をはらんだ悪夢の世界へと反転する。一方、アメリカ南部の広大なプランテーションの綿花畑で過酷な重労働を強いられている女性エデンは、ある悲劇をきっかけに仲間とともに脱走計画を実行するが……。ヴェロニカとエデンの2役をモネイが演じている。製作に「ゲット・アウト」「アス」のプロデューサー、ショーン・マッキトリック。

2020年製作/106分/G/アメリカ
原題:Antebellum
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0映画における約束事を逆手に取った仕掛けと、人種差別をエンタメで描く覚悟

2021年11月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

知的

本作を特徴づけるとりわけ大きな要素はやはり、ストーリーテリングにおける仕掛けだろう。評者は幸い、「ゲット・アウト」「アス」のプロデューサーが関わっているという事前情報だけで鑑賞できたので、その仕掛けに作り手の思惑どおり驚かされ、大いに感心した。ネタバレを避けるためぼかして書くと、見た目からこうだと思い込んでいた“世界”が、途中からまるで違っていたことが明らかになる。M・ナイト・シャマランが好んだ仕掛けに近いかもしれない。

もう一つの大きな特徴は、「ゲット・アウト」「アス」に通じるが、黒人への人種差別をエンターテイメントのフォーマットで描く姿勢だ。冒頭で「過去は死なない。過ぎ去ることさえない」というフォークナーの言葉が引用される通り、奴隷制が廃止された現在の米国でも、人種差別はなくなっていない。センシティブなテーマであるがゆえ、劇映画で描くなら真摯な社会派ドラマの仕立てになるのが定番だが、本作は敢えてサスペンス、コメディ、ホラーの演出を組み合わせてユニークなエンタメ作品に昇華させた。監督を務めたのは、本作で長編映画デビューを果たしたアフリカ系のジェラルド・ブッシュと白人のクリストファー・レンツという珍しい組み合わせの米国人コンビ。「ブッシュ+レンツ」を名乗って活動しているそうで、今後の作品にも大いに期待したい。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
高森 郁哉

4.0変わってないじゃないかよ!

2022年10月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

黒人の虐待の歴史がスリップしたと思ったら、携帯が現在に引っ張ってくる。
現実に感じられる息苦しさ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
すぅ

4.0先に予告とか読んじゃダメよ

2022年10月9日
iPhoneアプリから投稿

事前情報ゼロで見ると、かなり面白いです。ドンデン返し、と言うか叙述トリック的な作品が好きな人にはたまらない、2度見たくなる作品ですね。近年のスリラー作品の中では数少ない傑作です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ガイル

4.0おもしろい

2022年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Nov
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る