劇場公開日 2021年3月26日

ノマドランドのレビュー・感想・評価

3.7439
21%
56%
17%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全439件中、1~20件目を表示

4.0誇りとやせがまん

2021年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「武士は食わねど高楊枝」という言葉が日本にはある。これは、前向きに解釈すれば、金はなくても心までまずしくなることはない、となるが、後ろ向きに解釈すれば「やせがまん」だ。大抵の人間はどちらかに割り切れるものではなく、その両方の中で心が揺れ動いてものだろう。この映画にはそういう揺れ動く気持ちが描かれている。
生活していた町が失われ、車上生活をする主人公。職を求めて転々と流浪の暮らしをつづける彼女は、ホームレスではなくハウスレスだという。同じような生活をする人々が、そのような自由を求めて生きる「ノマド」と呼んで誇らしく装って見せる。ある人はノマド生活から家族の家に戻り快適な暮らしを手に入れる。ノマド時代より、明らかに健康そうで幸せそうだ。
そして、社会を捨てて生きる彼ら・彼女らは、本当に自由になれているのか。主人公は自分で行き先を決めているようで、実際には短期の職があるところを目指して移動している。アマゾンのような巨大企業は、彼女のような社会からドロップアウトした人間すら、システムの一部として組み込んでいる。
大晦日を一人で祝う彼女は、自分を卑下しない。格差の下に追いやられても誇りは失わないのは、人間として立派だ。しかし、やせ我慢も明らかに混じっている。混沌とした感情が叙情的な映像で綴られる。礼賛も格差批判もこの映画にはピタリとはまりにくい。この映画は、主人公とともにやせ我慢と誇りの両極を一緒に揺れるように観るのがいいんだろうと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
杉本穂高

4.0クロエ・ジャオという才能を思う

村山章さん
2021年3月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 46 件)
村山章

4.0Worthy Transcendental Cinema

2021年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

Nomadland might not have meant to be the critical hit it was, but in a worldwide crisis, the character central to this story doesn't feel so far off. There isn't much story to extract here--rather it's a day in the life on the road comparable to journey in Into the Wild. Zhao's editing is the best part, providing snippets of everyday life--making you believe your own world could be a hit movie.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
Dan Knighton

5.0静かなる圧倒。時代の変わり目に立つ一作

2021年3月28日
PCから投稿

静かな圧倒が押し寄せ続けた。観る者の人生や価値観を揺さぶる、忘れがたい2時間だ。本作には都市部やビル群がほぼ姿を見せない。登場するのは延々と続く道。天然の石、大自然の公園、恐竜のオブジェ。その渦中で、人は誰かの生き方に合わせる義務もなければ、貨幣経済に縛られる必要もない。眼前に広がる果てしない風景は時に寂寥感に覆われることもあれば、希望を感じるほど光に満ちることもある。大切な皿はいつか割れて大地の一部と化す。その全てを抱きしめながら、自らの手で選択を重ねて、アメリカ国土を移動していく主人公。我々もまた旅路に沿って、彼女の心の内側を、まるで地層ふかく降りていくかのように自ずと受け止めることとなる。そこで芽生える、表現しようのない共振。そういえば『ミナリ』もどこか「開拓時代」を思わせる物語だった。何かが確実に変わり始めている。時代と映画との鏡面性を、これほど強く意識させられたことはかつてない。

コメントする
共感した! (共感した人 56 件)
牛津厚信

4.5切実な事情とある種の悟りが、現代の遊牧民を生む

2021年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

フランシス・マクドーマンドが演じるファーンは創作されたキャラクターだが、彼女が流浪の先々で出会う車上生活者たちは本人が自分の名前で出演している。“出演”という言葉も適切ではなく、彼らはただ、カメラの前でありのままの自分で存在し、ファーンとの対話の中で自らの人生や暮らしぶりについて語る。クロエ・ジャオ監督はノンフィクション本をベースに、ドラマとドキュメンタリーを組み合わせたハイブリッドな映像作品を生み出した。

ファーンは夫に先立たれ、リーマンショックの余波で住み慣れた家も町も失い、キャンピングカー暮らしをスタートさせる。Amazonの商品倉庫での仕分けや、オートキャンプ場での雑用など、短期労働で当面の生活費を稼いではまた移動する生活。実在する現代のノマドたちも出発点はたいてい切実な事情だが、家や土地、地縁に縛られない生活は、近代の管理社会で私たちが自明のように受け入れてきたさまざまな束縛からの解放を実践している面もあり、ある種の悟りの境地に達しているようでもある。ファーンに誘われてアメリカ西部の荒野、森、海といった広大な大自然を目にすることで、この地球上にたった一人で立つ感覚を少しだけ取り戻せるはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 39 件)
高森 郁哉

4.5「ホームレス」と「ハウスレス」は違うということを「ノマド」から学べるロードムービーの傑作。

2021年3月26日
PCから投稿

私は本作を2020年9月のベネチア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)受賞の際に知りました。その際、メイン画像を見たら条件反射的に「あ、これはアカデミー賞にノミネートされる作品だ」と察しました。というのも、名作「スリー・ビルボード」でアカデミー賞の主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドが雰囲気良くドーンと出ていたからです。
その後、本年度アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演女優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞と主要6部門でノミネートされました。
ただ、実際に作品を見てみたら驚きました。「スリー・ビルボード」とは全く作風が異なっていたからです。
どちらもシリアス系ではありますが、「スリー・ビルボード」はセリフの応酬などが本当に魅力的な作品でした。その一方で本作「ノマドランド」はロードムービーの良作でした。
次に驚いたのは、本作のベースは「ノマド 漂流する高齢労働者たち」というノンフィクションが原作となっていたことです。
日本だとピンと来ませんでしたが、アメリカの場合は地方の大企業が破綻すると、郵便番号さえも無くなるなど、文字通り町が消えてしまうようです。
そしてフランシス・マクドーマンド演じる主人公は、長年住み慣れた住居を失い、キャンピングカーを住居として生きていきます。
ここで大切なのは、いわゆる「ホームレス」ではなく、あくまで「ハウスレス」だということ。
この2つは、一緒にされがちですが、実は異なっていて「ハウスレス」は「経済的困窮」を意味していて、 「ホームレス」は家族、友人の絆が切れた人々のことを意味しています。
つまり、「経済的困窮」のため季節労働の現場を渡り歩きながら車上生活を送っているわけです。
この「ノマド(遊牧民)」の多くは高齢者で、悲しみや喪失感を抱えています。
ただ、ノマドの良さは、別れ際に「またどこかの旅先で」と、人々との絆が切れない点にあります。
このように本作は、ノマドという世界で大自然の映像美と共に人々の交流や生き様を描いた名作となっているのです。

コメントする
共感した! (共感した人 42 件)
細野真宏

5.0大都会の片隅で生きる人々にお勧めしたい"ハウスレス"という価値観

2021年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

昨秋、ヴェネチアとトロントの各映画祭で最高賞に輝いて以来約半年、その間、配信系の有力作が次々と参戦して来たが、依然として賞レースを先頭で引っ張るパワフルな1作。筆者もこれを観てから3ヶ月以上経つのに、頬を撫でるような映画の空気感はいまだ皮膚にこびりついたままだ。ヒロインのファーム、及び登場するノマドたちの、家に定住せず、かと言ってホームレスではない"ハウスレス"な生き方にも大いに触発される。我が家に住まい、定職に就き、家族と共に生きる人生はそれなりに価値はあるだろう。でも、たとえ家を持たなくても、仕事は行き当たりばったりでも、孤独でも、いつも心の中に家族の記憶を留めたまま、荒野を流離うことの潔さに、不意を突かれた気がするのだ。もしかして、定住することの方が、返って変容を余儀なくされているのではないか?という疑問に駆られるのだ。だから、これは我々に家族との関係性について再考を促す、偶然とは言え、コロナ禍に現れた観る必要がある映画。大都会の片隅で、1人淋しく故郷を思いながら過ごしている、日本のどこかにいるに違いない人々に、心からお勧めしたい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 33 件)
清藤秀人

4.0テレンス・マリックの後継者たる女流監督による名作

2020年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

アメリカには、定住しないノマド生活を好む人がけっこういるんですね。凄く興味深かった。エンドロール眺めて気づいたのは、キャストの役名がリアルな実名だったこと。ほとんどの出演者は、俳優じゃなくて一般人なんですね。主演のフランシス・マクドーマンドは、プロデューサーも兼ねています。彼女がどうしても作りたかった映画だとお見受けしました。オスカーの最優秀主演女優賞は最有力でしょう。

クロエ・ジャオ監督の映画は初めて見ましたが、映像でポエムを詠む感じが素晴らしい。彼女のインタビューを読むと、テレンス・マリックからの影響について語っていますね。なるほど、納得です。撮影監督のジョシュア・ジェームズ・リチャーズの名前も覚えておこう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
駒井尚文(映画.com編集長)

5.0他人事じゃない現実、悩み苦しみながらも、一歩づつ、少しづつ前に進む姿に、心が揺さぶられる。

2022年1月26日
iPhoneアプリから投稿

フランシスマクドーマンド最高👍

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネトリ〜Cinema Trip

4.5美しい景色と厳しい現実

2022年1月11日
PCから投稿

キャンピングカーへの憧れを見事に打ち砕かれた。
しかしアメリカの女性はなぜこうも逞しいのだろうか。
主人公は女性であることを殆ど捨てているように見える。
映像と音楽の素晴らしさが印象に残りながら、後味は決して良くはない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きんどー

4.0日本では無いスタイルかな

Sheetaさん
2022年1月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

私も一年くらいならやってみたい。
でもそれは単なる旅ですよね。
ずっと生活を続ける、労働しながら。
うーん、無理だなあ、一人てみいるのはむしろ好きだけど、無理だろうなあ。
だいたい日本では受け入れられないだろうなあ。やっぱりアメリカって凄いな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sheeta

2.5See you down the road

EGGさん
2022年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
EGG

4.0心に染みる

2022年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フェルメール

5.0人がこの世で生きるとは。

2022年1月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

寒そうで荒涼としている。Amazonの倉庫の広大さ、非人間的労働。安住の地を勧められ、一つの場所に落ち着こうかと心が揺れるが、やはり人に頼らず矜持を持ってつらい道を生きようと旅を続ける主人公。アメリカという国の現実を浮き彫りにすることで、人間がこの世で生きるとはどういうことなのか問いかけた凄い作品。アカデミー最優秀作品賞と主演女優賞受賞も当然。映画館では泣かなかったが、映画館から出てきて街を歩きながら涙が止まらなくなった初めての作品だ。映画に意識のある人は必見。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

4.5タイトルなし

hatoさん
2021年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

美しい風景と音楽。優しい人々。
それが、さらに寂寥感、喪失感を際立たせる。
主人公ファーンは、放浪していない。今も心は、エンパイアの町で夫ボーと暮らしているのだと思った。
ノマド。人はノマドになれないのではないか、記憶と思い出がある限り。
2021年に見た最も良い映画のひとつ。

〈ディズニー+で鑑賞〉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hato

3.5新しい価値観を与えてくれる作品。 ノマドという車上生活を通してアメ...

2021年12月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
P.N.映画大好きっ子さん

2.5こういう人もいるだろうなぁ…

tunaさん
2021年12月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ノマドの人とその周囲の人たちが優しく穏やかに描かれていました。不快や反感は感じませんでしたがシンパシーは湧きませんでした。面白くはありませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

3.0こんな生活もあるんだな

2021年12月16日
iPhoneアプリから投稿

 車乗生活、まず日本では成り立たないだろうなあ、Amazonが車乗生活者を雇い、駐車場も提供している。こんなことは日本ではないだろう。まず、住所がなければアルバイトすら難しいのでは?
 印象的な言葉
さよならは言わない。いつも「じゃあ、またね、またいつか、いつかどこかでね」でまた会える
「ホームレスなの?」「ちがう、ハウスレスよ」

こんな生き方もあるんだなあと考えさせられた。もし、自分がこんな生活をするなら何を車に積むか、なんて考えてみた。たった1泊2泊の荷物でもつい多くなりがちな自分にはこんな生活無理だなあと、結論。

この映画のモデルの女性は2019年に定住し、同じような仲間たちと暮らしているとのこと。家を持ちつつも、たまには車で出かけていくんだろうか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
アンディぴっと

3.0美しい風景

J-taさん
2021年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

都会で生きる者、田舎で生きる者、そしてそのどちらにも属さずに放浪して暮らす人たちの話し。
放浪する人たちがメインに据えられた映画ではあるが、主人公以外のみんなはどこかに帰る場所がある。
みんなが主人公に「ここに留まればいい」「一緒に行こう」と言うが彼女は耳を貸さない。
なぜだろうか。一人でいたいから、ではない。そこまで強くはない。
だが、それらのどこにいても心から安心して寛ぐことができないからだろうか。
見終えて、改めて、この映画のメッセージはなんだろうか。と考える。帰る場所がない人の孤独はとても良く伝わってくる。
現金に支配された生活から抜け出そう。これは主題ではないし、強い疑問の投げかけもない。
家族と死別した人の悲しみ。これも伝わってくるが、強いメッセージはない。
なんだろうか、わからない。
ただただ、ここに映されている景色は素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J-ta

3.5アメリカの年取った白人の貧困

2021年12月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

さすが広い国土のアメリカ。家賃を払えない老人が車で国内を移動しながらアルバイトで暮らしている。同じ境遇の仲間との交流があるのが羨ましい。私も来年から無職の老人だが、日本の老人特に男性は孤独な人が多いらしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと
「ノマドランド」の作品トップへ