すくってごらん

劇場公開日

  • 予告編を見る
すくってごらん
32%
45%
17%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エリート銀行マンが左遷先で出会った金魚すくいを通じて成長していく姿を描いた、大谷紀子の同名人気コミックを実写映画化。これが映画初主演となる歌舞伎俳優の尾上松也と「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子が共演する。些細なことにより左遷され、東京本社から片田舎の町へやってきた大手メガバンクのエリート銀行マン・香芝誠。荒んだ気持ちを抱えていた香芝は、左遷初日に金魚すくいの店を営む美女・吉乃と運命的な出会いを果たし、彼女に一目ぼれをする。生来のネガティブな性格と左遷のショックから心を閉ざし、仕事だけを生きがいに生きていくことを心に決めていた香芝だったが、吉乃のことがなかなか頭から離れず、なんとか彼女と仲良くなろうとするが……。監督は「ボクは坊さん。」「ラスト・ホールド!」の真壁幸紀。ヒロインの吉乃を演じる百田が、役名の生駒吉乃として主題歌を歌っている。

2021年製作/92分/G/日本
配給:ギグリーボックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

映画レビュー

3.5邦画ミュージカルへのアレルギー緩和に貢献するか

2021年3月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

幸せ

見たところ宣伝方針としては「ミュージカル」と呼ぶのを避けているようで、“ポップエンターテインメント”と表現しているが、予告編を見てもミュージカルのスタイルを採用しているのは明白だ。日本映画とミュージカルには食べ合わせの悪さのようなものがあるのも確かで、欧米のミュージカル映画やインド映画の歌と踊りのシーンは楽しめるのに、邦画ミュージカルには居心地の悪さを感じてしまう人も多いのではないか。

ただし本作には、そうした邦画ミュージカルへの苦手意識やアレルギーに配慮した工夫も見られる。いくつかの場面で楽器弾き語りのスタイルにした点も、シリアスな演技をしていた日本人俳優が唐突に歌い踊り出す時に覚えがちな違和感を緩和するのに貢献している(当然「ラ・ラ・ランド」も参考にしただろう)。女性の着物姿や水の中の金魚をとらえる映像もポップな感覚で美しく仕上げられており、若い世代や外国人にも受けそうだ。

1984年生まれ、2015年公開作「ボクは坊さん。」で劇場用長編デビューした真壁幸紀監督が、歌舞伎俳優の尾上松也、ももクロの百田夏菜子という境界を超えて活躍する2人を起用し、若手ながら難しいジャンルに果敢に挑戦した点に敬意を表したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

5.0まさに艶やか。詩的な世界を彩る、新感覚ミュージカル!!

2021年7月18日
PCから投稿

楽しい

幸せ

萌える

【賛否両論チェック】
賛:艶やかな世界観の中で、主人公達の不思議な出逢いが紡がれ、運命が変わっていく様が、観ていて心温まる。優しい楽曲の数々も魅力。
否:そもそものミュージカルへの好き嫌いは分かれそう。終わり方にも賛否がありそうなところか。

 一言でいうなら、“艶やか”という言葉がピッタリな作品です。どん底の左遷銀行員・香芝と、金魚すくいの少女・吉乃、そして2人を取り巻く王寺や明日香といった登場人物達が、良くも悪くも現実離れした雰囲気の中で、運命を交錯させていく様が印象的です。始めは数字や仕事が全てだった香芝が、その出逢いによって変わっていく姿は、どこか切なくもあり、またどこか可愛げでもあったりします。
 そしてご覧になっていただくと勿論分かるように、タイトルの「すくってごらん」にも、“(金魚を)掬う”と“(傷ついた心を)救う”という2つの意味が込められているのが、遊び心もあってステキだなと思いました。
 ミュージカルテイストなので、そもそもの好みはあるかと思いますが、登場する楽曲も魅力的な物ばかりなので、その辺にも要注目です。
 忙しい毎日にふと疲れた時の、一服の清涼剤になるような、そんな雰囲気の作品です。是非チェックしてみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
門倉カド(映画コーディネーター)

3.0予習がいる

ふわりさん
2021年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ミュージカルだったり、1人だけ異世界に住んでるヒロインが出てくるので、なかなか入り込みずらいし、ラストも曖昧で終わる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

4.0夢の世界にいるような、なんともフワフワした心地よい感覚を味わった

Lucky!さん
2021年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この作品、映像やら演出やらがなんか面白い!

映画というよりも、尺の長いミュージックビデオでも見ているような感じ?
なので、アート作品という感覚で観るのが正解なのかもしれない。

ストーリーに関しては、どうやら原作のコミック本とは全く違うようです。
ノー天気であり意味不明でもあり、ポップコーンを食べながらで丁度よい内容です。
ただ、夢でも見ているかのような幻想的な世界観とルーズなストーリー展開が
堅苦しい現実世界を忘れさせてくれ、しばらくこの世界に浸かっていたいな~
と感じる不思議な映画でした。

特に気に入った点はというと、
まず、ロケ地の奈良県橿原市今井町の街並み
改めてグーグルマップでも確認したけど、風情があるし美しい。
日本古来の建物に囲まれた街なので色彩的には地味なのだけれど、
劇中ではその中に派手な遊郭を思わせるような金魚すくい店があって
周りとのコントラストが効いてて、これまた華やかで美しい。

その金魚すくい店内の空間がまた、田舎町に似つかわしくなく
水槽が近代的な雰囲気にライトアップされていておしゃれ!
東京のイベントで見るようなやつですよ。
そんな不思議なギャップがある店で、店番をしているのが
またまた謎めいた雰囲気の和服美人?(百田夏菜子)なのであります。
まさに夢の世界!

そんな夢の世界で、ミュージカル仕立てによる物語が進行していきます。
このミュージカルがまたまたまた普通じゃない。
ユニークでいて、なんかカッコよかったりもして、
やっぱりミュージックビデオ寄りの作品です。
他にも特徴的な点は多々ありますが書ききれないので以上

そんなわけで、ストーリー的にはせいぜい3.0点ぐらいの評価ですが、
何とも言えない余韻が残る映画・・・、いや、アートか?・・・、
作品だったので、
えーい、4.0つけちゃえ!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Lucky!
すべての映画レビューを見る(全70件)