ジオラマボーイ・パノラマガール

劇場公開日:

ジオラマボーイ・パノラマガール

解説

「リバーズ・エッジ」などで知られる人気漫画家の岡崎京子が1989年に刊行した同名コミックを実写映画化。現代の東京を舞台に、未来への不安を抱えながらも「今」を生きる若者たちを描いた。16歳の平凡な高校生・渋谷ハルコは、ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチに一目ぼれする。ハルコは世紀の恋だとはしゃぐが、真面目でおとなしいケンイチは、受験を目前にして衝動的に学校を辞めてしまい、それどころではない。さらにケンイチは、勢いでナンパした危険な香りのする女の子マユミに夢中になっていき、ハルコとケンイチの恋は平行線をたどるが……。渋谷ハルコ役は映画「小さな恋のうた」などで注目される山田杏奈。神奈川ケンイチ役は、山田とは「小さな恋のうた」でも共演している鈴木仁。監督・脚本は「PARKS パークス」「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつき。

2020年製作/105分/PG12/日本
配給:イオンエンターテイメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2020岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

映画レビュー

4.0バブル期の記号的要素が「横道世之介」と共通する

2020年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

本作を観始めてから中盤ぐらいまで、既視感のある状況や展開が散見されると思っていた(ちなみに岡崎京子の原作漫画は未読)。物語上の本命の相手とは別の小悪魔的な年上美女、バブル期に呼称をよく目にしたいわゆる「コールガール」、ホテルのボーイのバイトで目にする大人の世界…。このあたりでようやく「横道世之介」だと気づく。岡崎の89年の原作が吉田修一の2008年の小説に影響を与えた可能性はあるが、「横道」の時代も80年代後半であり、先に挙げた要素がバブル期の記号として偶然両作品に描かれたのかもしれない。

「横道」とは好対照のガール・ミーツ・ボーイものだが、出会った男子の目は別の女性を見ていて…と一筋縄ではいかない恋と成長の物語。都心のウォーターフロントの高層住宅と下町の一軒屋という男女の住居を含め、高低差を活かした画面構成はハイティーン特有の浮遊感を補強するが、時代を現代に移した効果は今一つだったか。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
高森 郁哉

1.0虚無

2022年10月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

何も残らないというレビューを見ましたが、まさにそれでした。
思い込みの強さや衝動的な行動だったり、関係性の変化、挫折を青春として表現されるんだけど
なんだか全部ぶつ切りで感情移入出来なかったです。

だから最後まで見ても
「あ、そう。」て感じ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たべ

3.0見てて小っ恥ずかしくなる青春ものだけど誰にでもある淡い過ちみたいな...

2022年6月29日
Androidアプリから投稿

見てて小っ恥ずかしくなる青春ものだけど誰にでもある淡い過ちみたいなのがいい具合に描かれていてノルタルジーっす

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ハラオ

3.0日常は変化・恋愛は当時のまま

2022年3月9日
iPhoneアプリから投稿

難しい

幸せ

「ミスミソウ」「ひらいて」で魅了された山田杏奈さん目当てで見ました。

原作は1989年の作品。この映画はできるだけ原作のままに、風景のみ2020年の東京を舞台にしているため昭和と現代の融合したファンタジーな世界になっています。現代に当てはめてみると、高校生は基本的にクラブに入場できないし、一升瓶かかえた女の子が歩いていれば即補導でしょう。映画内でスマホはおろか携帯も出てこないのです。登場人物の言動や行動は昭和そのもので20代の私には馴染みのない世界でした。

一方で恋愛が絡むと、その私にも登場人物たちの心情が手にとるように分かります。片想いが終わってむしゃくしゃする気持ちもいざファーストキスを好きでもない人としたら逃げ出したくなる気持ちも。風景も行動も30年経つと変化していくけれど、恋愛は30年前から何も変わらない。時代性に左右されない事象だと気付かされます。

そして楽しみにしていた演技ですが、山田杏奈さんの演技はやはり素晴らしかった。本作品は山田さんの顔をアップで撮るシーンが多かったです。それに耐えうるというかむしろ監督は山田さんだからこそアップを多くしたのではないかと思うほど演技が素敵でした。特に終盤の誕生日から一夜明けて1人で歩く10秒ほどの何とも言い難い表情は好きなシーンでした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mi2
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る