プリンセス・ダイアナ

劇場公開日:

プリンセス・ダイアナ

解説

イギリスのダイアナ元皇太子妃の半生を描いた初の劇場用ドキュメンタリー。1981年にチャールズ皇太子と婚約する数週間前から1996年の突然の死までの約16年間にスポットを当てる。

チャールズ皇太子とのなれそめ、歴史に残るロイヤルウェディング、息子たちの誕生、離婚にまつわる様々なスキャンダル、政治さえも動かした慈善活動、そして衝撃的な事故死と世界中が悲しみに暮れた葬儀。当時のニュース映像やホームビデオなどあらゆるアーカイブから厳選した映像をつなぎ合わせ、ダイアナの生きた軌跡をありのままに振り返っていく。

監督は「本当の僕を教えて」でアカデミー短編ドキュメンタリー賞にノミネートされたエド・パーキンズ。

2022年製作/109分/G/イギリス
原題:The Princess
配給:STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

Photo credit: Kent Gavin

映画レビュー

4.5ドキュメンタリー界の風雲児が描く「われわれ大衆とダイアナの歪な関係」

2022年10月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 2件)
村山章

5.0ようやく点が線につながり、さらには、面が見えるようになるダイアナ妃の半生を、中立的な視点で描いた初のドキュメンタリー映画!

2022年9月30日
PCから投稿

イギリスのダイアナ妃については、これまで映画やニュース等で、断片は把握していましたが、あくまで断片で、正直なところ本当のダイアナ妃を知らない状況が続いていました。
ただ、本作を見て驚いたのは、「19歳でチャールズ皇太子と婚約する数週間前」から「36歳で事故死」までを、かなり中立的な視点で分かりやすく描いていて、ようやくダイアナ妃とはどのような人物だったのかを知ることができました。
単なる憶測ではなく、当事者らが「不都合な真相」を語っているのも衝撃的でしたし、かなり出来の良いドキュメンタリー映画でした。
映像では、世の中がダイアナに熱狂していることは見ていましたが、まさかこんな状況が生まれていたとは。まるで良質なミステリー映画を見ているような出来で、引き込まれていきます。

まずは、まだ19歳という若さでイギリスだけでなく世界を魅了する存在になっていたことに驚きました。
そして、チャールズ皇太子の本心が、マンガのようにフィクションかと思わせるような壮絶なものであったことに驚きました。
「ダイアナ妃の圧倒的な存在感」×「チャールズ皇太子の凄まじい本心」によって、当然の如く、イギリスの王室をも揺るがすような大騒動になるな、と様々な状況が納得できました。
本作は、過去に使われていない映像を中心に構成されているため、当時を知っている人が見ても、さらに俯瞰して見ることが可能になると思います。
1997年8月31日の事故死から25年の時を経て、本作が公開されます。
そして、まさにこのタイミングで、本作でも登場するエリザベス女王が2022年9月8日に96歳で死去するなど、何かとイギリスの王室が注目が集まっていますが、これを機にダイアナ妃の半生やイギリスの王室を知るために見ておきたい作品です。

コメントする (0件)
共感した! 9件)
細野真宏

3.0日本語版主題歌が良い!

2022年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画もなかなか面白かったけど、ZARDの歌がとても良かったです!
よくぞこの曲を選んでくれたと、感激しました!!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カズ

4.0ドキュメンタリー

2022年11月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

ダイアナ妃を扱った映画で、人生後半の苦悩を役者が演じた映画か、ドキュメンタリー映画か、迷って、こちらのドキュメンタリー映画を観た。一人の人生をたどるので、ドキュメンタリーでも見ごたえがあり、彼女の遺した功績も改めて実感した。エンディング曲は、なんで?と、思ったけども。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mannna
すべての映画レビューを見る(全33件)