劇場公開日 2021年5月7日

大綱引の恋のレビュー・感想・評価

3.414
18%
41%
27%
9%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全14件を表示

3.5ひ一度訪れてみたい祭のひとつになった

2021年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 薩摩川内市の川内原子力発電所には2021年3月現在、日本で稼働中の5ヶ所9基の原発のうちの2基が存在する。原発のない社会を作ろうというスローガンで2016年に県知事に当選した三反園訓は、その後立場を変えて、川内原子力発電所の再稼働を容認してしまった。鹿児島県の有権者がそんな裏切りを許す筈はなく、2020年の県知事選挙ではあっさりと落選し、鹿児島県で初めての1期だけの知事となった。

 本作品は原子力発電所や県知事選とは無関係で、川内大綱引を舞台に、地方の人々の人間模様を生き生きと描いている。佐々部清監督は映画「この道」や「八重子のハミング」で人の優しさを上手に表現していて、それぞれにとても感動した記憶がある。本作品ではまた一段と優しい人ばかりの登場するあたたかいドラマを見事に完成させている。返す返すもその早すぎる死を惜しむばかりだ。
 主人公の有馬武志を演じた三浦貴大は本作品のために体を鍛えたのだろうか。随分と逞しい体つきで、見た目からして地方の青年らしい。役作りは大したものだ。「八重子のハミング」で強くて優しい夫を演じた升毅が本作品では狂言回しの重要な役どころを担っていて、大綱引のアナウンスは見事の一言に尽きる。芸達者の石野真子、嫋やかな美人の比嘉愛未が脇を固めて、知英が武志の相手役ジ・ヒョンを務める。申し分のない配役である。
 川内大綱引の一番太鼓の役割は、他所者から見たら何の意味もないが地元では大役である。郷に入れば郷に従えで、こういう文化や価値観は尊重すべきものだ。価値は人間が創造する。それが人々に鬱憤のはけ口や楽しみを与えてくれるものならその価値は大きい。川内大綱引にはその両方がある。コロナ禍が終息して旅行が解禁になったら、ぜひ一度訪れてみたい祭のひとつになった。

 川内原子力発電所はあと3、4年で稼働期間が40年になる。原発の寿命とされる歳だ。薩摩川内市の沖は中央構造線の西端に当たる。稼働中の原子力発電所を大地震や津波が襲わないことを祈るばかりである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

3.5地方再生映画としては100点

ゆうさん
2021年5月14日
Androidアプリから投稿

演出が良い意味で昭和の良き時代。ベタベタなシナリオだがそれも最後の大綱引きの迫力ある画の伏線としては良いのかも。
なぜあんなに大綱引きに人々が惹かれるのかもう少し分かりやすく見せないと関係者にしか伝わらないし共感出来ないのでは。綱引きが終わるまで妊娠知らせないとか友のために骨折するとか少し行き過ぎのような気もするが。
升さんの司会ぶりも素晴らしい。
別に馬鹿にしている訳ではないが地方の映画を年に数回しか見ない人たちにはかなり響く作品だと思う。
画はかなりいい作品。
佐々部清監督遺作になったが惜しい監督だと改めて思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゆう

3.0なかなかの純愛です。

2021年5月12日
Androidアプリから投稿

朴訥としたところから、始まる、純愛に切なくなります。
お互いを知り尽くした、幼馴染みとは、結ばれナイのも憎らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
酒呑童滋

4.5男と女の居場所は、綱引きの時空間

茶々丸さん
2021年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 伝統行事を通して、行きかう人々の愛と絆を描いてます。そもそも綱引きというイベントが祭りとしては、珍しいと思ったら韓国とご縁があったとのこと。これをベースに物語は進むのですが、由来はともかく時間をかけて作られた行事は人の一生を左右する力がありますね。
 人と人、男と男がぶつかり合う迫力はいいもんです。コロナによって、距離をとれなんて言われる世の中からは、愛と絆は生まれないのではと考えさせられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
茶々丸

4.0【故郷の伝統行事を誇りを持ち伝承する男達、支える女達の姿を幾つかの恋愛模様を絡めて描き出した作品。佐々部清監督、有難うございました。】

NOBUさん
2021年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

幸せ

ー 伝統行事の継承が大変だろうことは、学生時代に世間で有名な祭りの下っ端の下っ端のそのまた下っ端をヤラサレタので、何となくは分っている積りである。
 今作は、父親が”川内大綱引の花形、”一番太鼓”を叩いた”男タケシ(三浦貴大)が、父の姿に憧れつつも一度は町を離れ、祭りからも身を引いていた過去もあり、祭りの下っ端として祭りを支える裏方に徹しようとするところから、始まる。ー

■感想
・後半、長時間かけて、俯瞰も含めて撮影された大綱引の熱気が、大スクリーンから伝わって来るシーンが圧巻である。

 ”令和元年”と良く出てくるので、当時撮影されたのであろうが、半裸の男達が“上方”"下方”の別れて大綱を三千人が参加した、観ている側も力が入るシーンである。
 そして、”上方”の”一番太鼓”を叩くタケシに声援を送る、韓国の研修医で恋仲になったジヒョン(知英)とタケシの病んだ母(石野真子)、そしてタケシの幼馴染の男勝りの”テンコ”(松本若菜)の姿と、
 ”下方”の”一番太鼓”を叩く漢気のあるゲンタロウ(中村優一)の恋人であり、タケシの妹アツコ(比嘉愛未)が応援する姿の対比。
 ー 祭りのシーンを映画で撮るのは、費用的にも構図的にも大変だとよく言われるが、この映画はこのシーンを観るだけでも、価値があると思う。
 実際の本番の6日後に再現したそうである・・。ー

・序盤は、奥手のタケシが父に引け目を感じながらも、ジヒョンと恋仲になって行く姿や、タケシの母の病が明らかになったり、カズコとゲンタロウの恋する姿が、散発的に描かれたり、韓国からの観光客がやってきたり、やや散漫な感じがあるが、
 比嘉愛未さんと、松本若菜さんをうっとりと見ながら(おバカである・・。)中村優一さんの、男らしい佇まい、顔が印象的で、”この人、誰だろう・・”と思いながら、楽しく鑑賞。

・大綱引の準備のシーンや、三役を任命するステップなども興味深く鑑賞。
 ー ”見ている人は、見ているんだよ”とタケシに声を掛ける大将の言葉。ー

・大役、”一番太鼓”に任命されながら、神社の階段から落ちるシーンは、”???”と思ったが、そういう事なのね。リュージ、漢気があるなあ・・。

<多少、ストーリー展開が粗い所もあるが、熱気あふれる”大綱引”のシーンが観れて満足した作品。
 祭りが暫く出来ない現況、この映画で祭り気分を体感するのも良いのではないかと思う。女優陣も、素敵なくキャスティングだったし・・。(個人的嗜好・・)
 そして、佐々部清監督へ。
 「チルソクの夏」を始め、「半落ち」「日輪の遺産」「ツレがうつになりまして」を鑑賞させていただきました。
 今作もそうですが、性善説に立った優しきトーンの映画が私は好きでした。
 安らかに・・。そして、お疲れさまでした。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

4.0【この綱引きのルールをもっと知りたい】

ワンコさん
2021年5月8日
iPhoneアプリから投稿

いや、難しかった。
川内大綱引きのルール‼️
あの、放送の説明だけだと分からないよ。

でも、なんか、勇壮な感じは出てたと思う。

僕の田舎にも勇壮なお祭りがあって、盆暮は帰らなくても、お祭りだけは帰省するってのもいます。

勇壮すぎて、ごくたまに人が亡くなります。

この作品、ストーリーはベタだけど、なんか知英、比嘉愛美、松本若菜、女優陣三人とも健気な感じを出しててグッときたから、加点します。

お母さんも長生きしてな‼️

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ワンコ

2.5映画公開感謝、祭りは感動的だね

2021年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

幸せ

まずは、映画公開感謝です。週に一回は映画観たいですが、GWはユリコのおかげで全国的に映画公開延期。田舎はいい迷惑。

映画は、、、昭和歌謡って感じですね。
ベタな設定、ベタはセリフ、ベタな展開。
正直、なんども失笑。

脚本かな?こんな予想通りな脚本あるかな?初めて脚本書いたのかな?

ポスターも予告も、昭和臭が凄かったので、予想通りと言えば予想通り。

これはラブストーリーでもないね。どの登場人物も薄っぺら。ドキドキもしないし。典子だけちょっと良いけど。

ただ、、、祭りのシーンは感動した。薩摩川内にはなんの縁も思い入れもないけど、大の大人がこれだけ地元を愛して真剣になれるものがあるって良い事だね。去年も今年も中止でしょうから。
コロナのニュースで〇〇祭りが中止って、聞くと、そりゃしょうがないと思っていましたが、このストーリーで、コロナで祭り中止になったら、、、と思うと、切なすぎる。

ちょっと離れた右後ろのおじさんは寝てるし、左後ろのおじさんは、遅れて入ってきてガサガサうるさいし鼻ジュルジュル+ケホケホいってるから、途中退出も考えたけど、最後まで観てよかった、、かな?

映画公開感謝で+1評価です。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 28 件)
だるまん

2.5知英の良さがないし、恋愛映画ではない。

2021年5月8日
Androidアプリから投稿

幸せ

マスクをして何年ぶりかに映画にいった。

知英が映画に出るため前々からチェックして行った。全国公開翌日。離れた柏まで交通費使い見に行った。ガラガラで5人しかいなかった。

終わっておもうこと3点

❶感動のしどころがない。正確にはしなくはないがあまりできなかった。

❷知英がヒロインでありながら、ちょいちょいしか出てこず、恋愛映画なのに、恋愛過程がまるでない。

❸祭りのシーンが長すぎる。僕には退屈でした。こういう地元ネタも嫌いではないんですが。大綱引きがテーマだから、必然かもしれない。太鼓を叩いてなぜ形勢変わるのかルールや意味がわからない。

主人公をとりまく父、母、妹、知人、幼なじみ、友人など広く描いていてストーリーとして、悪くないが、内容がそれぞれが薄い。幼なじみの恋心、妹の恋愛、母の癌。どれも中途半端。

まず、恋愛映画ではないと思います。
また、ヒロイン知英の魅力が全く発揮されていない点も悲しい。
良かったのは、彼女の最後の祭りの笑顔のシーンくらいじゃない。

主人公の三浦さんもなんだか、あんまり伝わらない演技だ。なんか訴える演技にかけているように感じる。

また知英は日本語のイントネーションが日本人のネイティブくらいに良い発音をする人なんだが、わざと下手な日本語のイントネーションの演出になっていて逆に違和感だった。別にそんな細かさは、いらないな。知英の韓国語ははじめて聞いたがなるほど、やはり母国語だ。

比嘉愛未と恋人の男性の演技のほうがまだ伝わるものがあった。彼が卒業証書に感動するシーンは一瞬なんだが良かった。

この作品はマイナーな地方映画だから、なかなか見られない映画だろう。

知英が出てるから2.5点つけとくよ。よく作り込まれたのに、なぜかつまらない。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 26 件)
れいすけ

3.5よっこいしょーいち

rokuroさん
2021年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

鹿児島県薩摩川内市に420年続く川内大綱引きの、一番太鼓(このイベントの花形)を目指してストーリーは進行していく

鳶職人の有馬武志(三浦貴大)と、韓国から研修医として日本に来ているジヒョン(知英)の恋物語
武志の父(西田聖志郎)、母(石野真子)、妹敦子(比嘉愛未)との家族ドラマ
一番太鼓をめぐっての、吉留隆治(金児賢史)の友情あり
他にも要素あるんですが、最初から最後まで飽きさせない居心地のいい空間でした
特に印象に残っているのは中園喜明(升毅)、安心感がありクライマックスのシーンの大綱引きのアナウンスと音楽がすごく作品を盛り上げてくれました
それと知英の魅力もせつない気持ちにさせてくれました

大綱引きのスケールの大きさもさることながら、敦子の恋と心情、文子の秘密、武志の幼馴染の典子(松本若菜)との関係などいろんな要素をうまく見せてくれました

佐々部清監督の遺作ですが、公開翌日の一回目上映にもかかわらず、観客は二人だけでした
コロナ禍で公開延期の多い中、是非観ていただきたい作品でした
泣ける映画です
コロナが終息して、また大綱引きのようなイベントが通常に開催され、日本と韓国が仲良くなれる日がくるのを願わずにはいられない気持ちになりました

ちなみに映画.comの作品紹介のところのスタッフ紹介役名、有馬敦子のところ有馬数子になってますよ
余計なお世話かもしれません。すみません。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 25 件)
rokuro

2.0転転転上戻

Bacchusさん
2021年5月7日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

幸せ

薩摩川内に暮らす鳶職の青年の、家庭の事情と恋愛と大綱引の話。

1500人×2で大綱を引き合う伝統行事の保存会に属すると共に、鳶の親方で会社を経営する父親を持つ主人公を軸に、ある日人命救助で出会った韓国人研修医の女性との恋愛と、会社のおかみさんでもある母親が60歳の誕生日に定年退職&主婦業引退を宣言して巻き起こる出来事と、大綱引の一番太鼓の話とを織り交ぜながらみせていく。

メインは川内大綱引という地域振興的な作品で、一番太鼓とか祭自体は良いけれど、ほぼほぼコネクションと政治力みたいな決められ方の役職に、栄誉みたいなものは感じられないんだよな~。冷めすぎですかね?

恋愛にしても母親のことにしても、都合良く繋がり過ぎるは上手く行き過ぎるはで、 色々取って付けた感じが否めないし、結局妹のケジメだって…ねぇ。

決してつまらなくはないし、ある意味予想出来ていたところではあるけれど、詰め込み過ぎて安っぽくなっちゃった感じかな。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bacchus

4.0川内市の大綱引き

かんさん
2021年5月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

とてもいい作品でした。
大綱引きのシーンは、大がかりでしたね!
お母さんの家庭内定年から始まり、何事かと思っていたら、そういうことなんですね。
わざと怪我して、出番を譲るなんてカッコいい!
韓国の女医さん可愛いです。ラストが少し残念。エンドロール後にワンカットほしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
かん

5.0大綱引の恋

John Satoさん
2021年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

最後の綱引き大会の場面は圧巻だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
John Sato

1.0地元以外は厳しい

tyzさん
2021年4月14日
iPhoneアプリから投稿

好きな女優ばかりなので期待したが、ツライ。
これだけ有名な役者を揃えているのに、
ベタ過ぎでツッコミどころ満載の脚本。
わざと神社の階段から転げ落ちて骨折する人がいるわけがない。
どこから持ってきたか知らないがフニャフニャの劇伴。
地元資本による街おこし映画かな。
誰のための作品なんだろうか。

最近、この手の地元礼賛映画が目につく。
ビジネスなんでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 26 件)
tyz

5.0日韓両国の海を隔てた大綱引の恋物語

2020年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

綱引き試合は、言葉の代わりに力で行う祭りである。 恋もそうだ。 国が違い、言葉が違っても恋は作られる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 44 件)
澤田健司
「大綱引の恋」の作品トップへ