トゥルーノース

劇場公開日

トゥルーノース

解説

北朝鮮強制収容所の過酷な環境で生きていく家族とその仲間たちが成長していく姿を、生存者証言を参考に描いた長編アニメーション。1950年代から始まった在日朝鮮人の帰還事業により北朝鮮に渡ったヨハンの家族は、両親と幼い妹とともに金正日体制下の北朝鮮で暮らしていた。しかし、父親が政治犯の疑いで逮捕されたことにより、母子は強制収容所に入れられる。極寒の収容所での苛烈な生活に耐え忍びながら、家族はなんとか生き延びていたが、収容所内の食料確保によるトラブルによって母が殺害され、自暴自棄となったヨハンは次第に追い詰められていく。そんなヨハンは、死に際に母が遺したある言葉により、本来の自分を取り戻していく。監督の清水ハン栄治が、収容体験をもつ脱北者にインタビューをおこない、10年の歳月をかけて作品を作り上げた。2020年・第33回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品。

2020年製作/94分/G/日本・インドネシア合作
原題:True North
配給:東映ビデオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2020 sumimasen

映画レビュー

5.0人間らしさをいかに失わないでいられるか

2021年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これはすごい映画だ。北朝鮮という国は、外から正確なことを見つめることが難しいが、本作はそれをやろうとしている。しかも、市井に生きる等身大の北朝鮮の人々のことを描こうとしている。
北朝鮮で生きる人々の等身大の姿を映す序盤から、過酷な収容所生活へとすぐさま展開していく。政治犯の強制収容所は、衛星写真などでしか我々は見ることができないが、本作はその内部に入り込む。過酷な生活と労働で、人間性を失っていく人々の実態がこれでもかと描かれる。
主人公家族の兄は、抑圧する側に一度は回る。妹と母親はどれだけ苦しくても人間らしさを失わない。それはいかにして可能なのかはわからない。監督はタイトルに2つの意味を込めたという。一つは北朝鮮の真実という意味。もう一つは英語の慣用句でトゥルー・ノースは、「絶対的な羅針盤」という意味だそうで、人としてのあるべき姿、生きていく道を見失わない家族の姿を重ねているのだという。監督は、絶対的な人間性の強さを信じる人なのだろう。この映画を見ると、そういうものは確かにあるのだと信じさせてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
杉本穂高

4.5驚愕の北の真実

tunaさん
2022年7月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

狂気の国。
いつの日か改国される日を祈りたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0脱北してカナダへ渡った北朝鮮・青年の告発

琥珀糖さん
2022年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2020年(日本/インドネシア)監督:清水ハン栄治のアニメ映画です。
北朝鮮の政治犯強制収容所で、過酷な毎日を生き抜く、
日系家族とその仲間たちを描いた映画です。
《ファースト・シーン》
ひとりの眼鏡の青年が、
カナダのトークショー番組で観客に話しかけています。
(彼の名前が誰なのか?私の予想はラストで大きくハズれました)

脱北者は話します。
ある通訳をしていた男性は、日本に手紙を書いただけで、政治犯として
強制収容所に連行されてしまったこと。
別ルートで、妻と子供2人も連行され、裕福な暮らしを追われて、辺境の
強制収容所に連れて行かれるのです。
強制労働に粗末な住居。
足りない食糧、不衛生で劣悪な環境、寒さ。

北朝鮮の事情は私たち日本人はけっこう詳しいと思います。
ワイドショーやニュースショーでよく取り上げられるので、知っています。
多くの国民が餓死していたこと。
綺麗な若い女性は「喜び組」の名で、歌や踊りを披露したり幹部に接待を強要されること。
「密告」が盛んで、チクられる前に「チクる」のが習慣化している。

常々思うのは、北朝鮮に生まれなくて良かった・・・と。
親を選べないように「生まれる国」も選べません。

朝鮮半島は1948年。
金日成(キム・イルソン)率いる北朝鮮と李承晩(リショウバン)率いる韓国に分断されます。
その後1950年6月朝鮮戦争が勃発。
この戦争によりアメリカ軍から日本国の各企業への発注が急増して、
日本経済は戦後の不況から脱出した。
これが、《朝鮮特需》と呼ばれるのです。
その後日本はバブル期を経てGDP世界第二位の国にまで成長する。

南北朝鮮で分断した北は、貧しい国土、寒い気候を選ばざる得なかったことも
その後の貧しさの原因と思われる。
それ以上に金日成(キム・イルソン)の共産国の形態が独裁政権で、権力者を崇拝することを国民に強いる
ばかりで、産業を育てなかった。
息子の金正日(キム・ジョンイル)は更に独裁的で、核開発に多くの経費をかけて国民の幸福を蔑ろにした。
更にその息子の金正恩(キム・ジョンウン)は更なる核開発に多額の国家予算を費やしている。

映画は、強制労働施設でも、老人に食べ物を分け与えるヨンハの母親のような犠牲的な人も多くいました。
それにしても一番許せなかったのは、将校などの兵士が、若い女性をレイプして、
妊った女性は銃殺されていた。
本当に《鬼畜の所業》

脱北者の青年の告白が終わり、客席に家族の姿が写されます。
彼が誰なのかを知りました。
家族が誰かも知りました。
それを見て、更に複雑な気持ちになりました。
《独裁国家・北朝鮮の人権侵害は決して許されない》
その思いを強くする映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖

3.5北朝鮮強制収容所

2022年3月27日
iPhoneアプリから投稿

北朝鮮の強制収容所の話。

北朝鮮の実態みたいなのを強烈に感じられるというところで貴重だが、違和感は2点。
微妙なアニメ調、また主人公たちの会話がナチュラルな英語。あと。話も淡々としている分長い。

映画的な楽しみを味わうものではなく、知識欲を満たすというタイプの映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
やべっち
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る