誰かの花

劇場公開日:

  • 予告編を見る
誰かの花

解説

団地のベランダから落ちた植木鉢を巡る偽りと真実の数々を描いた人間ドラマ。鉄工所で働く孝秋は、薄れゆく記憶の中で徘徊する父・忠義と、そんな父に振り回される母・マチのことが気がかりで、実家の団地を訪れる。しかし忠義は数年前に他界した孝秋の兄との区別がつかない様子で、孝秋を見てもぼんやりとうなずくだけだった。ある日、強風の中で団地のベランダから落下した植木鉢が住民に直撃し、救急車やパトカーが出動する騒ぎが起こる。父の安否を心配する孝秋だったが、忠義は何事もなかったかのように自宅にいた。ベランダの窓が開いたままで、忠義の手袋に土が付着しているのを見つけた孝秋は、父への疑いを募らせていく。「ケンとカズ」のカトウシンスケが主演を務め、吉行和子、高橋長英が共演。横浜のミニシアター、シネマ・ジャック&ベティの30周年に向けて企画・製作された作品で、横浜のとある団地を舞台に、これが長編2作目となる横浜出身の奥田裕介監督がメガホンをとった。

2021年製作/115分/G/日本
配給:ガチンコ・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5【愛する人を突然、事故で失った人たちの深い喪失感と、赦しを描いた作品。高年齢化する社会への警鐘。 交通事故被害者の実態。今作は、様々な見方を見る側に委ねる作品であると思う。  】

2022年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

ー 今作は、観る側に解釈を委ねる映画であると思う。予告編のトーンでは、年老いた両親(
高橋長英&吉行和子)が住むアパートから、風の強い日にベランダから植木鉢が落ち、越して来た家族の父親が亡くなった事を、認知症になった父への疑いを抱いて行く息子(カトウシンスケ)という作品の様に思えた。ー

◆感想<Caution!内容に触れています。>

 ・だが、今作を鑑賞すると、植木鉢を落としたのは、両親の家の隣室に住む男(篠原篤)であるように描かれている。
 少し、混乱したところである。
 では、何故父の手に嵌められた手袋に土が付いていたのか・・。
 何故、ヘルパーの女性は植木鉢を落としたのが、認知症の父と思ったのか・・。

 ・大切な人を交通事故で失った人達の集まりの場、あすなろ会の人々の言葉などを聞いていると、この作品は愛する人を突然失った人たちの深い喪失感を描こうとしたのかとも、思う。

 ・男の兄は、昔交通事故で亡くなっているように、描かれているし、男がそのことに深い哀しみを抱えている事も後半描かれている。

 ・今作で、一番不穏なのは、植木鉢により亡くなった男の妻(和田光沙)の息子(太田流星)の行動である。
 生卵を落としたり、あすなろ会主催の男の車の運転席に乗りアクセルを吹かせたり、極めつけは篠原篤演じる男が住みにくくなり、引っ越しをした後に男の前で逆立ちをし、同じく逆立ちをした男の脇を擽った後に、腹に一発拳を入れる。
ー 彼だけは、犯人を知っているのであろうか・・。-

<今作は、様々な見方を見る側に委ねる作品であると思う。
 高年齢化する社会への警鐘。
 交通事故被害者の実態。
 鑑賞後も、イロイロと気になる所の多い作品である。>

<2022年7月23日 刈谷日劇にて鑑賞>

コメントする (0件)
共感した! 2件)
NOBU

2.0結局真実は?

2022年4月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

中途半端で重苦しいだけでした。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
あらじん

3.5自分だったらどうする

2022年4月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 4件)
りあの

2.0脚本に違和感あり過ぎ

2022年4月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
sato
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る