アンダードッグ 後編

劇場公開日

アンダードッグ 後編
40%
53%
5%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「百円の恋」の武正晴監督が、森山未來、北村匠海、勝地涼をキャストに迎えて描いたボクシング映画の後編。「百円の恋」の足立紳が原作・脚本を手がけ、三者三様の生き様を抱える男たちが人生の再起をかけて戦う姿を描く。スターダムに駆け上がる選手たちの陰で“咬ませ犬”として踏み台にされながらも這い上がろうともがく崖っぷちボクサー・末永晃を森山、児童養護施設で育った経歴を持つ才気あふれる若手ボクサー・大村龍太を北村、テレビ番組の企画でボクシングに挑む売れない芸人ボクサー・宮木瞬を勝地がそれぞれ演じる。3人の男たちを中心に描いた「劇場版」は前後編の2部構成で同日公開。3人と彼らを取り巻く人々の群像劇として描く「配信版」全8話もABEMAプレミアムで配信される。

2020年製作/145分/R15+/日本
配給:東映ビデオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

映画レビュー

4.0リング上のみならず、人生を生き抜き、闘い続けること

2020年11月30日
PCから投稿

多くのボクシング映画が「苦難の果てに勝利を掴み取ること」をゴールとして掲げるのに比べ、この前後編を貫く物語はスタンスがやや異なる。ここでは奇跡は起こらないし、いくら血反吐を吐くほどの努力を重ねても、圧倒的な差は埋まらない。だが、負け犬は負け犬でも一矢を報いることはできるし、その闘い方、ボロボロになってもなお立ち上がりファイティングポーズを構える姿で、人の心を動かすことはできる。とりわけ後編は、身と心が崩れ落ちそうになりながらも、ただ無心となって人生を彫り起こしていく様を、より強烈に印象付ける総仕上げ。二人のボクサーのみならず、周囲の人々の姿も陰影深く盛り込み、ボクシングを離れた群像劇ドラマとしての味わいを増していく。最終盤の激戦は、まさに各人の闘いを集約、象徴するもの。人生にノックアウトされまいと歯を食いしばる彼らにとってはもちろん、我々観客の目にも、熱い生気をもたらす着火点となるだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
牛津厚信

4.0前編と同様

いつこさん
2021年7月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

面白い。レビューでは後半の方がいい、ってのが多かったけど、変わらず普通に面白い。確かにラストの試合のシーンは秀逸ですが。俳優というだけの、素人の2人がどうしてあんなに鬼気迫るボクシングができるのだろう。森山未來の才能はとっくに分かってたけど、北村匠海凄いぜ!!歌ってて芝居もかじってる、くらいの兄ちゃんだと思ってた。イメージ変わりました。虐待、ヤクザのシーンはちと大袈裟でリアルさに欠けたかな。しかし目を瞑りたくなるほど不快だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

5.0どん詰まりの人生なのに、そこにある人間関係の温かさ。ボクシングをや...

えみりさん
2021年6月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どん詰まりの人生なのに、そこにある人間関係の温かさ。ボクシングをやめられない情けない人生なのか、生き方なのか。
日本にもこんなにすごいボクシング映画があることを教えてくれる。
森山くんの一番の映画。
二人の試合が始まる前からもう泣いてしまう。
感動的なラストシーン。こんな美しいボクシング映画、初めて見た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えみり

5.0見苦しくても無様でも負けられない理由がある

nazionaleさん
2021年6月18日
Androidアプリから投稿

無様に恥をさらすようなボクサーに成り果てていたロートルがなんの為にボクシングをして、なんの為にリングに上がっているのか
その原点に立ち返り這い上がっていく様
最後リング上で相見える晃と大村はどちらにも負けられない理由があり、互いに背負っているものがあるからこそどちらにも感情移入してしまう
それでもやはり前後編を見ていて晃に思いを馳せてしまっていた
演技なのかそれとも本当に戦っているのか
それすら分からないほど白熱した試合は分かっていても手に汗を握ってしまった
森山未來も北村匠海も どちらも素晴らしい演技だったが、やはり森山未來は凄い
それまでの情けなくフラフラした浮浪者のような人間が一転、ボクサーとして全身全霊をかけ戦う人間へ再び蘇る様を見事に表現していた
月並だが今目の前にある壁に立ち向かっていく その活力を与えてくれるような映画だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nazionale
すべての映画レビューを見る(全49件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アンダードッグ」シリーズ関連作品