大綱引の恋

劇場公開日:

大綱引の恋

解説

「半落ち」「陽はまた昇る」など数々の作品を手がけ、2020年3月に急逝した佐々部清監督の遺作。鹿児島で400年以上の伝統を誇る川内大綱引を軸に、主人公の恋愛と彼の家族の姿が描かれる。35歳独身で奥手の有馬武志は、鳶の親方で大綱引の師匠でもある父の寛志から、早く嫁をもらって、しっかりとした跡継ぎになれとうるさく言われていた。ある日、ふとした事件から韓国人研修医ジヒョンと出会った武志は、ジヒョンと次第に心を通わせるようになる。その頃有馬家では、母の文子が定年退職を宣言し、家事を放棄したため、家族たちが頭を悩ませていた。年に一度の一大行事である大綱引が迫る中、武志はジヒョンから2週間後に帰国すると告げられる。主人公の武志を三浦貴大、韓国人研修医のジヒョンを知英がそれぞれ演じ、比嘉愛未、石野真子、松本若菜、中村優一、西田聖志郎、朝加真由美、升毅らが顔をそろえる。

2020年製作/108分/G/日本
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2020「大綱引の恋」フィルムパートナーズ

映画レビュー

3.0名匠が最期に描いた家族の肖像

2021年5月28日
PCから投稿

普段あまり自ら進んで鑑賞しないタイプの映画ではあるが、この新型コロナの影響でちょっとした国内旅行もままならない中、このご当地ムービーを覗いてみたい気持ちがどうしようもなく高まった。恥ずかしながら川内市の大綱引きという行事について初めて知り、そのクライマックスの迫力には「こうでなきゃ」という充実感が込み上げた。その前後は、とにかくシリアスからコミカルまで様々なドラマが起こるので、これを楽しめるかどうかはひとえに観客側の受け取り方次第。それにも増して私は、このご当地映画の裏テーマともいうべき「日の当たらないところで必死に踏ん張る人」という視点に心惹かれた。この世の中には人知れず地道に努力する人々が少なからず存在する。また彼らの頑張る姿を人は意外としっかり見つめているもの。思えば、佐々部清監督作品はいつもそういったところにきちんと視線を投げかけていたように思う。これが遺作となった事が惜しまれる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

2.5常々思うことですが

ちゆうさん
2022年4月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なぜ人間は苦しみや悲しみに遭遇しないと団結出来ないのだろうか?

普段から後悔しないように協力すればいいのになぜ?

人間は切羽詰まらないと本気になれないんだろうな、国も家族も同じだね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちゆう

4.0引き合う戦い

2022年4月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

何十年前に見に行った川内大綱引。
熱い川内の綱引きの戦いは、男たちだけの戦いではなく、地域住民みんなの戦い。
しかも引き合うという、なんて平和的な戦い方なんだろうって思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

2.0恋愛表現が下手

kenさん
2022年4月3日
Androidアプリから投稿

せっかくの歴史的イベントを題材にしてるのに俳優の恋愛表現が下手過ぎる!無理やりキスでは何も伝わら無いのでは?家族でも殴り合いは短絡的でしょう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ken
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る