劇場版 アーヤと魔女

劇場公開日

  • 予告編を見る
劇場版 アーヤと魔女
12%
22%
34%
14%
18%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ハウルの動く城」の原作でも知られるダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童文学を、スタジオジブリが同社初の長編3DCGアニメとして映像化。1990年代のイギリスを舞台に、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女と暮らすことになる姿を描く。孤児として育った10歳のアーヤは、なんでも思い通りになる子どもの家で何不自由なく暮らしていたが、ベラ・ヤーガと名乗るド派手な女とマンドレークという長身男の怪しげな2人組に引き取られることに。魔女だというベラ・ヤーガは手伝いがほしかったからアーヤを引き取ったと言い、魔法を教えてもらうことを条件にアーヤはベラ・ヤーガの助手として働きだすのだが……。宮崎駿が企画し、宮崎吾朗が監督を務めた。主人公アーヤの声を若手女優の平澤宏々路が担当するほか、寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳らがキャストとしてそろう。2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション作品。2020年12月30日にNHK総合で放送。2021年には、テレビ放送版に一部の新カットなどを追加した「劇場版 アーヤと魔女」として劇場公開。

2020年製作/83分/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)

出品

カンヌレーベル「アニメーション」
出品作品 宮崎吾朗
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0これからのジブリ映画

rainさん
2021年7月23日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

興奮

三鷹の森ジブリ美術館で見ました。

宮崎駿さんの世界観を期待していくとガッカリしてしまうかもしれませんが、一つの映画として面白かったです。

ジブリ映画というのは、鑑賞後にノスタルジーな気持ちになる、あの虚無感が最大の魅力だと思うんですが、この作品は充足感でいっぱいになるので、ディズニー映画に近いなと感じました。

それもこれも主人公の強かさが起因しているのかなと…笑。これまでのジブリでは考えられないキャラでしたね。

ただ、なんとなく腑に落ちない部分も何箇所かあるので、これは続編があるのではと思ったり。(一つの映画で完結させてほしい感は否めないが)

スタジオジブリも変革を求められているのかもしれないと、またその変革を担う一つの希望があるのだと、個人的にはジブリのこれからが楽しみになりました。

ぜひ一度、今までの「ジブリ」を忘れて楽しんでほしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rain

4.5個人的にはジブリ作品の中で1番好きなヒロイン

いずみさん
2021年7月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

三鷹の森ジブリ美術館にて鑑賞させていただきました。
一言で纏めると痛快。流れてるBGMもかなり好きでサントラ買いました。
強くてしたたか、前向きで賢い。こういう女性として生きたいなぁと思わせてくれるキャラクターでした。
ストーリーは◎。個人的には下手したらジブリ作品の中で位かも。
トンチの効いたしてやったり、コメディ好きならハマりやすいかも。
3DCGはジブリ初作品ということで、比べるのは酷ですがピクサー等から見るとこれからなんだろうなという印象はありました。でもキャラクターの表情の動きとかは滑らかだったと思います。
日本のアニメの強みである2D作品の看板ジブリだと思いますが、海外で勝負するための3DCG作品、これからも頑張って欲しいてます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いずみ

3.5ア・ヤ・ツ・ル・・・序章??

こころさん
2021年7月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
こころ

5.0令和に相応しいヒロイン

めめさん
2021年6月17日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

幸せ

今までなんでも思い通りにいっていたアーヤが引き取られた家ではそうならないからどうするか、というお話。
今までのヒロインなら泣いたり頑張ろう!て意気込んだりするんだけど、この子は強か。
それがなんだか気持ち良かったです。
あ、負けないんだな、強いね!という感じで物語全体もぐだくだしてなくて良かった。
なんだかんだ親がいなくて知らないおじさんおばさんに引き取られてあれだけ意地になって頑張れるってすごい子だと思う。
ちゃんと前を向いていて好印象でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
めめ
すべての映画レビューを見る(全23件)

他のユーザーは「劇場版 アーヤと魔女」以外にこんな作品をCheck-inしています。