デンジャー・ゾーン

デンジャー・ゾーン

解説

「キャプテン・アメリカ」シリーズのファルコン役で知られるアンソニー・マッキーが主演と製作を務めたSF戦争アクション。戦争が続く近未来。ドローン操縦士のハープは、2人の兵士を犠牲にして38人の兵士の命を救うが、命令に背いての行為だったため、再教育として紛争地帯へ送り込まれる。そこで彼の上官となったリオ大尉は、軍の最高機密であるAIを搭載したアンドロイドだった。核攻撃を阻止する極秘任務に就いた彼らは、死と隣り合わせの危険な戦場へ乗り込んでいくが……。マッキーがリオ大尉、テレビドラマ「スノーフォール」のダムソン・イドリスがハープを演じた。監督は「大脱出」のミカエル・ハフストローム。Netflixで2021年1月15日から配信。

2021年製作/115分/アメリカ
原題:Outside the Wire

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0人間はAIに従えるのか

2021年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

AIの上官に人間の部下、というアイデアが面白い。AIの進歩は日進月歩でいつか人間の知能を超えるだろうと言われるが、もし本当にそういう時代が来たとして、人間は素直にAIに従えるものだろうか、という疑問は誰もが抱いたことがあるんじゃないだろうか。
おそらく、人間は素直にAIに従わないのだろう、本作でもロボット差別主義者などがちょいちょい登場するが、やはり純粋な知能だけでロボットをあっさりと受け入れるほど人間はよくできていない。
本作の主人公がドローンパイロットなのも面白い。モニタ越しにしか戦場を知らない主人公が、AIの上官に連れられ、戦場のリアルを体験する。主人公は、戦場においては感情を度外視して被害を最小限に抑える方法を取るべきだという非人間的な考えの持ち主で、AIの上官は逆に感情豊かであるという逆転現象も面白い。終盤のドンデン返しの展開に疑問を持つ人もいると思うが、個人的には面白いと思った。あれは、AIは人間にはできない判断ができてしまうのだという描写なのだろう、そしてこの映画を見る我々も人間なので、そのAIの判断の正当性を正しく理解できないのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
杉本穂高

4.0すごく面白い

2022年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
吉泉知彦

3.02045年問題

2021年12月30日
Androidアプリから投稿

21167.自己否定するA.I.は、スカイネットと異なる道を選択

コメントする (0件)
共感した! 0件)
movie

3.0よくぞ殺人するよね

2021年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

殺されるのは特に女性をいじめ酷使する悪漢どもではあるが、しかしまあ、そんなにリベンジで殺さなくてもいいのにとおもう。中東戦争などで侵攻したアメリカ人のトラウマなんでしょうか?Netflixのドラマ・映画は黒人がたくさん出てくる。日頃アフリカンには見慣れてないから、なんとなくなじめないところがある。ブラックのひとは表情が分かりにくいし。デンゼル・ワシントンぐらいなら好きだけどね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
昭和の後期高齢者
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る